スベクヒャン-あらすじ-55話-56話-57話-挿入歌も大人気!あらすじ感想ネタバレあり!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、ソルランとソルヒは再開を果たし、ソルランは心の底から喜びましたが、ソルランは、嬉しい思いはあるようでしたが、結局ソルランを味方につけて、うまく動かそうと思っているようで、自分達のことはみんなには内緒にしようということになりました。ソルランはソルヒに会えた嬉しさで少し我を失いかけていますが、冷静になって気がついた時にどうなるのか心配です。

では、今回は55話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【スベクヒャン】(ネタバレあり)

帝王の娘スベクヒャン 55話

ソルランは、王妃の侍女としてスベクヒャン(ソルヒ)に取り入るために、スベクヒャン(ソルヒ)の部屋に甘酒を持っていった。
ソルランはなぜ、ヘ佐平を訴えたのかと聞いた。それは、王様が愛した娘の私を憎んでいる王妃がへ佐平を使い、私を王宮から追い出そうとしているからだとソルヒは嘘をついた。

ソルランがうまくスベクヒャン(ソルヒ)に取り入ったことを王妃はよく思わなかった。

へ佐平が投獄されて沈む王妃様の横でルンルンだったからね

スベクヒャン(ソルヒ)は、お礼にと王妃に薬草を贈り、これを飲めば子供が生まれると侍女に伝えさせた。
王妃は、王様に冷遇されている私を馬鹿にしていると言って、スベクヒャン(ソルヒ)の元へ行った。
王妃は、夫人達が言っていたことも一理ある。王女は王妃に挨拶もせず、礼儀知らずで、思慮深さもない。罰として髪を解き、興徳(フンドク)宮の前で罪を詫びよ。と王女に言った。

これは、さっきの嘘を本当に見せるためか

王女が体を壊してしまうと止めるソルラン達に、王妃は、王女の姿を見て王様が怒り、自分の気持ちを少しは分かればいいと言った。

外は雪が積もっており、(スベクヒャン)ソルヒは今にも倒れそうになっていた。

もしかして、これで王妃を追い出すつもりとか?

王妃は、王女を下がらせろと命じたが、茶と香を禁じ、一日三度の食事のみを与えろとソルランに言った。

王妃様のことも私が守るし、2度と離れないとソルランはソルヒに言った。

トリムは王様に指示され、密偵探しに取りかかった。太子とピムンの訓練教官テウンと共に、怪しいものを探ることにした。
トリムはピムンに犯人がいるのではないかと考えていた。
テウンはありえないと怒った。
トリム達は、ヘ佐平は内通していないという噂を流した。

ソルヒのために、ソルランが裏切ることになりそうで怖い

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 56話

へ佐平は、本当に高句麗に内通したものと、交わした書状を、もっている。そんな噂を流し、犯人が書状を取り替えるように罠をしかけるとトリムは言った。ピムンはそんな罠にはかからない。といってテウンは怒った。
サドは罠にはまり、ソルヒの為に書状をすり替えた。

太子はトリムに、最近王女と親しくしていた者が怪しい。よく思い出して欲しいと言われ、チンム公、ヨン達率、ソルランの顔を思い浮かべた。

ソルランが奪った書状を太子の部下が盗み、それをまた、サドが奪ったとソルラン達は説明した。サドはまんまと罠にかかったようだ。

どうなるの?

投獄されたサドは、金が欲しかったと嘘をついた。
太子はこのことにスベクヒャン(ソルヒ)は関わっているのか、本当のことを言えば命は助けると話した。

サドは、自分が王女を利用したと話した。偽の書状を見せると王女は憤慨し、ヘ佐平の罪を王妃の誕生会で話したのだと。
サドは、嘘をついていると太子に見抜かれ、理性を失うまで拷問を受け続けた。

サドは、10歳でピムンになり、薬草に熟知したが、味覚を失った。そこを教官に拾われた。
ソルヒはその話を聞いたとき、サドに秘密を教えた。
本当はソルランは王女で、私は妹。厚かましくたちの悪い女だからみんなに疎まれると。
このことを王様に言う?それとも私を助けてくれる?力をかして。とソルヒはサドに頼んだ。

サドはやっぱりソルヒが好きだったのか。いや愛していたのか。

スポンサーリンク

サドは最後まで金が欲しかったと嘘をつき死んだ。

涙 涙 涙

太子は、スベクヒャン(ソルヒ)に付く前のサドはそんなことはしなかった。おかしいと考えた。それを王様に話したが、王様は王女を疑いたくはないようで、それを組んだ太子は、サドの言うとおり一人でしたことだと王様に告げた。

こういうので国が潰れるんじゃない?トリムの時みたいに

ヘ佐平は牢獄から出てきた。
それを見たソルランはソルヒに王妃様に許して貰えれば安泰だと話した。

ソルヒはヘ佐平の顔を見て怯えているようだけど

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 57話

王様は、サドの裏切りは偶然でしょうかと太子に聞かれ、意を決して王女を呼んだ。
王様は、象牙の童子像を送り、不足しているものはないかと聞いた。
スベクヒャン(ソルヒ)はないと答えた。

王妃は、王様が自分を訪ねるように仕向けるように、ソルランに言った。

ソルランは王様が王妃を訪ねるように話したが、王様に見破られ、王妃に言われてやっていることだと全て話した。

そこでソルランは、王様に何か策を立てるよう頼まれ、王様が王妃に偶然会うように仕向けた。
そして、二人の仲たがいはなんとか収集した。

よかった~

ソルランは王様に王妃を笑わせて欲しいと頼まれた。

王様はなぜ王女が2度も高句麗の密偵を探そうとしたのか気になっていることをトリムに話した。
トリムは、王女は王様も知らない動機があるのではないか?王女の父である王様が調べるべきではないかと言った。

マングはソルランに、俺の嫁に来ないか?最近綺麗に見えると言った。
ソルランは、何が?と言って全く気がついていなかった。

しかし、その様子を太子が見ていた。

大変よー。でもこれで、太子に火が着いたらいいな。

ソルランはスベクヒャン(ソルヒ)に王妃に謝罪するように言った。スベクヒャン(ソルヒ)は謝罪したが、王妃はヘ佐平に謝るように言った。

スベクヒャン(ソルヒ)はヘ佐平に謝罪し、ヘ佐平の為に刺繍をすることになった。
自分を疑うもののためになぜ刺繍をしなければならないのかとスベクヒャン(ソルヒ)は憤った。

王妃様の怒りも収まり、安心したソルヒは、今までのように姉さんとこうして暮らすのも悪くないと思った。
だけど、その時、ソルランが聞いた。
なぜ年をごまかしたのか?母さんが父さんを裏切ったなんて思えないと。本当のことを話してとソルランは、言った。

こうなると、ソルランが邪魔になるね

チンム公は、狩りに夢中になっていた。一緒に狩りをする相手が出来たのだ。
その相手はクチョンだった。

クチョンは、高句麗の密偵として、上手くチンム公に近づいたのだ。
チンム公は、百済で最もユン(王様)を憎んでいるから、近くにいれば必ず殺す機会が訪れると高句麗の将軍ウルミルは言った。

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 55~57話感想

ソルヒの心がソルランが傍にいることで変化してきました。しかし、ソルランは本当のことを話して欲しいとソルヒに聞いてしまいました。
予想では、ソルヒはソルランを遠ざけるような気がします。
そして、ソルヒの父、クチョンも2人の姉妹に近づいてきました。
チンム公に密かに近づき、王の首を狙っています。姉妹が生きていると知れば、やめるのでしょうか?もしも、クチョンが王様を殺めたら実父を殺されたソルランはどうなるのかと今から怖いです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください