ダークホール-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ムジ高校の生徒のハン・ドンニムは、ムジ高校を退学させられたイ・ジンソクとその仲間から虐めを受けていました。
ドンニムは無理やりジンソクに連れられ、陥没穴に来ることになります。そこで黒い煙に包まれた生徒たちはおかしくなり、仲間を殺す者や、陥没穴に落ちるものもいました。

ジングァントンネルで、ファソンはイ・スヨンの幻覚を見ました。
そして、意識を失って目を覚ました時、テハンは、目が黒くなっていたが治ったと言いました。

ファソンが幻覚をみたことをテハンに話すと、
テハンは友人のヨンシクも同じように幻覚を見ていたことを思い出しました。

では、今回は4話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【ダークホール】(ネタバレあり)

ダークホール-愛を奪う闇- 4話

ファソンは陥没穴を見て気絶してから幻覚を見るようになったとテハンに話した。

スニルは陥没穴を埋める工場を進めようとしていたが、ドング面で停電が起きてしまう。

森の中から黒い煙が見えて、学生達が襲いかかってきた。

その頃、ムジ病院も停電していた。そこにいた患者は煙に取り込まれ、もはや人間の風貌ではなくなっている。
そして、その患者は医師に襲いかかり殺害した。

怖すぎる

その頃、ドユンの家にも化物が来ていた。
ドユンの母は病院から帰ることが出来ずに、ドユンにテレビ電話をかけた。
そして、ドユンが襲われそうになっていることを知る。

妻の目玉をくりぬいた男は、病院の看護師(ドヨンの母)の目玉をくりぬこうとしていた。
偶然居合わせたファソンは銃で男を打った。男の血は黒く、ファソンは男が人間ではないと知った。
ドヨンの母は、ファソンに助けを求めた。
ファヨンはテハンと離れ、ドユンを助けに行くことになった。
結果、ファソンはドユンを助けることは出来たが、母親は助けることができなかった。

辛い

テハンは、ヨンシクのことが気になっていた。ヨンシクの元へ戻ったテハンは、変わり果てたヨンシクに殺されそうになっていた。

ファソンの車は動かなくなり、ファソンと、ドユンは外に出た。
そして、ファソンは化物に襲われ、ドユンを見失ってしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダークホール-愛を奪う闇- 5話

ムジ高校教師のチェ・スンテは、放送をして学校を解放し、住人に避難を呼びかけた。そして、住人と共に化物も学校の外までついてきていた。

ムジ高校理事長でスンテの父のチェ・ギョンスは門を開けないように言った。そして、生徒は目の前で殺された。

むごい

ドユンは、ムジ病院の看護師でドユンの母親を知るという人物に連れられて、新興宗教の建物に逃げ込んでいた。

テハンは、ムジ病院に逃げ込んだ。
スニルはテハンの警察官だった時の先輩だった。

なぜ警察官をやめたんだろう

スポンサーリンク

ダークホール-愛を奪う闇- 6話

ファソンは新興宗教の建物を出て、ドユンと一緒にムジ高校に向かうと決めたが、変な飲み物を飲まされ気をうしなってしまう。

ドンニムとジンソクもムジ高校に避難していたが、ドンニムは黒い煙に取り込まれたようで、目が黒く体になにかがうごめいていた。

これ、めちゃくちゃ怖い

ファソンは気がつくと、手足を縛り付けられて口をテープで塞がれ、拘束されていた。
ドユンは、新興宗教の大人達の様子がおかしいことに気がつき始めていた。

新興宗教の者たちは死のうとしていた。ファソンは拘束をとき、ドユンを助け逃げた。

ファソンたちはムジ高校に着いた。
しかし、門の中にも化物が沢山いてファソン達に襲いかかってきた。

スポンサーリンク

ダークホール-愛を奪う闇- 4~6話感想

とにかく怖いです。サスペンススリラーが好きな方にはおすすめですね。日本でいうと、竹内涼真さん主演の

君と世界が終わる日に

を思い出しますね。みんな化物になって襲ってくる話。知り合いに殺されそうになって殺すしかなくなる話。
ありえない話ですが、目が離せません。
極限状態になったときにどうなるのかなと想像して、意外と感情移入しちゃったりするんですよね。
愛するひとを守れるのか?そのためには、どうするのか?
ドユンの母親は、助かってほしかったですね。
娘を助けるために亡くなってしまったのは見ていてとてもつらかったです。
テハンもヨンシクが化物になり、自分を襲ってきたのをやり返すしか生きる道がなかったのはとても辛かったと思います。

陥没穴はなぜできたのか、あの黒い煙は一体なんなのかも非常に気になるところですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください