スベクヒャン-あらすじ-34話-35話-36話-挿入歌も大人気!あらすじ感想ネタバレあり!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

王様が自分をのけ者にし、笑っている姿を見たチンム公は、スベクヒャン(ソルヒ)を使って王様に復讐することを決意しました。
ソルランは王宮内での任務に成功しました。すぐ側にはスベクヒャン(ソルヒ)が居たのですが、二人が気がつくことはありませんでした。

では、今回は34話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【スベクヒャン】(ネタバレあり)

帝王の娘スベクヒャン 34話

太子は、ソルランの血が出た手に布を巻き、ソルランを手当てしてくれた。
それから、ソルランに弓矢を的の真ん中に当てるコツを教えてくれた。
ソルランは、的の中心に弓を当てることに成功した。

また、スベクヒャン(ソルヒ)の事を奥様方がバカにした。その時、王様までも老いぼれと言われ笑われたスベクヒャン(ソルヒ)は奥様方に罰を与えることに決めた。スベクヒャンは王妃に頼み、刺繍の品評をすることになった。

スベクヒャン(ソルヒ)は、奥様方の刺繍を酷評することで復讐をした。
そんなスベクヒャン(ソルヒ)に対して奥様はまた無礼な言葉を投げ掛けた。
スベクヒャン(ソルヒ)は平手打ちをし、王妃や王女に敬意を払わないものをひれ伏させることに成功した。

スベクヒャン(ソルヒ)は凄い。そんな様子をきょとんと見ている王妃様の汚れのなさよ。

チンム公は以前から何度もスベクヒャン(ソルヒ)の部屋に花を置いていた。
チンム公は、見つかったふりをして、スベクヒャン(ソルヒ)に赤面してみせた。
これは、スベクヒャン(ソルヒ)を振り向かせる作戦のようだ。

太子から、女のピムンは難しいと言われたのを私が無理を言って入れたのに顔に泥を塗るのか?と言われたソルランは、その言葉を胸に、寝る間もおしんで自主練を重ね、男達よりも上達していった。

ソルラン、偉い!そんな太子の存在は大きくなっているんだろうな。

盗賊の兄貴(トルデ)と女将(ヨオク)は愛を深めていた。

そんな時、高句麗軍がトウジャン城を侵略したという知らせがあった。

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 35話

スベクヒャン(ソルヒ)は、高句麗軍がトウジャン城を侵略したと聞いて、王妃を訪ねたが、なにも知ることは出来なかった。
スベクヒャン(ソルヒ)は、チンム公を訪ねて、助けて欲しいと頼んだ。百済と高句麗のことを教えて欲しいとスベクヒャン(ソルヒ)は言った。

チンム公は話を始めた。また、ソルラン達もその話を別の場所で聞かされいた。

王様の父蓋鹵(ケロ)王は素晴らしい王だった。ある時一人の僧が王様に会わせろと王宮の門を叩いた。
王様と碁を打ちたいとその者は言った。王様はその者が負けたら命を奪うと言って王宮に入れた。僧は蓋鹵(ケロ)王に勝ち、王の側にいることに。
その者の名をいうことは禁じられている。
その者の名は、僧侶トリム。

蓋鹵(ケロ)王はトリムをかわいがった。
だが、その者の正体は高句麗の密偵だった。
トリムはトウジャン城の門を開け、漢城宮(ハンソン)は占領された。

そして、蓋鹵(ケロ)王は高句麗軍に捕まった。将軍は跪く王の顔に唾をかけた。王は首をはねられた。

酷い

スポンサーリンク

だから、その名を言うことは禁じられている。

王様は高句麗と戦わないことに決めた。
今は力がないと感じたのだ。
王様は太子にトリムの話を始めた。トリムは皆から好かれ、王様もトリムを好きだった。
王様は、トリムを殺さなかった。トリムは女で皆の役に立つから。
トリムは蓋鹵(ケロ)王の愛した女人だった。
蓋鹵(ケロ)王は最後までトリムが高句麗の密偵ということを信じなかったそうだ。

トリムはまだどこかで生きてる?出てくる?

ソルラン達は10万の兵より役に立つトリムに学べと言われた。

王様はトリムに会うから連れて来いと言った。

お城にいるのね

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 36話

王様は、トリムにトウジャン城に攻め入った高句麗の興安(フンアン)という者について教えろと言った。トリムは用意した書物を王様に渡した。それを見れば興安(フンアン)の性格がわかるという。勝てぬ戦いはしない男だとトリムは言った。

王様は、トリムは高句麗について詳しいから、トリムを生かしているだけで、漢水(ハンス)を取り戻したらトリムを殺すと言った。
トリムはなぜ高句麗に帰らなかったのかとネスクに聞かれ、帰ることはできなかったと言った。また王様も同じことを言った。

なぜ?蓋鹵(ケロ)王を愛したから?

ソルラン達も高句麗軍の様子を探ることになった。できなければ、皆ピムンになれない。
ソルランは、盗賊のトルデとマングとチームを組むことになった。
トルデはヨオクを訪ね、無事帰ったら子を産んで欲しいと言った。2人はキスを交わした。

なんかこの二人のやり取りを見ていると笑ってしまう。

絵の才能があるマングが敵の様子を絵に書き、ソルランとトルデが補助する。ソルラン達は敵に見つかり、言われた通り命を奪おうとした。
相手は子供でソルラン達は敵を殺さなかった。

ばれたらピムンになれないんだけど、どうなるのかな?

トルデが書いた絵は、王様に届けられた。
そして、高句麗の兵が餓えていることを知った
王様は高句麗軍の城の米をピムンに買い占めさせた。
それから、興安(フンアン)に書状を出した。
負けを恐れる興安(フンアン)の兵のために、食料を与えようというのだ。
興安(フンアン)から書状が来たが、話しは百済ですること、それから、スベクヒャンを送るようにということだった。

人質ですか。どうする?

ソルランは除外し、みんなピムンの試験に合格した。
ソルランは一人呼ばれ、贈り物を貰った。
それは、韓服だった。そこに太子が来てソルランを見ると、「悪くはないな。」
と言った。

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 34~36話感想

今回は、蓋鹵(ケロ)王の話が印象的でした。王様の父である蓋鹵(ケロ)王がこのような死に方をしていたとは、驚きました。
トリムの存在にも驚きました。信じていた者を裏切り、王を殺した。王に愛されていながら。
百済にとどまるのはなぜでしょう?気になります。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください