イニョプの道-あらすじ-19話-最終回(20話)-結末は!?

韓国ドラマ-イニョプの道-あらすじ-19話-最終回(20話)-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

イニョプの道

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
イニョプを守る為にどうしたらいいのか。
ウンギにそう問い詰められたムミョンは悩みます。
実の父を裏切り、逆賊に戻り刺客として王を倒すのか、それともイニョプを殺害するように命じた王と共に歩んで行くのか。
それを知ったイニョプはウンギとムミョンが手を組む、そんな事許されるわけがないと怒ります。
いよいよ、決まるイニョプの道。
両班から奴婢へ転落し、再び両班に返り咲くことができるのでしょうか。

イニョプとムミョンの恋の行方も目が離せません。

【イニョプの道】ネタバレあり

第19話

王の代わりに太上王を選ぶ、そして王を討つイニョプを守る為に。
ウンギとムミョンが手を組もうとしています。

イニョプ(チャン・ユミ)の命を狙ったのは、王でした。
それを許せないムミョン(オ・ジホ)は、王を討とうと考えます。
私に構わないで、あなたは王様を選ぶべき自分の父親を選んで私は消えるからとイニョプはムミョンに告げます。

ウンギの父・戸曹判書は、王がすでにイニョプの命を狙っていないのを知っていたけれどまだ狙っているようにみせかけていまいした。
ムミョンの周りで色々な事が起こりすぎて何が真実なのか分からない

玉璽(ぎょくじ)を手に入れよ。
王は、ムミョンに伝えます。
王と直接話したムミョンは、王がイニョプを狙っているように見せかけて自分が王を討つように仕向ける策略だったとしるのです。

いつ、イニョプの気持ちが自分から離れたのかずっと考えていたと切ない思いをイニョプに言うウンギ。
父を捨てられなかった、自分の立場を守りながらお前を得ようとした。
けれど、ムミョンはすべておを投げお前を助けようとした。
それが屈辱だったと語るのでした。
ウンギ、ドラマの途中から顔つきが変わったよね。この俳優さんもまた演技が上手で最初の頃のボンボン坊ちゃんと、イニョプが離れていくぐらいからの気持ちの変化を全身に出してきてたな。。

すべてを知っているムミョンは、太上王にすべて従うと言います。
玉璽を渡す時、王を太上王の前に連れてくると約束します。
その時、王を討つのだとウンギがムミョンに言うのでした。

ユンソの子を身ごもったタンジは、駆け落ちの末ホ家に戻っていました。
どうしても立ち消えないユンソへの思い。
オギのように殺害されるのではないかと不安が募り、自ら命を絶とうとするタンジ。
ユノク、本当にタンジが大事なんだね。両班と奴婢だけどしっかりとタンジを守って欲しいな

しかし、マンウォル党はまだ諦めていませんでした。
王と太上王が合うその瞬間を狙っていたのでした。
キム・チグォン(戸曹判書/キム・ガプス)は、自分達が失敗をしたら動いて欲しいとカヒラ(イ・チョンエ)に託すのでした。

太上王は、ムミョンの説得で太宗王を許すわけではなかったけれど認めて玉璽を渡し実質王が今まで通りの実権を握り、ウンギ達は逆賊となったのでした。
やっぱり、ムミョンは裏切ったふりしてウンギ達の動向を探ってたんだね

キム・チグォンに指示されイニョプを殺害しようとしたチボク、剣が刺さるその時イニョプの前に立ちはだかったのはウンギ(キム・ドンウク)でした。
ウンギー!!!何よ、最後にかっこいい所みせて、こんなかっこいい所はいらないよ。生きて

第20話(最終話)

太上王が復位を諦め、逆賊となったウンギとキム・チグォン。
イニョプを守り自分が刺されたウンギ(キム・ドンウク)は、一命を取り留めていましたが状態はよくありませんでした。
妓楼にイニョプと共に訪れ、そこにいたウンギの母親に責め立てらてしまいます。

捕らえられたキム・チグォンは、党の中にいてもなお、王の気持ちを揺さぶります。

兵曹判書は、最終的に王を裏切り流刑となります。
ユノクと妻は、妓生もしくは奴婢になる運命だと言われますが、ユンソの妻は逆賊と知らずに嫁ぎ放免となり1人だけ牢から出してもらえるのでした。
ユノクもウンギの時、逆賊と知らずに嫁いだとして放免されてたけど、今度は父親だから奴婢は免れないよね

ムミョン達に追い詰められるウンギ、母と共に渡し場に急いでむかいます。
負傷しているウンギは、とても苦しく歩くのも精一杯でした。
その時、手を貸してくれたのはムミョンとイニョプでした。
ウンギが最後にイニョプに渡したのは、太上王と約束したイニョプの身分の回復の約束でした。
ウンギは、どこまでもイニョプの事を考えていたんだね

お前をただ愛したかっただけなのに・・と言いウンギは息を引き取るのでした。

両班に戻れたイニョプ。
王室を離れたいというムミョン。

これからは、お前を大切にするとムミョンが言います。
元の家に戻れたイニョプは、ケットン・トクセ・タンジ・タンジの母を奴婢として引き取る事になりました。

プンイ・・ムミョンの真似しすぎ(笑)
ユノクに恋心持ってるの?ムミョンがイニョプに言った言葉でユノクの言葉を釣ろうとしていました。

両班に戻り、父親のお墓参りに行きます。
家族はいなくなってしまったと父親の墓前で話すと、一緒にいたムミョンが「私が守ります」と報告します。

そして差し出したムミョンが母からもらった唯一の形見である髪飾り。
もらうわけにいかないと言うイニョプに、自分の気持ちだからと渡します。
二つの人生を生きたイニョプ。
両班、下女それぞれの時に愛する人がいて心の支えとなっていました。

やっと平穏な時を過ごしていたのに、王族に入らないと言うムミョンの事をイニョプのせいだと王は考えていると妓生のカヒラから聞かされます。

身を引いてムミョンに王位を継ぐようにさせないといけないのかと悩みます。
どうするんだろう。今までのイニョプだったら身を引いてしまいそうだけど

ムミョンの為に食事を用意し、美味しいと言って食べる彼を見守るそんな幸せな時間。
しかし、イニョプは心の中では身を引こうそう考えていたのでした。

父・サウォル・ウンギの位牌があるお寺に行ったイニョプは、それぞれ大切な人の事を思い出していました。
お寺に駆けつけたムミョンは・・

~ 一年後 ~
ユノクは画家として、大好きな春画を書いていました。
両班の時よりも何故か生き生きと暮らしているように見えます。
子供を産んだタンジの元に、ユノクが迎えに来ます。
イニョプは1年間行方が分からずにいました。

4月、サウォルが生まれる頃に咲くネコヤナギ。
サウォルの事を考え、共に歩いた場所にいるとムミョンがイニョプを探し当てます。
そっと寄り添う2人。

第19話から第20話まとめ

あ~、見終わってしまった。
優しい音楽と優しい雰囲気と、それに反して両班と奴婢の熾烈な関係。
見ている間は、ここまで地位が変わるだけで人として扱われないのかと怖くなりましたが、その反面、奴婢もそれだけでなく楽しんでいる時間もあったりとほっとする時間もありました。
そして何より、ムミョンとウンギの強い愛がとても心に響きました。
このドラマを観るのが楽しみだったから、イニョプの道ロスになりそうです。
ムミョン・・かっこよかったな。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください