シークレットガーデン-あらすじ-13話-14話-15話-OSTも大好評!キャスト一覧・ネタバレありで

韓国ドラマ-シークレットガーデン-あらすじ-13話-14話-15話の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
最高視聴率31.4%-キャスト-相関図など、最終回までの感想を全話配信します。

シークレットガーデン.jpg
視視聴率驚異の37・9%を叩き出した
韓国で大人気になったちょっとおかしなラブストーリー!
大人気俳優・ヒョンビンと、みんなの憧れハ・ジウォンが繰り広げる、
壮大なファンタジーです!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チュウォンが自分の気持ちの正直になろうと、
変わり始めています。
さて、2人はまだまだこれからです!
ライムももっと素直になって欲しいものです♪
韓国ではこういった身分の差をテーマにした恋愛ドラマが多いですが、
実はこれ現実離れしているわけではないみたいです。
韓国では貧富の差がとても激しく、
お金持ちは相当お金持ち。貧乏は極端に貧乏だそうです。
そういったことからも、コリアンドリームではないですが、
夢見る人たちは多いようです。
それではさっそく見ていきましょう!
【シークレットガーデン】(ネタバレあり)
13話 美しい人
道場の合宿に参加していたライムとチュウォン。
ライムが寝ている横で、ライムの寝顔をまじまじと見つめていたチュウォン。
イムのその様子をみられそうになり、慌てて寝たふり。
イムはチュウォンとライムの距離を取ろうと、チュウォンを引きずる。
しかしチュウォンは負けじとライムの横に、潜り込む。
こうして夜は更けていった。

チュウォンもわざとらしい(笑)
翌朝、ライムとイムは朝の散歩に山登りをしに行った。
チュウォンはそれに必死についていこうとするも、
ペースを落とさない二人に追いつけずにいた。
ライムとイムが山頂から降りてくると、チュウォンがいた。
怪我をしたといい2人は担いで山を降りていくのであった。
スルの友人から、スルのことを聞いていたオスカー。
スルが男性と留学していたことを誤解していたオスカー、
自分と付き合っていたことから、
一番輝かしい時期を友人も作れず、独りで過ごしてきたということを
やっと理解できたオスカー。
スルの元へいき、二人の仲を取り戻そうとするのであった。

やっとオスカーは自分の過ちに気付いたようです
本当に怪我をしていたチュウォン。
ライムは手当をするために、合宿先に泊まることになった。
何度も部屋に入ってくるチュウォン、
一緒に寝ると言い出した。
何度も追い返すが、最後には捕まり、抱き合って眠るのであった。

ここでもあの呪文登場
ライムが家に帰ると、チュウォンの母親が家にいた。
チュウォンの下着が家にあったことで、
チュウォンをたぶらかしたといわれ、自分の父親まで侮辱されたライム。
それをどうしても許すことができず、泣きじゃくるライムだった。
チュウォンはそれを聞きつけ、ライムの元へ駆け付ける。
しかしライムはチュウォンを相手にすることはなかった。

ほんとお母さん強い
チュウォンはライムが隠れている道場に来た。
隠れていることが一番良くない、とイムにいわれ、
ライムはチュウォンの家にいくことにした。
しかし、チュウォンの家ではパーティーが開催されていた。
みんなきれいに着飾っていた。
場違いだと帰ろうとしたその時、オスカーが現れた。
オスカーの協力により、きれいなドレスとメイクで
チュウォンの前に姿を現したライムだった。

とってもきれい!!
14話 真夜中のシンデレラ
きれいに着飾ってチュウォンの前に現れた、ライム。
ライムは自分の気持ちを正直に話した。
会えないより、会って辛いほうがまだいい。
でも、人魚姫にはなりたくない、と。
チュウォンはそれに対して、傷だらけのスタントウーマンが
最高にかっこいい女性だ、と返した。
オスカーのピアノ伴奏の中、2人は熱いキスを繰り返すのだった。

これ、チュウォンのデパートのパーティーよね(笑)
チュウォンはライムの部屋にライムを連れて行った。
きれいなクリスマスの飾りつけをしていた。
これを見て、いままで起こった嫌なことをわすれるように、と。
とてもいい雰囲気の二人だった。

嵐の前の静けさ・・・
オスカーの盗作疑惑に新たな展開が。
作曲家がオスカーに言われて、作ったのだと嘘をついたのだ。
オスカーとテソンはその作曲家に詰め寄ると、
昔オスカーが取った横暴な態度が許せなかったと主張してきた。
オスカーは昔のことを振り返り、自分の小ささを悔やんだのだった。
パーティーの一件を聞き、憤慨するチュウォンの母親。
ライムを貶めるために、アヨンをクビにしたというのだ。
抗議をしに、家までやってきたライム。
チュウォンともみ合っていると、雨が降ってきた。
その瞬間、2人の体はまた入れ替わってしまった。

一度でなく二度までも!
体が入れ替わった2人は、雨がきっかけであることに気づいた。
次に降るのは一週間後以降になるため、
もう一度うまくやれるように、計画を練った。
特に、ライムの映画のオーディションに関して、特訓をする二人だった。
ライムはチュウォンの家で、睡眠薬のようなものを発見した。
オスカーが以前言っていた事故となにか繋がりを感じた。
その時にいっていたチヒョンに連絡をしようとオスカーに尋ねると、
いま話していたのがチヒョンだと言われた。
自分がチュウォンではないことがバレてしまった。
チュウォンも同様、イムに感づかれてしまったのだ。

やっときづいたのか~!
15話 雨よ、降れ!
ライムとチュウォンはお互いが違うことが、
オスカーとイムにバレてしまった。
連絡を取り合い、4人で会うことに。
体が入れ替わっていることを説明するも、
全く信じられないオスカーとイム。
しかし、それぞれがそれぞれにしか知らないことを知っていたり、
おかしな点が多かったことから、信じざるを得なくなった。

確かに信じられるハズはない
ライムは映画の最終オーディションに残ることができた。
しかし入れ替わったままの2人は、なんとかそのまま
オーディションができるように、特訓するつもりだった。
チュウォンは特訓をする代わりに、一緒に住むという条件を出した。
その条件を飲んだライム。
夜に寝ようとしていたとき、チュウォンに薬のことを尋ねた。
チュウォンは重度の閉所恐怖症であることを告白した。
そしてその日から、特訓がスタートした。

このベッドでのシーン、とてもキュンとします♪
ライムとチュウォンは、チェジュ島で行った食堂に何かがあると
考えた。行ってみるが、違う店主がいるだけだった。
オーディション当日、会場の前にいたライムとチュウォンだったが、
チュウォンが会社に呼ばれることになり、
ライムが行くことになった。
時間をかけたくないためにエレベーターに乗った。
またもチュウォンがエレベーターに乗る姿を見て、
不審に思ったパク常務が、エレベーターを止めてしまった。

こいつ!
するとそこで雨が降ってきた。
また2人の体は入れ替わった。
ライムは喜んだのもつかの間、エレベーターに閉じ込められて
しまったチュウォンのことを思い出した。
チュウォンは、閉所恐怖症によりパニックに陥っていた。

やばい!!誰か助けて!
13-15話の感想
あ~!!!やっぱりばれた~!!(笑)
むしろよくここまで持ったよ。うん。
しかし、バレたのは、イムとオスカーの2人でよかった
という感じですね♪
きっとこれから、2人はライムとチュウォンのことを
たくさん助けてくれるのではないでしょうか。
オスカーとスルも、少しずつわだかまりが取れていっています!
みんなが幸せになれるといいな!
さてまだまだ続きます!
次回をお楽しみに!