シグナル-あらすじ-3話-4話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-シグナル-あらすじ-3話-4話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

シグナル




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回は、ヘヨンとジェハンが無線の繋がりを信じて(100%ではない)、過去と現在で協力して事件を解き明かしていく様子がゾクゾクします。
このゾクゾクは、怖いような楽しいような、イライラとスッキリを行ったり来たり、そんな今までのドラマにない感じ。

また、爽やかなジェハンの初恋エピソードもあります(*^_^*)
ジェハン役のチョ・ジヌンが良い!
ジヌンは「天国の階段」のシン・ヒョンジュンのように、存在感ある脇役から堂々の主役になると期待しています。
イケメンではないけど、と言いながら実物は背が高く、カッコいいと思います(*^_^*)
ドラマの中でもだんだんスヒョンとお似合いに見えてきますよ!
「キデハセヨ」(ご期待ください)。

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
『シグナル』
今回は、ヘヨンとジェハンが無線の繋がりを信じて(100%ではない)、過去と現在で協力して事件を解き明かしていく様子がゾクゾクします。
このゾクゾクは、怖いような楽しいような、イライラとスッキリを行ったり来たり、そんな今までのドラマにない感じ。

また、爽やかなジェハンの初恋エピソードもあります(*^_^*)
ジェハン役のチョ・ジヌンが良い!
ジヌンは「天国の階段」のシン・ヒョンジュンのように、存在感ある脇役から堂々の主役になると期待しています。
イケメンではないけど、と言いながら実物は背が高く、カッコいいと思います(*^_^*)
ドラマの中でもだんだんスヒョンとお似合いに見えてきますよ!
「キデハセヨ」(ご期待ください)。

【シグナル】ネタバレあり

第3話

過去が変わり、現在も変わったことに混乱するヘヨン。

 

一方、1989年のジェハンはミソンを助け、犯人を逮捕したかに見えた。

 

現在

ヘヨンが向かった先は「京畿南部連続殺人事件」を担当したキム・チャンス元刑事の所。

ヘヨンがミソンの未遂事件について尋ねると、

チャンスは「すべてはヨンサン署のイ・ジェハン巡査のせいだ」と言うのだった。

チャンスはジェハンのせいで刑務所行きになったのです(^_^;)

 

チャンスから、1989年にイ・ジェハンが現場にいたこと、ジェハンが無線について話していたことを聞くが、ヘヨンはまだ信じられるはずもなく…

 

午後11時23分

無線が繋がる。

1989年↔2015年

ジェハンから犯人逮捕の知らせ。

チェ・ヨンシンを逮捕したと聞いたヘヨンは、「チェ・ヨンシンは犯人ではない。取り調べ中に死ぬ」と叫び、チェの死亡時刻にオソン洞の商店前で8人目が殺されることを知らせる。

そして、ジェハンが本当に1989年にいるなら、防いでみろと言うのだった。

 

1989

ヘヨンの言葉どおり警察署内でチェ・ヨンシンが倒れ、同じ頃、オソン洞の商店前で8人目の被害者が発見される。

ジェハンはヘヨンの言葉が正しかったことを知る。

今度は防げなかった(>_<)

 

現在

ヘヨンは、また書き換えられることを願ってホワイトボードを見つめていたが、変化は起こらなかった。

 

当時の新聞を調べるヘヨン。

記事の内容が変わっていることを確認すると共に、ジェハンの記事も発見。

無線の内容が真実だったと知る。

過去とつながる無線…ヘヨンもまだ半信半疑(^_^;)

救出&誤認逮捕~ジェハンの立場はどうなるでしょう?

 

スヒョンは事件の唯一の生存者(現在は故人)だったミソンの遺族の元へ。

警察を嫌うミソンの夫はスヒョンを激しく責め、協力を拒む。

ちょうどやってきたヘヨンもその様子を目の当たりにする。

 

沈んでいたスヒョンとヘヨンだが、ミソンの娘が遺品を見せてくれる。

事件の収穫はなかったが、救出したジェハン巡査への感謝の言葉を聞くことができた。

いいこともあった!(*^_^*)

 

その後、無線が過去に繋がると確信したヘヨンは、これを利用して過去の事件を解決しようと考える。

再び、事件のプロファイルを始めたヘヨンは犯人の変化に気付くのだった。

 

1989

ジェハンは、誤認逮捕の件で警察の仲間からも激しく責められる。

そして、停職処分となったため、無線機も手放すことになる。

一人、現場検証をするジェハンは犯人がバスに乗った可能性に気付く…

バッドタイミング!どうするの?

 

現在

捜査チームも手がかりをつかむ。

それは被害者全員がバスを降りた後に殺されており、遺体発見現場とリンクするバスルートを発見したのだ。

おおっ、こちらでも(*^_^*)

 

バスのヒントに、ヘヨンの推理が冴え、犯人の行動が浮き彫りになる。

 

ここに、時空を隔てて、ジェハンとヘヨンの推理が一致したのだ。

なんだか、ぞくぞくしますー(*^_^*)

 

1989

95番のバスの運転手であり、8人目の被害者ファン・ミンジュの発見者でもあるイ・チョング。

彼は、事件の鍵となるヒョンプン駅からの乗客は「いなかった」と答えた。

 

現在

ヘヨンとスヒョンがミンジュに最後に会った同僚の女性の家を訪ねる。

そこで二人は26年前と同じ手口で殺害された遺体を発見する。

なんということでしょう(^_^;) 

 

午後11時23分

無線 2015年→1989年

ヘヨンの呼びかけに留置場の中のジェハンは答えることができない。

そして、ヘヨンが告げる次の犠牲者の名前を聞いて驚くのだった。

 

―続く―

 

第4話

1989年11月7日

ジェハンはウォンギョンを救おうと走る。

 

現在

スヒョンのチームは新しく発生したチョン・ギョンスン殺人事件の捜査をすすめ、イ・チョングが犯人と確信する。

 

ヘヨンはバス会社を当たり、スヒョンはセフン病院へ。

そして、ついに26年前の「京畿南部連続殺人事件」の真相にたどり着く。

驚きの真相

 

しかし、またも警察の威信を守るため、「真相」が握り潰されようとしていた。

 

午後11時23分

無線が繋がりヘヨンが呼びかける。

ウォンギョンを救えなかったジェハンは、未来では犯人を逮捕したのかと問う。

ジェハンの慟哭(T_T)

ウォンギョン清楚だなあ~演じたのはイ・シア

 

現在

ヘヨンは真犯人の証拠品の存在に気付く。

証拠があれば真犯人を発表出来る…

折しも、ボムジュ局長が捜査発表をしようとしている~間に合うのか?

 

間一髪、記者会見場に駆け付けたスヒョン。

スヒョンが決定的証拠をあげ、ついに「京畿南部連続殺人事件」は幕を閉じるのだった。

間に合ったー!よかった(*^_^*)

1989年のジェハンの協力もあったよ!

 

事件は解決したものの関係者それぞれの苦悩を思い、気分の晴れないヘヨンを、さりげなく励ますスヒョン。

二人の間にもやっと信頼関係が生まれたようだ。

チームもまとまってきたし、名コンビ誕生の予感(*^_^*)

 

自宅に帰ったヘヨンは、兄の事件を思い出していた。

繰り返し出てくる「シーン」に加え、もう一つのシーンが蘇る…

 

スヒョンもまた、過去を思い出していた。

泣いている新米刑事スヒョン…通りがかったジェハンが声をかけ励ます。

しつこいですが、スヒョン可愛い(*^_^*)

 

ウォンギョンの家を訪ねたヘヨン。

ウォンギョンの母親から「ジェハン巡査のおかげ」という言葉を聞く。

また、当時のウォンギョンとジェハンの思い出に触れることに。

どうぞ、この正しく美しい二人を忘れないで(T_T)

 

その夜の無線。

ヘヨンが犯人逮捕の報告をし、ジェハンに感謝の言葉を贈る。

 

その後、過去と現在の感動的な場面でエンディング。

―続くー

 

第3、4話 感想

「京畿南部連続殺人事件」の真相には驚きました。

この事件は実在の事件で何度も映画やドラマになりましたが、とてもリアル。

 

そして、終わってみれば伏線が見事に回収されていて、さすがキム・ウニ先生の脚本ですね。

 

過去と現在がリンクするのはスリルとスピードが感じられ、無線の存在が必然となってきました。

ヘヨンのプロファイルが冴え、真相にたどり着くことができましたが、ジェハンには悲しく悔しい結果となり、もらい泣きすることに~特に映画館のシーンは必見。

 

また、今回も脇役のイ・シアが印象的でした。

なんて清楚な「アガシ(お嬢さん)」なのでしょう。シアのプロフィールをみるとやっぱり令嬢やお姫様役が多い!ぜひまた、違うドラマで会いたいものですね。

 

さて、次回はいよいよヘヨンの過去、お兄さんの事件のようです。

楽しみですね。

1989/11/04 「京畿南部連続殺人事件」の7人目の被害者発見 ジェハンの初事件

無線③

ヘヨンから事件のヒント

1989/11/05 8人目の事件は未遂に変わる ※過去が変化→現在も変化
1989/11/05 犯人逮捕と思われたが真犯人による8人目の被害者が? 無線④

ヘヨンがジェハンに8人目の事件を防げと

同日 オソン洞で8人目の被害者発見 事件を防げず

※過去、現在変化なし

1989/11/06 停職中のジェハン、留置場に入る 無線⑤ヘヨンから9人目の事件の情報
1989/11/07 9人目の事件発生
1989/11/ 無線⑥
1989/11/ 「京畿南部連続殺人事件」2015年に解決 無線⑦ヘヨン、ジェハン、無線が過去と未来を繋ぐことを確信
ヘヨンの兄逮捕
2000/07/29 キム・ユンジョン誘拐事件発生 ヘヨンが犯人目撃
2000/08/03 ヘヨン警察へ行く

ジェハン、ユンジョン誘拐事件の捜査中

ジェハン銃撃される?

※ヘヨンのメモ

無線①

無線②

 

2015/7/27 キム・ユンジョン誘拐事件時効成立3日前 無線①

ジェハンからユンジョン事件のヒント

2015/7/29 キム・ユンジョン誘拐事件時効成立

ソ・ヒョンジュン殺人事件犯人逮捕

事件解決も…
2015/ 無線②

※1989年のジェハンを説得?

2015/ 「京畿南部連続殺人事件」捜査開始 無線➂

ヘヨンからジェハンへ事件のヒント

2015/ 「京畿南部連続殺人事件」 過去が変化

※8人目の被害者殺害→未遂

2015/ 「京畿南部連続殺人事件」

7人目→未遂→8人目

無線④

ジェハン、犯人逮捕と報告も、真犯人による8人目の事件発生?

同日 「京畿南部連続殺人事件」8人目の被害者発見 ※過去、現在変化なし
2015/10/22 26年前の「京畿南部連続殺人事件」と同じ手口の殺人事件が発生 無線⑤ヘヨンからジェハンへ9人目の事件の情報
2015/ 「京畿南部連続殺人事件」解決? 無線⑥
2015/ 「京畿南部連続殺人事件」解決!! 無線⑦ヘヨン、ジェハン、無線が過去と未来を繋ぐことを確信

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。