キム課長とソ理事-あらすじ-22話-23話-24話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-キム課長とソ理事-あらすじ-22話-23話-24話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

キム課長とソ理事

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
TQリテールの社長の座を巡ってソ理事(ジュノ2PM)とコ常務が争います。
そこにソンニョン(ナムグン・ミン)は、不正を暴こうと経理部の皆と奮闘します。
会長はそんなソンニョンが面白くなくて何とかTQグループから排除しようとするのでした。

【キム課長とソ理事】ネタバレあり

22話

コ常務は、ソ理事がすべての黒幕だと密告をします。
ここで一気にソ理事を追い込もうって事なのかな。ソ理事にすり寄ったように見えたけどやっぱりねって感じです

ソンニョンは、会長がソ理事を解雇しようとしていると教えますがソ理事は全く信じません、それどころかソンニョンを威嚇して追い返します。
しかし、解雇を裏付ける調査がはいっていました。
大ピンチのソ理事(ジュノ2PM)は、ついに逮捕されてしまいます。
逮捕の瞬間、突然現れた男たちにソ理事は拉致されてしまいます。
逮捕される時に拉致って、どういうことなの。

それをしったソンニョンは、命を助けられた恩返しをしたいと後を追います。
パク係長と一緒にアジトに潜入し無事に粗利血を連れ戻します。
助けたソンニョンは気分がよくてソ理事に「感謝してるだろ」と嬉しそうに言います。
ソ理事もさすがに渋々とそれを認めるのでした。
ソンニョンとソ理事は犬猿の仲の様でやっぱり同じ目的に向かって行くのでしょうか。それにしてもパク係長ってどんな人なの

検察に出頭するソ理事に、ソンニョンは「彼は無実だ」と叫びます。
またしても注目を浴びるソンニョン、テレビでも大々的に放映されていました。

会長とチョ常務は、会社の整理を始めます。
まずは、整理解雇。そこには経理部長の名前があったのでした。
解雇・逮捕、緊急事態が次々と訪れる中、ソンニョンは牧師に化けて検察に拘束されているソ理事と接触をします。
作戦を練り、辞退を大逆転させるそう考えていました。
この時の演技、悪霊退散とソ理事を叩く所は演技じゃなくて本気でしょと思ず笑ってしまいました。

23話

ソ理事を救うため、ソンニョンはハイリスクハイリターン作戦「食いオパス」を思いつきます。
すっかりあか抜けたグァンスク(イム・ファヨン)を使って上手に情報を社内に流します。
グアンスクが、郡山にいた頃と別人のようにかわいくなっててその変わりっぷりに驚きます

立場逆転の3221番ソ囚人に会いに行ったソンニョンは、ちゃかしつつもきっちりと救出作戦について報告をします。
髪の毛降ろしてるソ理事(ジュノ2PM)は、雰囲気が柔らかくてかっこいいな

どうして、ソ理事を救うのかそんな疑問を投げかけられたソンニョンはこう答えます。
「僕も最初から善人じゃなかった」と。
ソンニョンの作が功をそうして、ソ理事は釈放されます。
そんな理事が釈放される時にソンニョンは豆腐を持って出迎えるのでした。

ハンギョンは、野球のバッティングに誘います。
ソ理事は、クールを装っていますがすごく嬉しそう。
この2人ってちょっといい雰囲気で、この先が楽しみだけどハンギョンはソンニョンが好きなのかなとも思います。

そして、ソンニョンとソ理事は手を組むことを決めるのでした。
2人で会長を倒そうと。
チュ常務と会長は、すべての悪事を隠そうと必死になっています。
かなり悪い事をやってそうだけど、普通の会社の会長と常務だよね。こんな会社怖すぎる

ソンニョンにはめられて、検察に告発をしてしまった会計部長と、財務管理部長は組織から軟禁されてしまいます。
いよいよ、会長を追い詰めてきたソンニョン、次は一体何を仕掛けるのでしょうか。

24話

仲良く1つの布団で向き合って寝るソンニョン(ナムグン・ミン)とソ理事(ジュノ2PM)は、作戦実行の為にしばらくの間経理部長の家で共同生活をしているのでした。
寝起きの時のソ理事の驚きっぷりからのソンニョンがそれをからかって絡みつく演技は最高に笑えました。見ていて微笑ましい

経理部長のチュ部長(キム・ウォネ)は、経理一筋20年の実力を生かし、TQグループの幽霊会社を見つけ出していました。
会長は、その幽霊会社を利用して投資をしていたのでした。

会長の息子ミョンソク(ドンハ)が、今回も自分の父親を調べると名乗りを上げます。
しかし、ハンギョンはそんなミョンソクが心配でなりません。

ソンニョンとソ理事は、バーター交渉を仕掛けられます。
会長の事を諦める代わりに、ソ理事は「最高検察庁」への大出世とソンニョンにはキャッシュ30憶ウォンという工場兼を出されます。
もちろん断るのですが、その間の取り方とかソ理事と呼吸が合っていて本当に面白い

幽霊会社の件をミョンソク(ドンハ)がタンザニアへ問い合わせたことを会長も察知していました。
自分の息子が問い合わせたとは知れずに。
会長がもみ消していたと気づいたミョンソクは、親子、同じ声を使って登記簿謄本を手に入れる事に成功します。

前経理課長の意識も回復に向かっています。
それを知った会長は「始末しろ」と指示を出すのでした。
これって、本当に会社だよね?不正が盛りだくさんだし殺人の指示まで出すってどうなんだろう

前経理課長を襲った犯人は、経理部の面々が先手を打っていて事なきを得ます。
チョ常務に指示されたとあっさりと告白します。
そして、ついに会長の逮捕状が出たのでした。

23話から25話感想

ソ理事が逮捕されて、会長の罪を着せられようとしていた時にソンニョンは以前自分が命を助けられた事を忘れずにきっちりとソ理事(ジュノ2PM)を助けて2人はタッグを組みます。
そこからの快進撃がすごかった。
会長への最後の一手、隠し口座を見つける事が出来ればすべての悪事が明るみに出そうです。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください