ザゲームのあらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

20年前のピルトゥの逮捕が誤認逮捕だったことが判明するなか、ミジンの母がピルトゥを殺してしまうという衝撃的なラストを迎えた前回。
そして今回、テピョンはドギョンを尾行し本格的に彼について調べ始め…。

スポンサーリンク

【ザ・ゲーム】(ネタバレあり)

13話

ジュニョンはウヒョンと話していた。
そこでジュニョンは「ドギョンを捕まえるためにも20年前のピルトゥ逮捕が誤認だったことを認め、彼の無実を公表すべきです!」と言うも、ウヒョンは黙って何も答えないのだった。

このまま20年前の誤認逮捕を隠し続けるつもりなのでしょうか…?

一方、テピョンはミジンの遺体からピルトゥのDNA が検出されたことを知る。
「ミジンの母はピルトゥが娘を殺した犯人だと思い込みピルトゥを殺したのか…」
テピョンはそう思い、複雑な気持ちになるのだった。
その夜、テピョンは市場に行き小型カメラや小型のGPS発信機などを購入した。
翌日、ウヒョンは署長の元を訪ね、実は20年前のDNA鑑定の結果を捏造していたことを明かす。

本当はピルトゥのものではなく、検出されたのはキム・ヒョンスという人物のDNAでした

「キム・ヒョンスの行方は分からずおそらく今は死んでいると思われます」
そう説明するウヒョン。
すると署長は「このまま揉み消して真実は隠蔽しろ」と告げる。
しかしウヒョンは食い下がり、「必ずドギョンを逮捕するので一任してください」と頼むと、署長は渋々捜査することを了承するのだった。
その夜、テピョンは仕事を終えたドギョンを尾行し、車に購入したGPS発信機、そして家の外に小型カメラを仕掛け彼を監視するのだった。

何か情報は得られるのでしょうか…

一方、ジュニは警察署に来ていた。
そこでピルトゥがミジンを殺した犯人では無いと説明を受けたジュニは衝撃を受けながらもその後、ピルトゥを殺し署で勾留中の妻と面会。
「ミジンの葬儀にはお前も立ち会えるようなんとかするから」
ジュニは妻にそう話すのだった。
その後、ウヒョンは署でジュニョンを始め刑事たちを集めミーティングを行う。
そこで20年前のピルトゥ逮捕が誤認だったこと、そして新しい捜査チームを作ることを明かす。
「お前たちに尻拭いさせたくない。ミジンの件もそっちで捜査するからお前たちは手を引くんだ…」
ウヒョンがそう告げると、ジュニョンたちは複雑な気持ちになるのだった。

スポンサーリンク

14話

ウヒョンからこの件について手を引くよう言われたジュニョンだったが、ジュニョンたちはウヒョンと共に事件解決のために捜査をすることに。
そしてまずは20年前の誤認逮捕の件について、ピルトゥの息子であるドギョンに謝罪しに行くことにした。
一方、テピョンはドギョンの家の前で張り込みをしていた。
そしてドギョンが出掛けた隙に家に侵入し、部屋の中に監視カメラを設置していく。

なかなかの手際の良さですw

するとドギョンが帰って来て、テピョンは家の中で隠れ身を潜めるのだった。
ドギョンはウヒョンと共に帰って来て、家で2人で話していた。
服に隠しカメラを忍ばせ、外でジュニョンたちが見守るなか、ウヒョンは20年前にピルトゥが犯人だという証拠を捏造し逮捕したことを明かし、ドギョンに謝罪。
「望むなら会見も開く。だから終わりにしよう…。ミジンのためにも…」
ウヒョンがそう言うと、ドギョンはウヒョンの服にある隠しカメラに気付き激昂。
「謝罪は20年前にすべきでだった!」と声を荒げ、ドギョンは別の部屋に入ってしまう。
そしてウヒョンはドギョンの家から帰るのだった。

スポンサーリンク

謝罪によりドギョンが自らの罪を悔い改めてくれるかと期待したウヒョンたちでしたが、失敗に終わりましたね…

その夜、隙をつきドギョンの家から脱出したテピョンは、ジュニョンとデートに出掛ける。
そしてテピョンはGPS発信機のペンダントをジュニョンにプレゼント。
そのペンダントはテピョンが年老いて死を迎える時に手に持っていたもの。
「このペンダントが僕に戻って来ないように、君が持っていて」
テピョンはそうジュニョンに言うのだった。
その後、ミジンの葬式が行われてジュニョンたちもミジンの母・ジウォンにつきそう形で参列していた。

勾留中のミジンの母・ジウォンも参加できたようですね

そこで夫・ジュニからジウォンはピルトゥが犯人では無い事実を聞かされ衝撃を受けるのだった。
その夜、テピョンはドギョン不在の隙に再びドギョンの家に侵入。

前に侵入した時に床に扉を発見し、それが何なのか確かめに来たようです

その扉を開けると階段があり、それを下ると地下室が。
そこには20年前の連続殺人の真犯人・ヒョンスが牢屋の中で監禁されていた。

20年前の事件の真犯人はドギョンが監禁していたんですね…

スポンサーリンク

15話

ドギョンの家の地下室で監禁されているヒョンスを発見したテピョン。
その後、テピョンはドギョンが帰宅してきたため、家から出て様子を伺うことに。
するとドギョンはジュニョンと帰って来た。

どうやらジュニョンがドギョンと話すためにやって来たようです

そしてジュニョンはドギョンが自首するつもりがないことを知ると、「何があろうと殺人は絶対に許されない。あなたを絶対に逮捕する」と言い残し、ドギョンの家を出るのだった。
一方、ウヒョンは過去に起きたヒョヌが自殺した事件について調べていた。
そして調べた結果、実はその時死んだのは本物のドギョンで、ヒョヌがドギョンを殺し、現在、ヒョヌがドギョンになりすまして生活している可能性が高まった。
一方、テピョンはジュニョンと話していた。
するとそこでテピョンが隠れてドギョンの家を隠しカメラなどを使い調べていることがジュニョンにバレてしまう。
するとテピョンはあの家でヒョンスが監禁されていることを明かす。
それを聞いたジュニョンは驚きながらも、「今までの映像を見せて。そしてあなたはもうこの件には関わらないで!」と忠告するのだった。
その後、テピョンはドギョンの家に仕掛けた隠しカメラの映像をジュニョンに提供。
そしてジュニョンは、ウヒョンたちにドギョンの家にヒョンスが監禁されていることを報告し、ドギョンを監禁の罪で逮捕するべく仲間の刑事たちとドギョンの家を訪ねる。
そこで地下室を調べるもそこには何もなく誰もいなかった。

ヒョンスはどこへ…?

スポンサーリンク

感想

13、14話ではウヒョンが20年前の事件について証拠の捏造と誤認逮捕を認め、それをジュニョンたちに明かし、ヨジョン逮捕に向けて動き始めるという内容でした。
さらにテピョンはテピョンで独自にドギョンの家にカメラを仕掛けるなど調査を始め、途中家に侵入して色々調べる場面はハラハラドキドキでしたね。
そして、ドギョンの家の地下室で20年前の連続殺人事件の真犯人・ヒョンスが監禁されていることが判明。
この展開はなかなか衝撃的でしたね。
そして15話ではジュニョンたちもその事実を知り、ドギョンの家を捜索するも地下室はもぬけの殻…。
ドギョンはこれを予期していてヒョンスを隠したのか、なぜ予期していたのか不明ですが、ドギョンにしてやられた感がありましたね。
今後どのような展開になるのか楽しみです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください