ショッピング王ルイ-あらすじ-7話-8話-ネタバレと感想ありで!

韓国ドラマ-ショッピング王ルイ-あらすじ-7話-8話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボクシルはジュンウォンとマリと3人で釜山に出張中。
ひょんなことからルイの祖母ゴールドラインの会長と公園で会うことに・・・。

【ショッピング王ルイ】(ネタバレあり)

第7話「買い物が止まらない」

ボクシルが本部長ジュンウォンと出張に来ていることを聞いたルイは後を追いかける。
ボクシルの待つ公園の景色に見覚えがあるルイ・・・しかし思い出す事は出来なかった。

ボクシルと会長が話しているところに飛んできたのはソングだった。
ルイらしき人物と遭遇させないよう必死に会長を連れ戻そうとしていた。

マリと本部長ジュンウォンと一緒に夕飯を食べるソングとイルスン会長。
酒を勧められ、小さなグラスに1杯飲んだだけで真っ赤になって寝てしまうジュンウォン。

ボクシルとルイとインソンの3人は釜山の海辺でくつろいでいた。
昔の記憶がフラッシュバックするルイだった。

会社で新しい考えでプレゼンをするボクシル。
釜山の夜景ツアーを提案するが、マリ「すでに他社からも出ているのでは?」と指摘されるがジュンウォンがうまく説明し拍手喝さいのボクシルだった。

そして1年間の契約社員として雇用されることが決まる。

ボクシルは契約社員となり、クレジットカードも持てることになったと言う。
ルイは相変わらず毎日買い物三昧。
カードで12回払いだと言ってボクシルにバッグを買ったりと派手な買い物が止まらない。

でもこの買い物は全てボクシルのために買ったものでした
ルイの気持ちですね(^▽^)/

ボクシルは物より映画館へ行きたいとルイに言う。
待ち合わせの映画にルイは遅れる。

バラの花1輪買ってボクシルの元へ急ぐルイは、赤い高級車に乗ったマリに跳ねられそうになる。
びっくりして倒れたルイ、そこに通りがかったインソンの母。
高額を払わせルイと分けるのだった。

ちゃっかりしていますね、インソンと同じく

マリは昼間の事故の相手はルイではないかと気づくのだった。
そして父ソングに話す。
ソングは自分には千載一遇のチャンスだからルイの事は黙っていて欲しいとマリに言う。

ルイとボクシルが住む部屋は、連続殺人事件が起きた部屋だとソングは聞く。

ルイとボクシルの命も狙われるのでしょうか(≧∇≦)

第8話「初めてのデート」

ショッピング王ルイと名して数々の書き込みをしているルイ。
ボクシルのIDで書き込みをし、ゴールドラインの商品にケチをつけたと大変なことになっている。

そこで社員が調べた結果、ボクシルのIDが盗用されたのでは?と分かりジュンウォンはルイを訪ねるのだった。
自分のせいでボクシルが会社を首になっては困るとルイは懇願。
するとジュンウォンは「うちに来ればボクシルを守ってやる」と言う。

ルイはジュンウォンの家で我が物顔で振舞う。
ジュンウォンは頭に血が上りカッとなるが、ルイは全く気に留めない様子。

会社帰りにルイとボクシルは映画の約束をする。
そして帰りに屋台でおでんとトッポッキを食べながら「ショッピング王ルイはルイじゃないよね?」と確認するボクシル。

「心配ないよ、ショッピング王ルイは死んだ」と言うルイ。
新情報発見とボクシルはジュンウォンに電話するが「ルイと一緒にいるだろ、すぐに帰れ!」と言われるのだった。

ルイとボクシルが2人きりは許せないジュンウォンです

本部長の家に行ったルイ。
自分が本部長ジュンウォンの家に行く代わりに、ボクシルに洗濯機と冷蔵庫をジュンウォンからプレゼントさせるのだった。

初めて離れて寝るボクシルとルイはお互いが気になってなかなか寝付けなかった。

ルイはジュンウォンが出勤した後泡ぶろに入り、ジュンウォンのベッドに横たわっていた。
そこにジュンウォンの母と父がいつものようにやって来る。

ジュンウォンに懇願され一緒に住んでいると言うルイの話に気絶しそうになる母だった。

ジュンウォンが家に帰るとインソンと二人好き放題をしているところだった。
キレるジュンウォン。

インソンとルイは毎日ボクシルの弟を捜すと言ってボクシルからお金をもらっていた事をジュンウォンは聞く。
高麗ニンジンの大金をルイが振り込め詐欺で払ってしまった事。
カードの停止・・・などすべて聞いたジュンウォンはルイに配送会社で働けと命令するのだった。

毎日配送会社で働き、最後まで投げ出さなかったルイ。
体中シップだらけ。
トイレに行きたいと、インソンを呼び出すが・・・。

駆けつけてきたインソンは、家を出るとき人影を見たと言う。
嫌な予感がするインソン、母には内緒にするようにと言われていたが「3カ月前にあの部屋で殺人事件があった」と告白するインソン。

ボクシルのためなら体の痛さも我慢して走りだすルイ。
ボクシルの家にシップだらけの体で、服も着ずに飛び出すのだった。

ジュンウォンには置手紙一つ残して・・・。

再びボクシルとジュンウォンは一緒に住むこととなった。
殺人事件があった部屋だと聞いたボクシル。

世間知らずのお坊ちゃまのルイが、ボクシルを守ると一生懸命です

ボクナムを捜す張り紙を見た高校生3人組。
以前ボクシルとルイと一緒にやりあった事のある女子高生。

「お金を払えば居場所を教える」と言う女子高生だが・・・。

またまた騙されないのでしょうか心配です(≧∇≦)

第7話から第8話の感想

ルイは相変わらず買い物が好きですね。
毎日ネットショッピングに明け暮れるルイ。
でもボクシルの為にすべて頼んだものを見てボクシルへの愛情を感じますよね。
子犬のように人懐っこいルイの可愛い笑顔は癒しです。
記憶が戻らないルイですが。
ふとした瞬間に昔の景色や状況がフラッシュバックするようです。
完全に記憶が戻らなかったらボクシルはずっとルイと一緒に暮らす事になるのかな??と考えてしまいました。
ボクシルも今ではルイが家族のようであり、とても大切な人になっていますよね。
もちろんルイにとってもボクシルは無くてはならない存在のようです。
お金持ちの財閥の世間知らずのルイが、小銭を拾って喜んだりする様子はとっても不憫ですが、このまま記憶が戻らない方がボクシルとルイにとっては幸せだったりするのかな~!
ソングはルイの存在に気付きましたね。
そして人を使ってルイの命を狙っているのでしょうか・・・とっても恐怖です!!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。