サイムダン-あらすじ-28話-29話-30話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-サイムダン-師任堂-色の日記-あらすじ-28話-29話-30話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよ話は後半を過ぎましたね。
高麗紙の技法の謎をサイムダンは見つけられるのか。
ギョムとサイムダンの愛はどうなっていくのか。
サイムダンとフィウムダンの対決も見ものです。
中宗王がこの先、ギョムをどう扱っていくのか・・・。
色々と話が展開が早く流れていきます。
また、現代の話も重苦しい流れが続きます。
早く何か明るいものが欲しいところですね。

【サイムダン】ネタバレあり

サイムダン あらすじ 第28話

不正が暴かれ死罪になるミン・チヒョン。
しかし、ナム貴人の口添えで罪を逃れ解放される。
ミン・チヒョンはサイムダンに送った刺客をギョムに邪魔されたことを知る。
ギョムの命を奪おうとミン・チヒョンはサイムダンとギョムを探しに行く。
ギョムの命を奪おうとするミン・チヒョンの動きを中宗王に知らせる王の内禁衛将。
直ぐに官軍を送り助けるようにお願いするも、中宗王は高麗紙の方が大切だと声を荒げる始末。
内禁衛将は王の言葉にただ言葉を飲むだけだった。
この人が、ギョムに王とのことでいつも助言してくれるんです。王の理不尽なことを
判っていながらも使える身としては逆らえない。でもギョムの事をとても心配しているんです。

もうすぐ都に入る頃、サイムダンとギョムはミン・チヒョンの一団に見つかり襲われる。
ミン・チヒョン自ら二人の前に現れ、ギョムは牢にいるはずなのにと驚いていた。
水月観音図を渡そうと言うサイムダン。
しかし、それだけでは済まないことをギョムは分かっていた。
切りあうギョムとミン・チヒョン。
互角にたたく二人。
しかし、ギョムは右腕に深手を負わされ、辛うじてミン・チヒョンの頬に切り傷を負わせる
ギョム。間一髪のところで崖から二人は転がり落ちる。
命拾いした二人。しかし深手を負ったギョム。サイムダンは何とか洞窟に
逃げ込み必死で看病する。
雪も降り始める。刀傷のために高熱を出すギョム。
薬草を探しに行こうとするサイムダンに行かないでと手を掴むギョム。
ギョムはサイムダンとの20年前の自分たちを夢に見るんだと話す。
あの思い出だけで生涯生きていけるとサイムダンに告げるギョムだった。
二人で馬に乗っていた間夢のようだったと語るギョム。
サイムダンの絵をもう一度見たいと切なく語るギョム。
熱で浮かされるギョムの頬を優しく触れるサイムダン。
この場面が切ないです。
洞窟の中での愛の場面は、韓国ドラマの時代劇には度々出てきますよね。
チャングムでも洞窟場面があったなあ・・・。

中宗王はギョムを助けることを躊躇していたが、ようやく官軍を送ることを
決める。
ソ・セヤン指揮のもとギョム救出に向かう官軍の一行。
夜の山中を、サイムダンを心配した夫のイ・ウォンもいた。
そこにミン・チヒョンが現れ、イ・ウォンたちは襲われそうになる。
そこに官軍が現れる。
ソ・セヤン一行とイ・ウォンはサイムダンとギョムを探し回る。

洞窟でギョムの看病をするサイムダン。
痛みと熱に浮かされながらも、サイムダンに看病されギョムは幸せだった。
見つめあう二人・・・。
サイムダンに触れそうになるギョムの手・・・。
さっと横を向いてその手を避けるサイムダン。
切ない空気の中、サイムダンとギョムを探すイ・ウォンたちの声が聞こえる。
ギョムはサイムダンの立場を考え洞窟から先にサイムダンに出るように言うのだった。

ギョムは中宗王に会い、ミン・チヒョンをなぜ解放してしまったのかと責める。
そんなギョムに中宗王は、ミン・チヒョンの罪より高麗紙作りが重要だと言い放つ。
明との関係に影が差せば、国が亡ぶ前に自分の玉座が危うくなると
自分の事だけを心配する王。その言葉にギョムは愕然とするのだった。
国が滅ぶことよりも自分の玉座が心配とか、相変わらず自分勝手な王です。
高麗紙さえ作れれば、どんな大罪も水に流すと言ってのける中宗王。
そこにミン・チヒョンが王の前に現れる。
つい先ほどまでギョムを殺そうとしていた者。
殺されそうになったギョム。
その二人を前に、中宗王は下らぬ騒ぎを起こさず、紙づくりをしろと命令するのだった。

サイムダン あらすじ第29話

王にミン・チヒョンは
「罪を許したのではない、先延ばしにしただけだ。覚えておけ」
と言われ二人して高麗紙作りの任務を全うしろと言われる。

パルボン爺さんの弔いをするサイムダンと流民たち。
サイムダンはパルボン爺さんとの約束、高麗紙を必ず作り上げると
誓うのだった。

自宅に帰ったミン・チヒョン。
フィウムダンがいない暗い家の中で、ミン・チヒョンは妻フィウムダンの
秘密を見つけてしまう。
黒牡丹の衣装が隠れ戸棚から見つかる。
あの比翼堂(ピイクダン)で男たちを惑わす噂の女、黒牡丹の衣装。
そこに、崖から疲れ果てボロボロになったフィウムダンが帰ってきた。
フィウムダンにミン・チヒョンは、黒牡丹として自分に秘密を持っていたことを
激しく責める。
ミン・チヒョンに全てを支配されているフィウムダン。
崖から生還しようやく帰っても、ここにも安息はない。
正直ミン・チヒョンはこの時、自分に秘密を持って男たちを惑わせた女が
フィウムダンだったことに嫉妬しているとしか思えません。

ミン・チヒョンはフィウムダンに高麗紙の秘法を見つけ、サイムダンたちより
先に高麗紙を作り上げるように命令する。

サイムダンの夫イ・ウォンは、飲み屋の女将クォン氏が、酔っ払いに絡まれているところ
助けに入るも、逆に殴られてしまう。
しかし、これがきっかけでクォン氏とイ・ウォンは親しくなっていく。

サイムダンは謎が分からすにいた。
ギョムがやってきて、比翼堂で一緒に謎を解明しようと提案する。
皆で詩の解明に知恵を絞る。
ヒョルリョンも一緒に考える。そして破字(漢字を分解して意味を探る方法)はどうかと
思いつく。

フィウムダンとミン・チヒョンたちも学者や暗号解読を得意とするものを連れてきて
言葉の秘密を探す。

サイムダンとギョムたちが、サイムダンの末息子が言った“木が二つで林になる”
から、謎は文字の組み合わせで楮(コウゾ)という紙の原料の木が
示されていることに気が付く。これだとなんの秘密にもならないが、
サイムダンは残る文字を組み合わせ、秘法は「藤」だと確信する。
硬い表情しかギョムに見せなかったサイムダンが、ギョムに自然に笑顔を
見せた瞬間でもあった。

しかし、フィウムダンたちも秘法が藤にあることを解明していた。

サイムダンは楮と藤の最良の比率を突き止めるために、色んな配分で紙づくりを試す。
そして、何度も失敗を重ね、ようやく成功するのだった。
ギョムもこの朗報にホッと安堵していた。
その夜、祝杯を挙げ喜ぶ流民とサイムダン。
そんな彼らの工房に向かう黒い集団。
そしてサイムダンたちの作り上げた高麗紙の置いてある小屋では
あのフィウムダンの手先になっている紙づくり職人の男が、高麗紙に
火を放っていた。
黒い集団は流民たちの様子を暗闇で窺っていた。
小屋に火の手が上がる。
それを見た黒い集団は撤収していった。

–現代—
ジユンはウンスの気持ちを何とか癒してあげたいと、ウンスを連れ出していた。
けれどウンスはジユンに笑顔も言葉も何も発してくれない。
肩を抱いてもするりと離れて行ってしまう。
ミンソクの死をウンスとどう向き合えばいいか途方に暮れているジユンだった。

ミン教授は「ラド」のブログにまた金剛山図の内容が掲載されているのを
知る。どうもジユンではないと知るミン教授。ラドとは一体何者なのだ・・・。

そのころ、ジユンの行く先々でカメラを持った人影が時折チラチラうろついていた。

サイムダン あらすじ第30話

–現代–  
夫ミンソクの死とウンスの心の傷がジユンの戦意を無くさせていた。
そんなジユンを心配してサンヒョンとへジョンが励ましにやってきてくれる。

ソンジングループのソン会長は贋作の金剛山図を首脳会談の会場に
展示すると言い出す。
妻であるソン館長は、驚き異を唱えるも、ミン教授とソン会長は
耳を貸そうとしないのだった。

ミン教授がジユンたちの前で奪った真作金剛山図を燃やしてしまったと
あの時思われていた。
しかし、あれは贋作だった。ジユンたちを欺くためにミン教授が作らせた贋作だった。
ジユンたちはまだこの事実を知らないでいる。

ジユンは夫の死のショックと真作金剛山図をミン教授に奪われ燃やされたと
思い、立ち直れずにいた。
たくさんの人を巻き込んでしまったことにも責任を感じていた。
すると、ジユン宛の誰からかはわからないメッセージを受け取る。
感服を着た人物の古い写真?のカード。
「勇気とは祈りを終えた恐れ」と書かれていた。

–500年前 朝鮮時代–  
高麗紙の質比べの受付が始まる。
フィウムダンも受付する。
ミン・チヒョンはサイムダンが受付に来ていないことを確認する。
いよいよ質比べが始まる。
水につけたり、木版したりと質比べが行われる。
そして最終審査で選ばれたのは2組。
1組目はフィウムダンの壮元紙物店
2組目は楊柳紙所(ヤンニョンジソ)というところ
楊柳紙所の長はなんとサイムダン。
王の前にサイムダンが現れ驚くミン・チヒョンとフィウムダン。
あの時、サイムダンたちの高麗紙は小屋ごと焼かれてしまったはず・・・。

二人の高麗紙の質比べが行われる。
どちらも優越つけがたい出来具合。
明の勅使の提案でそれぞれの高麗紙に絵を描かせることにする。
そして絵描き手はフィウムダンとサイムダンを指名する。
しかしここでもまた、ミン・チヒョンがサイムダンの絵の具に細工をする。
絵の具が混ざらないように仕掛けられ窮地に陥るサイムダン。
フィウムダンはサイムダンの動きを気にしながらも、鮮やかな色遣いで絵を描いている。
サイムダンは、花瓶に生けてある山茱萸(さんしゅゆ)の実を見つける。
サイムダンは木の実をすり潰して絵の具の代わりに使うのだった。
周囲はサイムダンの動きにどよめく。
中宗王も明の勅使も官僚たちもサイムダンの描く絵に
魅入ってしまう。
最終判断は明の勅使に委ねられる。
フィウムダンの絵は5色の色使いでとても鮮やかだ。
サイムダンは赤と黒だけの色。
けれど、勅使が選んだ絵はサイムダンの絵だった。

紙の質比べが終わり、ギョムは中宗にミン・チヒョンの罪を再度報告する。
昨夜の楊柳紙所で火事が起こったことを告げる。
その時の火をつけた張本人を王の前に突き出す。
ミン・チヒョンとフィウムダンの手先の紙職人の動きをギョムはいち早く察していた。
そして、ようやく出来た高麗紙に火をつける寸前で捕まえ、
フィウムダン達を一杯食わせる為に一計を案じたのだ。
火事が起き高麗紙が焼けたと思わせるため、紙を隠し違う紙の火をつけさせたのだ。
ミン・チヒョンたちはまんまと引っ掛かったのだ。
さらにギョムはミン・チヒョンの罪を明かす承認として領議政の息子を
連れてきて、ミン・チヒョンと領議政の仲を白状させた。

サイムダン 第28-30話 感想

今回、ギョムとサイムダンの何とも切ない愛を感じるストーリー展開でした。
ミン・チヒョンに追われ、傷を負ったギョムを洞窟で介抱するサイムダン。
ギョムが傷みと熱で寝ている間に、そっとギョムの頬に触れるサイムダン。
ギョムが目を覚まし、切なくサイムダンを見つめ手をサイムダンに伸ばしますが、
サイムダンはさっと顔をそらしその手を避けてしまう。
もう堪らないほどの愛を感じます。
サイムダンがフィウムダンを負かすところは気持ちいいですね!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください