ショッピング王ルイ-あらすじ-5話-6話-ネタバレと感想ありで!

韓国ドラマ-ショッピング王ルイ-あらすじ-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
世間知らずのルイ、あっさり振り込め詐欺に騙されてしまいますが(≧∇≦)

【ショッピング王ルイ】(ネタバレあり)

第5話「御曹司だったのかも」

ルイは自分の身分を知りたくて、あっさり振り込め詐欺に騙され大金を振り込んでしまう。
騙されたことにショックを受けるルイ。

その時ルイの前に1匹の犬が走って来た。
ルイは一瞬子供の頃の記憶が蘇る。
犬の名前はコボシ・・・昔飼っていた犬のようだった。

ボクシルは大金を全て使ってしまったルイに腹が立って仕方ない。
それなのに帰ってみるとネットで大量に注文した商品が届いているではないか!!

ルイはインソンと一緒にデパートへと行くことに。
懐かしいと感じるルイ。

デパートの外ではジュンウォンと話すルイ。
ジュンウォンはルイがゴールドライン会長の孫だと気付いていないようですが??

マリの母ジェスクはデパートでルイと会ったと大騒ぎ。
マリの父ソングもそれを聞いた直後に、ジュンウォンと話すルイを発見。
ジュンウォンがルイだと知らないふりをしていると思ったソングは、すぐにジュンウォンを調べさせるのでした

ルイは記憶を取り戻そうと一生懸命ですが・・・とにかくお金がかかるルイ。
ボクシルはルイに、にんにくの皮むきをさせるのだった。

ところがにんにくの皮むきは目が痛い、首が痛い。
そこでマッサージ機にゴーグルをネットショッピングで購入。

帰って来たボクシルはルイを諭すが、しょんぼりするルイを見るとそれ以上叱れなくなるボクシルだった。

ボクシルは仕事でオリジナル商品を考え中だった。
ルイは一緒に考えてくれる。

お洒落な水筒にゴールドラインの文字と蓋に会社のマーク。
「会社の宣伝にもなる」とボクシルはマリに相談する。

そして会議の日、何とマリがそのアイデアの商品を手にプレゼンするのだった!!
それ、ボクシルのアイデアです(# ゚Д゚)

第6話「ずっとそばにいて」

ボクシルはアイデアを盗まれたことでマリに対して納得がいかなかった。

その表情を見たマリはボクシルに一言。
「あなたがアイデアを出していたら商品化できず紙切れで終わっていた。商品化してあげたのだからお礼を言ってもらってもいいくらいだ」と。
マリはボクシルに優しく天使のようでしたが・・・本当はしたたかで怖いです(≧∇≦)

マリのおごりだと飲み会が開催されていたが、ボクシルは先に帰ると言って店を出てくる。
バス停に着くと雨が降り出し、走って帰ろうとするボクシル。
そんなボクシルを傘を持って迎えに来るルイだった。

ルイの可愛い笑顔を見ると涙があふれるボクシル。
ルイにとってもボクシルにとってもお互いとても大切な人になっていますね(^▽^)/

会社に行くとボクシルの机の上には靴がプレゼントされていた。
マリからだと思ったボクシルは、リサイクルボックスへと向かう。
それを見て飛んできたジュンウォン。
靴は自分からだという。
そして「裏切る人間ばかりではない、応援している人間もいる」と言うのだった
ジュンウォンはボクシルがボトルのデザインを考えていたことを知っていました。

ボクシルは体調不良でも会社へ行く。
ジュンウォンは様子がおかしいボクシルを見て帰るように言う。

ボクシルにおかゆを届けに来たルイと社長のソングはばったり遭遇。
びっくりしたのはソングだった。

ソングはルイの事故で見つかった時計と、ルイの歯のDNA鑑定の結果が一致しなかったことを電話で聞いていた。
ルイは生きているのでは?と思った矢先のルイとの遭遇だった!!

ボクシルのお見舞いにやって来るジュンウォン。
そこで目にしたものは・・・洋服におかゆをこぼし、着替えようと服を脱いでいるルイの姿だった。

ボクシルとルイが同居している理由を聞きあきれるジュンウォンだった。
そしてルイを呼び出し、ジュンウォンは「一緒に住もう」と自分の家にルイを誘う。

ジュンウォンがボクシルの家に出入りするところを聞きつけるソング。
ソングはルイが記憶喪失でボクシルと同居していることも知る。
ジュンウォンとボクシルとルイの3人で何か企んでいるのではないかと不安になるソング

ルイはボクシルに「本部長(ジュンウォン)の事を好きにならないで」という。
「僕が悲しくなるから」と言うルイに、「あなたには恩があるから」と笑顔で言うボクシルだった。

ボクシルがルイと一晩過ごしたと考えると眠れなかったのか、ジュンウォンは目の下に大きなクマが出来ていた。

今日から釜山に出張のジュンウォンとマリ、ボクシルを連れていくことにしたジュンウォンだった。

ボクシルは「本部長と一緒に出張で釜山に行くから帰れない」とルイに連絡。
それを見たルイはインソンと一緒に釜山へと飛んで行くのだった。

ジュンウォンに公園で待つよう言われるボクシルは、ルイからの電話に場所を答える。
その場所にはルイの祖母、ゴールドラインの会長イルスンが散歩に来ていた。

ひょんなことからボクシルと話すイルスン。
ルイと会えればいいですが(≧∇≦)

第5話から第6話の感想

ボクシルがルイと一緒に考えたアイデアを自分のアイデアかのようにプレゼンしたマリ。
ボクシルに優しく、天使のようだと思っていたマリが自分を裏切ったことがとてもショックだったボクシルです。
でもちゃんとジュンウォンは見ていたようですね。
ボクシルが考えていたアイデアだと言うことも知っています。
そしてぼろぼろの靴を履くボクシルに、とても綺麗な靴までプレゼントするジュンウォンはどうやらボクシルの事がとても気になっているようです。
ルイと一緒に暮らしていることを知り、もういてもたってもいられないジュンウォン。
出張にまでボクシルを連れていくジュンウォンですが、そこにはルイのおばあ様が偶然にもいるんですよね。
会えると記憶も戻りそうなのですが、なかなかそう簡単には会うことは出来ないですよね。
ソングはルイが生きていることに気付き、会わせないようにととにかく必死の様子です。
毎度、とても可愛い笑顔のルイには癒されますね(^▽^)/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.