カノジョは噓を愛しすぎてる-韓国版-あらすじ-7話-8話-9話-ネタバレありで!

韓国ドラマ-カノジョは噓を愛しすぎてる-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

カノジョは噓を愛しすぎてる





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ついにハンギョルの嘘がソリムにばれてしまいましたね。ハンギョルはソリムの信頼を取り戻すことができるのでしょうか・・
またチャンヨンはどう動くのかも気になります!!

今回は7話からお伝えしていきますね♪

【カノジョは噓を愛しすぎてる】(ネタバレあり)

7話

本番の臨むソリムたち。予定していた曲ではなく、ソリムたちの実力を発揮できるようハンギョルが編曲した曲で急遽、演奏する・・静かに歌いだすソリム。楽しそうに歌うソリムを見て、友達も祖母も嬉しそうにしている。
帰宅途中、噓をついていたことを謝り、仲直りするハンギョルとソリム。
ハンギョルの嬉しそうな顔がかわいいです!!

放送後、話題になるソリムたち。編曲を手掛けたのはハンギョルではなく、話題性を考えてチャンヨンにすると決定するチェ代表。納得のいかないチャンヨン。

週末に会うハンギョルとソリム。ハンギョルの好きなことを共有したいというソリム・・2人はバスに乗る。肩にもたれかかるソリム・・それを受け入れるハンギョル。
食事中、チャンヨンがテレビに映る。「チャンヨンオッパだ♪」と食い入るように見るソリムに嫉妬したハンギョルはわざと見せないようにし、からかう。
ソリムの想いがすこしずつ実ってきましたね♪

ある日、事務所を訪れるソリム達。チェ代表にバンド名を「MUSH&CO」にしたいと話す。その日、チャンヨンが事務所を訪ねてくる。
CRUDEPLAYのハンギョルの替わりにメンバーになったチャンヨンは、味方がいない寂しさなどを正直にソリムに話す。そして手を差し出し、ソリムに味方になってほしいと話すチャンヨン・・
一方、人気が出て誰もが認めるバンドになったCRUDEPLAY。しかし実力が足りず、いつも生演奏できずにいた・・悩んでいた彼らは練習室で生演奏を撮影し、動画をアップしていた。

ソリムのために曲を作るハンギョル。そこにソリムたちがデビューすることと元々ユナがイメージモデルだったCMにソリムが決定したことが書かれている記事が出る。
ハンギョルにデビューに対する不安を打ち明けるソリム。そんなソリムにハンギョルは「俺がプロデュースするから大丈夫だ。曲も完成している」と「お前のために作った曲だから聞いて欲しい」とイヤホンを渡す・・しかしチャンヨンとの言葉を思い出し、裏切れないと断るソリム。
落ち込んで帰ってくると・・家の前にハンギョルの父親イヌがいた。

ある日、封筒を投げつけ、チェ代表を怒鳴りつける社長。封筒の中身を見て、驚くチェ代表・・

8話

封筒にはCRUDEPLAYのメンバーが内緒で演奏動画をアップしていたことが書かれた記事だった。
事務所に呼び出されるメンバーたち。動画をアップすることをやめるよう命じる。このことを全く知らなかったチャンヨンは「5年も一緒にいるのに、またのけ者にするのか」と怒って去ってしまう。

ある日チャンヨンがソリムを訪ねてくる。デビューをお祝いし、「ハンギョルに曲を作ってもらえるから、うれしいだろ?」と寂しそうに話すチャンヨンに「一緒に頑張るってきめたから、その話は断った」と話すソリム。驚きながらも嬉しそうなチャンヨン。
チャンヨンの寂しさに初めて寄り添ってくれたのがソリムだったんでしょうね

実家の手伝いをしているソリム。そこに偶然、イヌが買い物にくる。ハンギョルの父親だと知らないソリムはハンギョルの話をしたり、盛り上がる。

衣装合わせをするソリムだが、ハンギョルが電話にでてくれないことが気にかかる。一方、ハンギョルは「なぜ自分の歌を断ったのか」「どうしたら聞いてくれるのか」と悩んでいる・・そこにソリムから電話があり、会うことに・・そこにメークアップし、かわいい衣装をきたソリムに見とれてしまうハンギョル。
・・そこにチャンヨンが現れる。チャンヨンはハンギョルを呼び出し、「これ以上、邪魔はしないで欲しい」と話す。
ソリムのもとに戻ると「俺の歌を歌わなくてもいい。だけどあいつの歌も歌うな」と話すハンギョル。
ハンギョルとチャンヨンは、ソリムのことをどう思っているんでしょうか・・

CM契約も切られ、歌手としてもうまくいかず、窮地に立たされたユナは、プライドを捨てハンギョルに曲を作って欲しいと頼む。そんなユナを見たハンギョルは、翌日チェ代表に会いに行く。しかし、チェ代表は「ユナに曲を作れ。そうすれば、ソリムはお前に渡す」と持ち掛ける。

事務所で自分の父親と社長が話しているところを見かけたハンギョル。そこでかつて父の歌を奪ったハン・ユンソクのために力を貸していることを知る。社長を責めるハンギョルに「CRUDEPLAYの記事が公にならないよう努力したのに、あんまりじゃないか」と話す社長・・しかしその事実を知らないハンギョルは困惑する。父親の考え、ハンギョルの考えが対立してしまう。
ハンギョルの思いが全て裏目に出ている気がします・・

デビュー曲が決まる日・・候補の中から選ばれたのはチャンヨンの曲だった。実は事前にチェ代表がハンギョルの曲を候補から外していたのだ。
なぜ外したのかスタッフに尋ねられたチェ代表は「ソリムはいつか自分で曲を作るようになる。その時に越えられない壁より越えられる壁の方がいい」と話す。
チェ代表はいい人なのか、悪い人なのかさっぱりわかりませんww

なにもかもうまくいかないハンギョル・・落ち込んでいるとソリムから電話がある。ハンギョルに会いに行く途中、ユナに偶然会い、ソリムのために作った曲をユナに提供していることを知るソリム。
チェ代表の仕業ですかね・・

落ち込んでいるソリムに、お前が歌うならユナにあの曲は渡さないと話すハンギョル・・チャンヨンとの約束があるから歌えないと話すソリム・・音楽と関係して俺のそばにいるとまた傷つけてしまうと曲の入ったUSBを渡し、去っていくハンギョル。

泣きながら帰宅していると、そこにチャンヨンが待っていた。泣くソリムを抱きしめるチャンヨン。そこにソリムを諦めきれないハンギョルが追いかけてくる・・

9話

ハンギョルは声も掛けれず、立ち去ってしまう。
ソリムはチャンヨンとわかれ、USBを挿すも曲は聞かずに抜いてしまう。

ユナの次の曲について話し合うために事務所を訪れるハンギョル。練習をしに事務所にいたソリムたちと鉢合わせする。一緒に昼食に行くことに。
ユナに「歌う気がないくせに欲張りだ。いい曲も時間が時がたってしまえば、みんなに受け入れられるかわからない」と言われたソリムは、帰り際、「あの曲をユナに渡してもいい」とハンギョルに話す。
ユナはハンギョルにまだ未練があるのでしょうか・・

そんな中、ハンギョルはCRUDEPLAYのメンバーと衝突してしまい、練習室を出ていく・・その様子をみていたソリムはその後を追いかけ、「何があってもハンギョルさんの味方だ」と話すソリム。

そのころ、MUSH&COの情報が流出し、ハンギョルとソリムの2ショットの写真が出回る。チェ代表はソリムにハンギョルへの気持ちを諦めるように話す。
その夜、戸惑うソリムはハンギョルを呼び出す。ハンギョルは「お前といると自分が自己中心的に思えて辛い。正直、重荷だ」とソリムを遠ざける。
チャンヨンに近づくためだけの口実で付き合っているギュソンの彼女が情報を漏らしたんですね!!ひどすぎます!

ある日偶然、ユナの曲がソリムのために作った曲ではないことを知ったソリムは急いでハンギョルの行きつけの店へ走るソリム。しかし店にはイヌがいた・・ハンギョルの話をするソリム。
デビューショーケース当日、「今日ソリムのショーケースに行かないのか?」とハンギョルに電話をかけてきたイヌ。ソリムを知っていることに驚く。続けて「人を傷つける噓はつかない人。他の人が分からなくても、自分は分かっている」とソリムがハンギョルのことをそう話していたことを聞く。
ハンギョルのお父さん、いい仕事しますね♪

学校の講堂でショーケースが行われる当日。講堂に集まる生徒たち・・チャンヨンも駆けつける。一方、ハンギョルはユナのレコーディングを終え、学校へと急ぐ。
幕が下り、演奏がはじまると、そこに駆けつけたハンギョルの姿が。

ショーケースを無事に終えた3人。ハンギョルを探しに行くソリム・・ハンギョルを見つけるソリム・・「ソリムが好きだ」と話すハンギョルに駆け寄り、抱きつくソリム・・

カノジョは噓を愛しすぎてる 7話・8話・9話感想

お互い勘違いしていたり、大切に思うあまり噓をついたりとなかなかうまくいかなかったハンギョルとソリム・・ですが・・ついについにハンギョルもソリムが好きだと認めましたね~♪♪おめでと~ソリム~^^
ハンギョルに駆け寄るソリムの嬉しそうな顔がとってもかわいいです!
そうなると、チャンヨンはどうでるのでしょうか・・またデビューを果たしたMUSH&COのメンバーたちの生活はどう変わっていくのでしょうか・・次のお話も楽しみです♪








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。