スパイ-あらすじ-1話-2話-3話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-スパイ~愛を守るもの~あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


【スパイ~愛を守るもの】(ネタバレあり)

第1話「平凡じゃない恋人」

国家情報院の諜報員ソヌ(キム・ジェジュン)は家族にも仕事を秘密にしている。
今日も母のヘリム(ペ・ジョンオク)に、釜山からだと明るく電話をしたが、実は中国の藩陽(しんよう/シェンヤン)で危険な任務を遂行中だった。
オープニングかっこいい(*^_^*) 
中国ロケしたのかな?なんといってもスパイものですからねー!

作戦に就き、仲間と車に乗り込むソヌ。だが大型トラックで追突されてしまい、意識がもうろうとするソヌが見たものは…

中国語を操る謎の敵たちは手慣れた様子でアタッシュケースを奪い、強盗の仕業にみせかけるため、金品を奪いソヌの仲間を刺し殺す。

ソヌも財布を奪われるが、敵のボスとみられる男が中の写真を見て…同じ写真を持っている男。ソンヘとつぶやき不気味に笑うのだが、一体、誰のことなのか?
謎の男は、なぜかソヌは殺さずに立ち去るのだった。
家族4人の写真…ソンへとは?この男は? いきなりドキドキです!!

その頃、ソヌの母親ヘリムはマンションの集会に出席。
平凡な主婦に見えるヘリムだが、時折冴えた言動をみせ、一目おかれている。
この日もマンションの問題を見事に解決する。

ソヌが交通事故に遭ったと言う知らせが入り、急ぎ病院に駆け付けるヘリム。
一方、忙しく働くソヌの父親はのんびりと構えている。
ソヌの世話をする手際の良さといい、やはりヘリムはただ者ではない!
お父さんも、かなりのエリートみたい。

一週間後。ソヌは国家情報院で事情聴取を受けていた。
厳しい目でソヌを品定めする上司たち、ひと癖ありそうな面々だ。
ソヌはエリートで、今回の作戦が初めてのミスらしい(^_^;)ポリグラフにかけられてるし、まるでCIA!

ソヌの家。たくさんの写真が飾られ、裕福で暖かな家庭とわかる。
今日は、ソヌが恋人を紹介する日だ。
忙しく準備をするヘリム。父親と妹のヨンソも顔を揃えている。
セレブ御用達、ガラスの暖炉発見(*^_^*)
妹のヨンソが解けない数学の問題を簡単に解いたり、鮮やかな包丁さばきを見せたり、やはりヘリムは…

ソヌの恋人、ユンジン(コ・ソンヒ)登場。ソヌは渋滞に巻き込まれて遅れている。
コ・ソンヒ可愛い(*^_^*) パーフェクトボディで有名。女優デビューは2013年~スパイが代表作になるのでは?

家の外でソヌを待っていたユンジンを迎えにきたソヌの父親。
仲良く家に入っていく二人をみつめる、例の謎の男…
謎の男~深い因縁がありそう。写真を握りしめる手に憎しみがあふれています(>_<) この男役、人気上昇中のユ・オソンだ!←私は今、悪役をやらせたら一番と思ってます。楽しみ(*^_^*)

結局、一人で家族と対面することになったユンジン。
中国で通訳をしていたヘリムに、よかれと思って月餅を土産にしたヨンジンだが、ヘリムは中国の話題を嫌がるそぶりをみせる。
ヘリムと同じ中国の藩陽出身というユンジンに質問を浴びせるヘリム
藩陽ってなにかあるのかな?ソヌの作戦地も藩陽でしたね?
ユンジンも、ただ者ではないぞー!

中国出身で苦労したヘリムは、息子ソヌには平凡な人生を歩んで欲しいと語る。
ユンジンも同じ気持ちだと答えるが…

ユンジンと家族はなごやかな時を過ごし…暖かく見送ったかに見えたヘリムだが、持ち前の鋭さでユンジンの不自然さを見破っていた。

喫茶店で語り合うソヌとユンジン…ヘリムに嫌われたと話すユンジンに、絶対に君でないとだめなんだと言うソヌ。
いいな、いいな!ここはユンジンになりきってソヌの台詞を聞くべし(*^_^*)

目隠しをされ車で移動した後、街角に放り出された女性…彼女は何者なのか?
ひどく怯えた様子の彼女に追手が迫る。
なんとか逃げ延びた彼女は警察に電話をかけ、自首すると言ったのだった。
この子もただ者ではない(^_^;)今回、こればかりですね。

対北情報分析班に移動となったソヌ。
ひと癖ありそうな上司キム・ヒョンテと相棒を組む。
自首してきた北の工作員(逃げていた彼女)と接触し、無事、保護することに成功する。
この時、ソヌがチラシ配りをするのですが、こんなかっこいい人がチラシをくれたら永久保存です(*^_^*)

地下鉄の隠し通路から分析班本部へ。
ソン・ジュンヒョクチーム長、キム・ヒョンテ分析官、ノ・ウナ分析官らと共に任務に就くことになったソヌ。

ヘリムとウソク(ソヌの父親)は夫婦で接待ゴルフ。
ITセキュリティー会社の理事のウソク…社運をかけたプロジェクトらしいです。
子供が結婚するような年になっても、ちゃんと愛情表現する夫婦…韓国だから?ドラマだから?稼ぎの悪い夫は、捨てられるパターンもありますが(^_^;)

情報分析班では、工作員の調査が始まっていた。
工作員は、チョ・スヨン、24歳、労働党255局所属。情報収集と北への送金が任務だが、北の家族に送金したことを国家安全保衛部に咎められ、仲間は焼き殺されたという。
こ、怖い!怖すぎる(>_<)

ノ・ウナ分析官がスヨンを怒らせてしまったため、ソヌの出番となる。
ソヌはスヨンから巧みに証言を引き出し、犯行現場を割り出すことに成功する。

スヨンだけ助かったのは、死んだ仲間の金を持ってこさせるためだという。
また、首謀者の顔を見たともいうのだが…この、顔にケロイドのある男は、中国で女のために作戦に失敗し、収容所に入っていた過去がある。
男とヘリムがつながりましたね。スヨンがここに来たのは、男の罠?

一人、帰宅したヘリム。
チャイムが響き、ドアを開けると…
―続くー

第2話「ケロイドの男」

ドアの前にいたのは、謎の男だった。
慌ててドアを閉めるヘリムだが、男はドアの暗証番号も知っていて、家に侵入されてしまう。

とっさに包丁を隠し持つヘリム。
土産にケーキを買ってきた男…ヘリムが夫にかけた電話も盗聴されていたようだ。
電話で夫のウソクに、ケーキを買って帰ってと頼んでいたのです…怖い(>_<)

二人の会話から、過去の因縁が明らかになる。
ヘリムもかつて北の工作員だった。しかし愛する人ができ、身ごもったヘリムは、上司のファン・ギチョルを騙し、爆破に巻き込んだ。
九死に一生を得たギチョルだったが、苦しい治療や、顔と身体に残ったケロイド、なにより自分を裏切ったヘリム(元の名、ソンヘ)を激しく憎んでいる。

南に渡り、幸せをつかんだヘリム。
死んだと思っていたギチョルが現れ動揺する…
家族に秘密をばらすと脅され、一度きりの約束で任務を引き受けるヘリムだが…
演技派の二人の対決シーンは、迫力満点です!

帰宅した妹のヨンソまでギチョルに会ってしまい、さらに盗聴器を発見し、慌てるヘリムだった。

一方、ソヌは自首してきた北の工作員スヨンの証言から、対南工作員の粛清を指導する男(ギチョル)が、中国作戦で仲間を殺した男だと知る。

北の家族を心配するスヨンに同情するソヌ。
キム・ヒョンテも北の監督官に何か恨みがあるようだ。
しかし、チーム長は情報にしか興味がない。
監督官=ギチョル?

ここはユンジンの家。
中国の作戦中に殺された仲間の夢を見るソヌ…うなされるソヌを心配するユンジン。
ユンジンはソヌがスパイだということを知っているようだ。
この二人がどうやって知り合い、愛し合うようになったのかは、まだわからない。

一方、ヘリムはウソクに話をしようとするのだが、仕事に熱中するウソクに、結局何も言うことができない。

翌日、ヨンソの塾の説明会に出席しているヘリム…そこにギチョルから電話が入る。いつのまにかバッグの中に携帯電話を忍ばせていたのだ。
北のスパイ恐るべし(>_<)

ギチョルはヘリムに、指定の場所にかばんを運べと命令する。
変そうして、市庁駅の「出会いの広場」に着いたヘリム。かばんを渡す仲間を待つのだが…

ソヌは出勤…昨日、出し抜いた形になってしまったウナの機嫌をとる。
なかなか世渡り上手なソヌ(*^_^*)

ソヌはスヨンにも気遣いをみせる。また、「ケロイド男」についての情報を求める代わりに、スヨンの家族の脱北を助けると約束する。

広場のヘリムにギチョルから、かばんを置いて帰れと連絡が入る。これで終われば良いのだが…
ヘリムが立ち去ろうとした時、かばんが爆発する~ギチョルの罠だったのだ。
爆破犯となり、その姿までも録画されていたヘリムは、ますますギチョルから逃れられなくなって行く。
えええーっ!どうするのー?ヘリム(>_<)

そして、ギチョルから本当の任務が告げられる。驚愕の任務とは…
―続くー

第3話「息子はスパイ」

ギチョルがヘリムに告げた任務とは、ソヌを抱き込むことだった。
ソヌが国家情報院の諜報員と知り、驚くヘリム。

一方、ソヌは地下鉄爆破事件の捜査を始める。
ついに運命の糸が複雑に絡み始める…
どうするんだ?どうなるんだ?(>_<)出口が見えません。

―翌日―
ウソクは大事なプレゼンの日。
出かける家族を見送った後、ヘリムは複雑な表情。
ヘリムは家族を守るため哀しい決意をし、手際よく逃亡の準備を始める。
スパイの顔のヘリム、かっこいいです(*^_^*)

ソヌが出勤すると、チームは撤収しスヨンの尋問も中止となっていた。
ソヌは、分析班の先輩ヒョンテを訪ね、スヨンの件で協力を仰ぐが、あっさり断られてしまう。
ヒョンテ先輩、厳しい(>_<)でも、いつか協力してくれそうな気も…

逃亡を図るヘリムの前に立ちはだかるギチョル…銀行口座は空、カードも使用できない、さらに息子の命、地下鉄爆破の動画と、どこまでも脅迫してくるのだ。
ヘリムもすごいのだけど、ギチョルが一枚上手なんだよね~どうする?ヘリム。

会社でプレゼンの準備をしているウソク。
急ぎ出発しようとしている時に、会社まで訪ねてきたヘリムと向き合うのだが…またしても話を切り出せないヘリム、何も気付かずに立ち去るウソク、もどかしいすれ違いとなるのだった。

しかしその後、異変に気付いたウソクもギチョルのことを知り、自首するというヘリムを必死に追いかけるのだ。
ウソクも全てを知っていたとは! この後の夫婦のカーチェイスもすごい迫力です!

ウソクは、ついに強引にヘリムの車を止める。
北の工作員だと自首すれば、家族とは二度と会えない…ウソクの必死の説得にヘリムも思いとどまり、自宅に戻る。
ウソクとヘリムの涙のシーン~もらい泣き(;_:)

両親が大変な状況に陥っているとも知らず、ソヌは同僚のウナを迎えに酒場に行く~ウナの合コンは失敗に終わったようだ。
この後、ソヌはウナの愚痴を聞き、さらに酔いつぶれたウナを自宅まで送り届けるはめになる。
収穫もあった…ヒョンテの仇は、対南工作員のトップ「監督官」だった。
優しいソヌは、ウナの面倒も(*^_^*) こういう時、必ずおんぶするんだよねー!韓国の俳優さんは大変です!

一方、ギチョルに会いに行くヘリムとウソク。場所はバッティングセンターだ。
「死ぬも生きるも一緒だ」←ウソクがだんだんカッコよく見えてきます。

執拗にソヌを欲しがるギチョルに、ウソクは自分たち夫婦が北のスパイとなることを提案する。
ギチョルがトップではないらしい。もっと怖い黒幕がいるの?意外な人物だったり?ドキドキです(>_<)

ユンジンとの待ち合わせ場所に、ウナを背負って現れたソヌ。
さすがに呆れるユンジンだが、ソヌに悪気がないので怒れない。
ソヌとユンジン、いいカップルなんだよねっ! 幸せになれるかな?雪の中のキスシーン(*^_^*)

自宅に戻り、話し合うウソクとヘリム…取り合えず時間は稼げたものの、前途はあまりにも多難だ。一体どうやって解決するのか?
何も知らないヨンソが帰宅する。子供たちを巻き込むわけには行かない…眠りにつくことが出来ないウソクたちだった。
こちらも、いい夫婦なんだよねー。がんばれー!

―翌朝―
いつも通り、家族四人が食卓を囲み、いつも通り、それぞれが出かけて行く。

一見、変わらない朝だったが、またも電話のベルが響き、ギチョルに呼び出されたヘリムは、武器を隠し持って出かける。

一方、ソヌはチーム長に「工作員を助ける方法がある」と話を持ちかける。

北のアジトに着いたヘリムは…
―続くー

1~3話感想

スパイものなので、ジェジュンのアクションシーンを期待していましたが、まだお預けでした。代わりにヘリム役のペ・ジョンオクとギチョル役のユ・オソンの存在感に圧倒されました。最初からスピード感あふれる展開で引き込まれますが、早くも絶体絶命の危機を迎え、今後どうやって打開していくのか?次回が待ち遠しくてたまりません。

※場面がどんどん変わるので、あらすじを書くのに苦労しました。次回から、もっとわかりやすく、楽しくなるよう努力しますのでよろしくお願いします。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください