ザゲームのあらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

テピョンの少年時代、ジュニョンの少女時代など,過去の出来事について描かれた前回。
20年前に連続殺人鬼として逮捕されたピルトゥは別人だったのか、なぜドギョンはミジンを殺したのかなど謎が残るなか、今回、ドギョンの過去が明らかになり…。

スポンサードリンク

【ザ・ゲーム】(ネタバレあり)

10話

20年前。
ピルトゥが逮捕されその妻と息子・ヒョヌはまともに生活できないほど世間から激しいバッシングを食らった。
そんなある日、そんな生活に耐えられなくなったピルトゥの妻はヒョヌを捨てて失踪。
その後ヒョヌは保護され児童養護施設「希望園」で暮らすこととなった。
数日後、ヒョヌも希望園での生活に慣れてきた頃、ジュニョンが希望園にやって来る。
そこでヒョヌはジュニョンのことを気にかけ、親しくなるも、周りの大人は殺人事件の加害者家族と被害者家族ということで2人が親しくしないよう引き離すのだった。
そんななか、テピョンが希望園にやって来る。
そこでヒョヌと対面したテピョンは彼が死ぬ瞬間を見る。
「君は警察に包囲されビルから転落し死ぬ…」
それを告げられたヒョヌはその場に立ち尽くすのだった。

ドギョンは実はヒョヌだったんですね…

そして時は現在に戻る。
20年ぶりに再会したテピョンとドギョン。
するとジュニョンはドギョンをミジンを殺した容疑で逮捕。
さらにミジンの爪から犯人のものらしき皮膚片が見つかり早速鑑識にかけられるのだった。
その後、帰宅したテピョンはペク先生と話していた。
そこでテピョンはジュニョンを見ても彼女の死を予知できない理由は、テピョンが原因で彼女が死ぬからだと知るのだった。

そうだったんですね…

11話

ジュニョンの死が見えない理由は、自分のせいで彼女が死ぬからだと知ったテピョン。
「だから彼女とはもう関わるな…」
ペク先生はそうテピョンに忠告する。
しかし、テピョンは「ジュニョンの同僚の刑事たちがある爆破事件に巻き込まれて死亡する。それがどんな事件なのかジュニョンの死と関係あるのか調べる必要がある。彼女が殺されるのを必ず止める」と言うのだった。

ペク先生の忠告を聞くつもりはないようですね…

さらにペク先生は「ドギョンは幼い頃にお前たちと一緒に施設にいたピルトゥの息子・ヒョヌだ」と明かした。
一方、ジュニョンはドギョンがミジン殺しの犯人だという証拠を掴むため捜査を続けていた。
そしてドギョンの取り調べを行うジュニョン。
ドギョンが希望園にいたことを知ったジュニョンは、ヒョヌとの関係について尋ねるも、ドギョンは手掛かりになるようなことは話さないのだった。

ジュニョンはまだドギョンがヒョヌがだとは知らないようですね…

その後、ミジンの爪の中に入っていた皮膚片の鑑定結果が出る。
なんとそのDNAはピルトゥのものだったのだ。
それを知ったジュニョンは「証拠が捏造されてる…」と戸惑う。
そしてドギョンは証拠不十分として警察署から釈放されるのだった。
その後、ジュニョンは上司・ウヒョンと話していた。
ウヒョンは20年前にピルトゥを逮捕し犯行を自供させた刑事で、ジュニョンは「20年前の事件の犯人は本当にピルトゥなんですか?」と問い詰める。
そしてミジンの遺体の爪に入っていた皮膚片からピルトゥのDNAが検出されたことを伝えると、ウヒョンは複雑な表情を浮かべるのだった。

12話

テピョンは警察署から釈放されたドギョンを待ち伏せし2人で話すことに。
そこでテピョンは色々と質問するもドギョンは真面目に答えず、テピョンはそれに苛立ちを覚えながらもその場から立ち去るのだった。
一方、ミジンの母は憔悴しながらも、ミジンの遺品整理や葬式の準備に追われていた。

娘を失った悲しみや喪失感など、見ていて辛いものがありますね…

そしてテレビを見るとニュースで刑務所に収監中のピルトゥが事件当日、外来診察を受けていて刑務所から外出していたこと、さらにミジンの爪からピルトゥのDNAが検出されたことを知ると、ミジンの母はピルトゥに激しい怒りを感じるのだった。
一方、帰宅したテピョンはペク先生の秘書兼弁護士のヨンファと話していた。
実はテピョンはドギョンがヒョヌであると確信していたが、ヒョヌはだいぶ前に自殺しているため、納得できずにいたのだ。
するとヨンファは「過去に自殺したヒョヌが実は本物のドギョンで入れ替わった可能性があるのかも…」と告げる。
それを聞いたテピョンはその可能性もあると考え、ドギョンとヒョヌについて調べを進めることにした。
一方、ジュニョンは上司・ウヒョンがドギョンについて密かに調べていることを知りそのことについてウヒョンを問い詰める。
「ドギョンはヒョヌなんだ…」
ウヒョンはそう明かし、ジュニョンは自分が取り調べていたドギョンは実はヒョヌだと知るのだった。
さらにウヒョンは3年前に「ピルトゥ事件の真犯人はキム・ヒョンスだ」という告発の電話があったこと、そして20年前の事件に関してDNA鑑定の結果を捏造したことを明かすのだった。

実は20年前の事件のDNA鑑定ではピルトゥのDNAは検出されていなかったようです…

一方、ピルトゥは外来診療のため病院に来ていて、ジュニョンもその病院にいた。
するとそこでピルトゥが突然ナイフで刺される。
刺したのはミジンの母だった。

ピルトゥが犯人だと思い込み復讐したんでしょうね…

ミジンの母はすぐに取り押さえられ警察に連行される。
そしてピルトゥはそのまま亡くなるのだった。

感想

10話ではドギョンの辛い過去について描かれ、20年前に連続殺人鬼として逮捕されたピルトゥの息子・ヒョヌだったという衝撃の事実が判明しました。
さらにジュニョンだけ死が見えない理由についても明らかになりましたね。
なかなかの辛い理由に観ていて複雑な気持ちになりました。
11話ではDNA鑑定でピルトゥのDNAが検出されるなど謎が深まるなか、ドギョンは証拠不十分として釈放。
そして12話では、20年前のピルトゥの逮捕が誤認逮捕だったことが判明したり、ジュニョンがドギョンが実はヒョヌだと知ったり、そしてラストには娘を殺した犯人がピルトゥだと思い込んだミジンの母がピルトゥを殺してしまうという衝撃的な展開の連続でした。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください