ダークホールのあらすじを感想付きで全話ネタバレで詳しく紹介!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回ご紹介するのは韓国で2021年 4月30日から6月5日まで放送された『ダークホール-愛を奪う闇-』です。

主人公のレッカー運転手ユ・テハン役を、「秘密の森~深い闇の向こうに~」「リセット~運命をさかのぼる1年~」など様々な作品に出演し、“カメレオン俳優”と呼ばれているイ・ジュニョクさんが演じます。

そして、変種人間を相手に戦う協力者、イ・ファソン刑事役は、「パンドラ 小さな神の子供たち」のキム・オクビンさんが演じます。

その他、数々の作品で評価されている豪華俳優人が出演しています。

このドラマは、夫を連続殺人犯に殺された過去を持ち、今もその犯人を追っているイ・ファソン刑事(キム・オクビン)が、レッカー運転手のユ・テハン(イ・ジュニョク)と共に、黒い煙を吸ったことで変種人間となった人間達に立ち向かう物語です。

ここでは韓国ドラマ『ダークホール-愛を奪う闇-1』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきます。

どうぞお楽しみにしてくださいね♪

スポンサーリンク

ダークホール あらすじ

イ・ファソン刑事(キム・オクビン)は夫を連続殺人犯に殺された過去を持ち、今もその犯人を追っていました。連続殺人犯の情報を受け、ファソン刑事は、ムジ市に向かいました。

レッカー運転手のユ・テハン(イ・ジュニョク)は仕事の依頼を受けて、相棒のナム・ヨンシクと共に現場へと向かっていましたが、ヨンシクの様子が急変します。病院で暴れ逃げたヨンシクを追って山に入った警察は、巨大な陥没穴を発見しました。

陥没穴の黒い煙のせいで黒い煙によって変種人間となってしまった人々により、ムジ市は一瞬で生き地獄になってしまったのです…。

ダークホール-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

見どころポイント

とにかくずっと落ち着く暇もなく怖いところです。なので、サスペンススリラーが好きな方にはおすすめです。

多くの人がゾンビみたいになって襲いかかってくる展開は、めちゃくちゃ怖いです。

日本でいうと、竹内涼真さん主演の『君と世界が終わる日に』を思い出します。人々が変種人間になって襲ってくる話です。
友達や知り合いに殺されそうになってしまい、やむおえずやり返すしか生きる道はないというような、強いものが勝つ世界。

自分なら、極限状態になったときにどうなるのかなと想像して、意外と感情移入してしまいました。

愛するひとを守れるのか?そのためには、どうするのか?を考えさせられる物語になっています。

ダークホール キャスト・登場人物

韓国ドラマ『ダークホール』のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールを紹介していきます!

ユ・テハン役・・イ・ジュニョク

レッカー車運転手。元警察官。ファソンの協力者。不測の事態が起きたことからファソンに出会い協力する。

イ・ファソン役・・キム・オクビン

ソウル地方広域調査隊刑事。テハンの協力者。
夫をイ・スヨンに殺害される。不測の事態が起きてしまい、母親から託されドユンを保護する。

イ・スヨン

連続殺人魔。
ファソンの夫を殺害した後も殺害を続けている。
顔が描かれた布をかぶり犯行に及んだ後、殺害した被害者の顔にも布を被せ顔を描いているわ

チョン・ドユン役・・イ・イェビ

ムジ病院の看護師の娘。ケハ小学校の、1年生。不測の事態が起き、ファソンに助けられる。

ナム・ヨンシク役・・キム・ハンジョン

テハンの友人。レッカー車運転手。

パク・スニル役・・イム・ウォニ

派出所の警察官。テハンの警察官時代の先輩。
テハンの協力者。

チョ・ヒョノ役・・チョ・ジアン

スンイルの後輩警察官。
新婚で妻のジエは妊娠中で、もう少しで出産を控えている。

ダークホール 評価・レビュー

韓国ドラマ「ダークホール」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

ネタバレを表示する

イ・ファソン刑事(キム・オクビン)は夫を連続殺人犯に殺された過去を持ち、今もその犯人を追っていました。
連続殺人犯の情報を受け、ファソン刑事は、ムジ市に向かいました。

レッカー運転手のユ・テハン(イ・ジュニョク)は仕事の依頼を受けて、相棒のナム・ヨンシクと共に現場へと向かっていましたが、ヨンシクの様子が急変します。
病院で暴れ逃げたヨンシクを追って山に入った警察は、巨大な陥没穴を発見しました。
黒い煙によって変種人間となってしまった人々により、ムジ市は一瞬で生き地獄になってしまったのでした…

主人公のレッカー運転手ユ・テハン役を、「秘密の森~深い闇の向こうに~」「裸の消防士」など様々な作品に出演し、“カメレオン俳優”と呼ばれているイ・ジュニョクさんが演じています。

イ・ジュニョクさんは、2008年の恋愛ドラマ「彼らが生きる世界」では、ヒョンビンさんと恋人役のソン・ヘギョさんを巡り対立する役柄を演じました。

今回は、サスペンススリラー作品でしたが、これまで様々なジャンルの作品に出演されており、その容姿はさることながら、演技からも目が離せない役者さんです。

そして、変種人間を相手に戦う協力者、イ・ファソン刑事役は、「パンドラ 小さな神の子供たち」「悪女」のキム・オクビンさんが演じています。

キム・オクビンさんといえば、映画「悪女」が有名です。さすがテコンドーで黒帯を持つだけあり、アクションシーンは圧巻の迫力で手慣れたものでした。
今回の作品でも、その実力はしっかりと発揮されていたと思います。

この作品の最後では、怪物に取り込まれた人、取り込まれなかった人が分かれました。

その部分は深く印象に残りました。

これは、今回は怪物に例えられたけど、現実にもあることだと思いました。

自分の弱い部分を見て恐怖に怯え、自殺したり、人に危害を加えたりする人もいる。

でも、主人公のファソンのようにそんな自分にうち勝つ人もいる。

誰もがファソンのように、辛いことをはねのけて弱い自分に打ち勝てたらいいのになと思いました。

脚本はチョン・イドさん!

「ダークホール」の脚本家は「他人は地獄だ」「君を守りたい」
「アイテム」などのドラマを担当したチョン・イドさん。

私は「他人は地獄だ」と「君を守りたい」は視聴済なのですが、
「君を守りたい」にでていた、ソ・イェジさん演じるサンミの
お父さんであるチョン・ヘギュンさん演じるイム・ジュホが
そのままの設定と名前で登場!

「君を守りたい」は、カルト教団の救船院に立ち向かう若者たちの
ストーリーでしたが、教祖が気持ち悪すぎて(笑)
とんでもない人なんです。それなのに、
このイム・ジュホ、サンミのお父さんが完全な猛烈信者で、
全然洗脳?がとけないんですよね。娘のサンミがかわいそうすぎて
見ているのが辛かった記憶が…。
とにかく怖い話だったのを憶えています。

また「他人は地獄だ」にも出演していたアン・ウンジさんは
「ダークホール」にも出演。
「他人は地獄だ」のときにイム・シワンさん演じるユン・ジョンウが
頼っていた警官のジョンファの役でした。ダークホールでも
同じ名前でファソンの後輩刑事役として出演していましたね。

「他人は地獄だ」にこれまた出演していたジョンウが務めていた
広告代理店の劣等感にとらわれまくりの室長キム・ハンジョンさんも、
ダークホールにも出演していました。かなりインパクトのある
俳優さんなのでわかりました。
ダークホールでは、レッカー運転手の役のナム・ヨンシク役でしたが。

監督や脚本家の方が同じだと、出ている出演者も重なったりすることは
よくあると思うのですが、
同じ脚本家の作品で、別のドラマでありながら、役柄の設定や役名まで同じで、
出演していることもあるんだな~と新鮮な感覚でした。
別のドラマなのに、リンクしている部分があるのもおもしろいですね。

演技力もすごい子役のイ・エビッちゃん!

お母さんを失い、刑事であるファソンにより助けられ生き残っていた
子チョン・ドユン。変種人間があふれる中、ファソンは必至にこのドユンを守っていました。
ドユンを演じたのは韓国の子役、イ・エビッちゃん。

どこかで見たことあるな~と思ったら、「謗法~運命を変える方法~」
にも出演していました。呪いの能力を持つ謗法師である、チョン・ジソさん演じる
ペク・ソジンの子供時代の役で出ていたんですよね。
このドラマにも神おろしや巫女などが出てきていたのですが…
この時は、お母さんであるキム・シンロクさん演じる祈祷師のソクヒに
謝られながらも呪いの能力を幼いながらに使わされたり、
寝込んでいたり、とにかく苦しんでいることが多くて…
見ている側も辛くなるような演技がぐっと来ていました。

スポンサーリンク

イ・エビッちゃんは2011年生れ。
「ダークホール」の韓国での放送が2021年からだったので、
出演当時は10歳だったんですね。ドラマ「悪い愛」でデビュー。

イ・エビッちゃんは、ママが管理するアカウントでInstagramも
開設していましたが、今は、またまた大きくなって、
髪もロングヘアーに!長い髪をお団子ヘアにまとめたり、カフェでお茶を
していたりと、かわいらしい写真がたくさん掲載されていました。
うるうるした大きな目が印象的♪

どんどん成長する時期なので、今後はまた色々な役柄での
活躍が期待できる子役の方ですね!

頼もしかったユ・テハンを演じたのはイ・ジュニョクさん!

もと警察の頼もしく、タフなレッカー記者ユ・テハン。
とにかく強靭、タフでしたよね。正義感をもって、ファソンと一緒に
変種人間だらけの中でも立ち向かい、勇敢で頼もしい存在でした。
ファソンの精神的支柱でもあった存在、そんなユ・テハンを演じたのは
韓国の俳優イ・ジュニョクさん。

イ・ジュニョクさんは、1984年生れ。イケメン俳優、演技派俳優としても
日本でも人気がある方ですよね。

個人的に印象的なドラマは、「みんなの嘘」での
JQグループ後継者、チョン・サンフン役。
最後の方まで良い役なのか?悪役なのか?どっちー?!と
ハラハラしながら見ていたのを思い出しました。
「サバイバー・60日間の大統領」では、オ・ヨンソク役で出演。

ドラマ「その年私たちは」では、キム・ダミさん演じるクク・ヨンスと絡みがある、
マーケティング部のクールなチーム長で出演していました。
いやいや、こんなかっこいい人が、チーム長にいる会社そうそうないでしょ~
とか思いながら見ていました。(笑)

スタイルの良さとイケメン風貌で、スーツ姿や、お金ちの役柄の印象も強いのですが、
「秘密の森」「青い鳥の輪舞<ロンド>」「赤道の男」「シークレット・ガーデン」
「マッド・ドッグ~失われた愛を求めて」「裸の消防士」「キミはロボット」
「ミスティ~愛の真実」「リセット~運命をさかのぼる1年~」
など、様々な作品に出演しています。

今回のダークホールでは、自分が危ない状態になっても、
人を命がけで守ろうとする姿が印象的でした。

最近ではマ・ドンソクさん主演の人気映画「犯罪都市」の
シーズン3に、出演。イ・ジュニョクさんはマ・ソクドと対立する
悪党役のようですね。悪党姿も見てみたい感じがします!
また、ミステリースリラーオーディオムービーの、「リバース」にも
主演。イ・ソンビンさん演じるミョジンの婚約者でソファングループの
次期会長役を演じるようです。

映画やドラマで活躍、エリート系の役柄や弁護士、熱くて正義感あふれる役柄など、
色々な演技を見せてくれるイ・ジュニョクさんの演技に今後も期待しています♪

イ・フォソンを演じたのはキム・オクビンさん!

夫を殺され、トラウマを抱えながらも果敢に立ち向かい闘う
姿が頼もしかったソウル地方庁広域捜査隊の刑事、イ・ファソンを
演じていたのは韓国の女優キム・オクビンさんです。

何が起こるか分からない、見ている側からすると、
ハラハラが止まらない世界の中で、勇敢な姿が印象的です。

キム・オクビンさんは、1986年生れ。
ヘアスタイルによって、イメージがとても変わる女優さんだな、と
まず最初に思いました。
天性の演技力が注目されている女優さんだそう。
韓国映画の「悪女」に出演。アクションも素晴らしいと定評がある
女優さんです。
「ハノイの新婦」「剣と花」「こんにちは、神様」
「オーバー・ザ・レインボー」などドラマや映画に活躍しています。

Instagramを見ると、なんと、最近
日本にもいらしていたようで。プライベートでの旅行なのか?紅葉の関西方面へ。
お寺の写真や、おそらくUSJで撮影された写真なども
掲載されていましたよ!あのグリコの看板が見える場所でも♪
実物でみたら、振り返るくらい綺麗な女優さんなんじゃないかな~
と思います!

ムジ市の巫女キム・ソンニョを演じていたのはソン・サンウンさん!

ムジ市の巫女を演じていたのは韓国の女優、ソン・サウンウンさん。
巫女姿も妙に似合っていました。
声がとってもかわいくて印象的な女優さんですよね!

で、やっぱりこの巫女どこかで…と思ったら、私は
「プライバシー戦争」での経理担当で覚えていました。
巫女役とはまた全然違い、
スパイ興信所の経理でありながら、ユニークな役柄で、
ちゃんと経理の仕事をしていないおちゃめな雰囲気が印象的だったんですよね。

ソン・サンウンさんは、1991年生れ。
ドラマ「あいつがそいつだ」「ザ・キング永遠の君主」「まぶしくて」
「アビス」「君のハートを捕まえろ!」「私の彼はエプロン男子」
などにも出演。
Instagramでは、ゴルフをしている写真や、共演者の人たちとの
オフショットなども掲載していました。歌声も披露していますが、歌も上手で
やっぱり声がとってもかわいい!
これからも色々な作品でお見掛けするだろうな~と期待している女優さんです♪

個性的な警察パク・スンイルを演じていたのはイム・ウォニさん!

ムジ市の派出所の警官で、テハンを助けてくれていたパク・スンイルを演じた
のは、韓国の俳優イム・ウォニさん。

イム・ウォニさん色々なドラマでお見掛けする、実力派俳優ですよね。

イム・ウォニさんは、1970年生れ。
大学時代に演劇を学び、舞台「ロミオとジュリエット」でデビュー。
ドラマ「僕を溶かしてくれ」では、冷凍人間として
長い間冷凍され、若い姿のまま戻ってきたチ・チャンウクさん演じる
マ・ドンチャンにたじたじの、TBO芸能局長の役柄をコミカルに
熱演していたのが記憶に新しいです。

「浪漫ドクターキム・サブ」「補佐官」「ムーブ・トゥ・ヘブン」
「ナインルーム」「青い海の伝説」「ホント無理だから」など様々なドラマに出演。

個性的で、ユニークな役柄が多いように感じますが、
警官姿も撮っても似合っていました♪
イム・ウォニさん、ドラマには欠かせない名バイプレーヤーではないでしょうか。

視聴率は?怖いもの見たさのゾンビもの!

「ダークホール」はOCNドラマチックシネマプロジェクトの作品で、
韓国では2021年から放送されたドラマ。

視聴率は、初回は1%代だったものの、
0%台で推移を続け、最終回でもOCN歴代ワースト
記録になってしまったようです。
あまり視聴率は振るわなかったドラマのようですね。

遅い時間帯だったことも影響しているのかもしれませんが、
ゾンビやホラー系は好き嫌いが分かれるジャンルともいえるからかも
しれませんね。

怖いもの見たさで、ゾンビものも見たりしますが、
今回のダークホールでのゾンビは目が黒くなるのが怖くて怖くて。
白い部分がなくなると、こんなにゾッとするものなのね…とまずそこを
思いました。ドキドキハラハラの連続で、リアル逃走中の
雰囲気のドラマだったように感じます。
黒い煙を吸い込まないようにするために、つけていたガスマスクは
なんだかコロナを思うと、リアルに感じてしまった部分もありました。

韓国のゾンビもの、ひとことゾンビと言っても、色々な
パターンや背景がありますよね。

韓国ではKOREAのKを取って「K-ゾンビ」というワードまであるそうで。

映画の「新感染」は日本でもかなり話題になりましたよね。

ドラマ「今、私たちの学校は…」は、学校内でどんどんゾンビが増えて、
感染していってしまう恐怖。ゾンビウィルスがとてつもない
スピードで…仲良しの友達や、好きな子がゾンビウィルスに
感染してしまって、どうしていいのかわからないという悲しさと
切なさもあふれるドラマでした。

ドラマ「Sweet Home -俺と世界の絶望-」は、
これまた怖いもの見たさでトライしようと思いながら
ゾンビというよりモンスターで、あまりに描写がきつくて、
ちょっとリタイアしています。(笑)

ゾンビとミステリーと時代劇が合わさった新感覚の
「キングダム」も注目されていますね。
他にも「ハピネス」「ゾンビ探偵」など、ゾンビもので
人気の作品も多いので、ハラハラしたかったり、
怖いけど、見たい!という方韓国ゾンビもの、K-ゾンビ!はいいかもしれません♪

ダークホール 基本情報

放送局  OCN

韓国放送日  2021年 4月30日

話数  全12話

キャスト キム・オクビン、イ・ジュニョ       ク、イ・イェビ、キム・ハンジョ      ン、イム・ウォニ、チョ・ジアン      他

脚本家 チョン・イド

最高視聴率 2.352%

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください