スベクヒャン-あらすじ-85話-86話-87話-挿入歌も大人気!あらすじ感想ネタバレあり!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

スニムン王は、餓えた民を盗賊から助ける為に百済の王に返書を送りました。
そこには、百済がキムンの盗賊を一掃すれば、キムンを百済に委ねると書いてありました。
百済とキムンは一つになれるのでしょうか?
そして、任務を終えたソルランは太子の元へ帰ることはないのでしょうか?

では、今回は85話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【スベクヒャン】(ネタバレあり)

帝王の娘スベクヒャン 85話

高句麗ウルミルはクチョンが百済の王を殺すつもりがないと聞いて、クチョンを、殺そうとした。
しかし、スベクヒャン(ソルヒ)王女に高句麗の密偵を教えて欲しいと頼まれていたことを思いだし、自分にとって必要のなくなったクチョンのことを教えることで恩を売っておくことにした。

ややこしいことになってきたね

クチョンは、目と耳が聞こえない代わりに鼻が効いた。ソルヒが嘘をついていると分かったのだ。ソルランはどこかで生きているとクチョンは確信していた。

トルデとマングがキムンから去り、ソルランも一緒に戻ることになっていた。
しかし、ソルランは誤魔化してキムンに残った。

太子は王妃にソルランを従女に欲しいと、手を握り頼んだ。
しかし、ソルランはまだキムンに残っているという。太子はすぐに呼び戻すようにへ佐平にどなった。

太子様~

クチョンはソルランを、見つけるため故郷に帰ろうとしていた。

そして、ソルランもスニムンに暇をもらい、故郷に帰ろうとしていた。

二人は会えるの?!

帝王の娘スベクヒャン 86話

ヨン達率は、スベクヒャン(ソルヒ)にチンム公と結婚しチンム公を王にすることが、自分を守るためだと話した。
太子はスベクヒャン(ソルヒ)を煙たがっている。王様はいつまでも守ってくれないとスベクヒャン(ソルヒ)に吹き込んだのだ。

スベクヒャン(ソルヒ)は、キムンに密偵としてソルランが送られ、任務を成功させたと気がついた。そして、ソルランが帰ってきて自分を追いやるつもりだと思った。

スベクヒャン(ソルヒ)はチンム公に、キムンとの和解を成立させないために密偵を送ったことをキムンに伝えるようにいった。
チンム公はヨン達率をキムンに送り、ヨン達率は見事にスニムンにカヒ(ソルラン)が密偵だと疑いの目を向けさせることに成功した。

ソルランが、次にやったら許さないと言ったのにやったな。

ソルランとクチョンは故郷で再会を果たした。

帝王の娘スベクヒャン 87話

クチョンと再会をしたソルランを、キムンの臣下が追ってきた。
クチョンは1人戦い怪我をおった。

せっかく再会できたというのに

ソルランは、スニムンの所へ戻ることにした。
ソルランは、眠っているクチョンに、すぐに戻り二度と離れないと約束した。

密偵を送ったことが露見し、スニムンがソルランが密偵だと勘づいたとへ佐平は王様に報告した。太子はキムンへ行くと王様の承諾を得た。

ソルランの為に太子様がんばって!

ソルランはスニムンの元に戻った。
スニムンは妹のように思っていたのにと言って、ソルランに剣を向けた。
ソルランは、名は偽ったがそれ以外、偽ったことはないと言った。
盗賊に親を殺されたところを百済の太子に助けて貰い、キムンを救うために私は来たのですとソルランは言った。
そこに、太子が到着した。

グッドタイミング!

ソルランは太子がキムンの民や自分を救ってくれると信じていた。

太子は、百済の船で遠方の国へ出向き、キムンの玉を高額で売り、盗賊に家を奪われた民に家を与えると言った。
その話を笑い飛ばしたスニムンの様子を見た太子は、ソルランを取り戻すために、膝まずきソルランを助けて欲しいと頼んだ。

太子はどちらも得られるのか?

スニムンは、民の1人であるソルランの為に膝まずいた太子を見て、王の器なのだなと言って称えた。
太子は自分よりも王にふさわしい男だ。お前が正しいとスニムンはソルランに言った。

よ、良かった~

そして百済とキムンが一つになった。

スニムンは妹のヨンアが自分を恨んだ時のようにソルランに恨まれるのは嫌だ。だから太子と共に百済に帰れといった。

スニムンの心が穏やかになって良かった。ソルランのおかげだね。

太子とソルランは足止めをくらい一晩泊まることになった。
そこで、太子は布団に寝ころびソルランに自分の腕に寝ころぶように言った。

おやおや、腕枕かい?

ソルランは、故郷のことを聞かれ誰にも会えなかったと嘘を言った。

太子はもしも私のそばを離れたらその時はもう終わりだと言った。
二度と会わず、お前を恨むだろうと。

辛い、辛すぎる~

太子は、ソルランのおでこにキスをしてそのまま眠ってしまった。
起きた時にはソルランは居なくなっていた。

ソルランはクチョンの元へ戻っていた。
クチョンはソルランを連れていこうとした者は誰なのかを紙に書いて聞いたが、ソルランはこれからはずっと一緒だから少しずつ話すと言った。

クチョンは、ソルヒを連れ戻さなければと言った。

一体どうやって?

帝王の娘スベクヒャン 85~87話感想

ついにソルランとクチョンが会えました。良かったです!クチョンは、命を狙われているし、どうなってしまうのかはとても心配です。
そして、またソルランに居なくなられてしまった太子様のことも心配です。
クチョンはソルヒをそのままにはせずに連れ戻すつもりのようです。
一体どうなるのか気になります!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください