カフェアントワーヌの秘密-あらすじ-最終回(16話)-感想付きで紹介!

韓国ドラマ-カフェアントワーヌの秘密-あらすじ-最終回(16話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

カフェアントワーヌの秘密


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヘリムはスヒョンを再生させようと必死です(^▽^)/
彼の心の傷はいえるのでしょうか・・・。

【カフェアントワーヌの秘密】(ネタバレあり)

第16話最終話 幸せを運ぶチケット

 
ヘリムはスヒョンの心理カウンセリングを始めるが。
本業のスヒョンにはかなわない。

1枚も2枚も上手のスヒョンの言葉に手を焼くヘリムだった。

スヒョンの心の傷を手当てしたい一心のヘリムですが・・・

ユリムとジホの若い2人の結婚には大反対の姉ヘリム。
自分と同じ失敗を妹ユリムにはさせたくない姉心ですが、全く聞く耳を持たないユリム。

「姉妹の縁を切る!」と言うヘリムに、「妊娠したから許して欲しい」とすがるユリム。

これは許してもらうための嘘のようですが(≧∇≦)

結局ユリムの妊娠が嘘だと言うことはばれてしまう。
ヘリムは急に気が抜けたようにへらへらと笑いながらその場を立ち去ってしまうのだった。

ミランとスンチャンは病院へ。
転移した癌の手術と抗がん剤治療を勧められるミラン。
しかしミランは「治療して寝込んでしまうと死ぬまでにやりたいことが出来ない」と拒む。

スンチャンはどうにかしてミランに手術を受けさせようと頑張っていた。

スヒョンはその頃スンチャンと一緒に父親と食事をする約束をしていた。
気難しい父親とそりが合わないスヒョンは。

言い合いになり、食事もせずレストランを後にするスヒョン。

スヒョンを再生させたいヘリムは、ミランに相談。
「感情の再現が必要だ」と言われるヘリムは、スヒョンを連れてドライブへ。

スヒョンの感情を再現させようと、幼少時代の思い出の場所へと出向く。
そこでスヒョンは幼き日を思い出す。

自分と向き合うことで、幼少期の自分を慰めるスヒョン。

今まで目を背けてきた自分の過去の傷を認めて慰めるスヒョンです

ミランは

死ぬまでにやる事リスト

に「手術を受けること」と追記する。

スヒョンの母親はスヒョンの誕生日にアメリカへ帰ろうとしていた。
ヘリムはそれを知り引き留める。

スヒョンの家を訪れたスヒョンの母。
「長く待ったでしょう、お誕生日おめでとう」と言う母。

涙を流し、本音でぶつかるスヒョン。
「母は新しい家庭が出来、置いていかれた自分だけ一人ぼっちだった」と泣きじゃくる。

ずっとトラウマだった想いが、30年の時を経てやっとほぐされるスヒョン。
母はしっかりスヒョンを抱きしめるのだった。

ヘリムの元に送られてくる1枚のチケット。
映画館へと向かい、指定席に腰を下ろしたヘリム。

いきなりスポットライトを浴びて登場したのはスヒョンだった。
そしてヘリムに愛の告白をするスヒョン。

スヒョンが自分を顧みることが出来たのもヘリムのおかげだった。
ヘリムの再生プログラムは成功を遂げたのだった。

第16話最終話の感想

スヒョンの考えていた愛の仮設は・・・。
違っていたようですね。
「女性には本当の愛は存在しない」と思うことで、自らの傷をいやしていたスヒョンです。
幼少時代に母親に捨てられたと思っていたスヒョン。
愛情に飢えていたスヒョンは、愛されると言うことを信じられなかったんですよね。
いつか必ず母のように自分の元を去ってしまう、そんな不安がスヒョンにはありました。
全ての考えを覆し、スヒョンの感情を再現させてくれたのはヘリムです。
喜怒哀楽の感情がむき出しのヘリム。
スヒョンを愛し、スヒョンのために一生懸命だったヘリム。
彼女の想いがスヒョンの心の傷をいやし、心の奥底にあった母への傷も癒やすとが出来たのでしょう。
冷徹なスヒョンが、大勢の人前でとっても恥ずかしい告白をすることが出来るまでになるなんて(^▽^)/
全てへリムのおかげですよね~(^▽^)/
ハッピーエンドの結末、本当によかったです(^▽^)/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください