ダークホール-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ファソンはスヨンの首を絞めるのをやめましたが、揉み合いになりスヨンはスーパーの屋上から落ちました。

一方、ムジ病院では、スニルが病院から逃げ出し、無線で連絡をとろうとしましたが、ソンニョは、次の生け贄としてスニルを選びました。

そんな時、ハン医師が、ジエの赤ん坊に近づきなにかをしようとしていました。

では、今回は16話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【ダークホール】(ネタバレあり)

ダークホール-愛を奪う闇- 16話

結局、ハン医師は赤ちゃんにはなにもしませんでした。

ファソンはテハンに煙と変種を操るのは複数の触手を持つ怪物だと話しました。
怪物は自分を殺さずに見ていたと。

その時、スーパーのドアをドンニムが叩きました。ドンニムは、黒い煙に包まれた後の記憶を失っていました。

ジンソクが助けた?

ファソンはドンニムに煙を吸うといちばん恐れているものを見て、怒りで人を殺したり自殺すると話しました。ドンニムはなぜファソンが無事なのかと聞きました。
ファソンは変わらないでと沢山の人が願ったからだと話しました。
私にはそんな人はいないとドンニムは言いました。

切ない

私がいるとファソンは言いました。ドンニムは変わらないように頑張りますと言いました。

ファソンは、耳鳴りがして巫女のソンニョがスニルの額に血を塗る様子が見えました。

それをテハンに伝えると、テハンはスニルを助けるためにムジ病院に向かいました。

ハン医師は、患者が亡くなるのに治療が出来ない状態にありました。
そんな時、セッビョルが変種への治療薬を作ることを提案していたのです。
ハン医師は、眠っている患者で実験をはじめたのです。

セッビョル(スヨン)ヒドイ。

スポンサーリンク

ダークホール-愛を奪う闇- 17話

その後、ムジ高校からスーパーへ逃げ込み休ももうとしていた所、変異人間と化したジンソクがドンニムを襲いました。

スポンサーリンク

そして、耳鳴りがしたファソンは、変種人間達がスーパーに雪崩れ込んでくる様子が見えました。

そして、皆はムジ病院に向かうことになりました。

そしてファソン達は無事に病院に着きました。

スポンサーリンク

ダークホール-愛を奪う闇- 18話

病院に着いたファソン達でしたが、誰の姿もありません。

テインとファソン、そしてヒョノはソンニョに捕らえられていました。
そして、3人は病院の庭園に放り出されてしまいました。

どうなるの?

テハン達は大量の変種人間に襲われていました。
ファソンは、また耳鳴りがしてその様子が見えました。そして、ファソンは三人を助けました。

ファソン達は病院内に戻り、変種人間から逃げることは出来ましたが、ソンニョは自分を崇拝する人々に、4人を捕まえるようにいいました。

外も中も敵しかいないなんて。

しかし、ソンニョは煙を操る怪物から行動を咎められ、ファソン達を襲うのをやめるように言いました。

ジエは、自分が変種になり産まれた赤ちゃんを襲うことを恐れていました。

しかし、ジエも変種になる寸前でなんとか正気を取り戻していました。

でもいつなってもおかしくないから怖いよね。

そんな中、レントゲン室で怪物が人々を襲うのがファソンには見えました。

ソンニョに生け贄にされそうになった、テイン達とムジ高校から病院に来たファソン達は、ソンニョを警戒して通路に物を置いて、壁を作っていましたが、ソンニョに食料を渡すといわれて、ソンニョ達と合流しました。

そして、ソンニョは、ファソン達にあなた達を向かい入れたのは懺悔する機会を与えただけだと言いました。
ソンニョはファソンからあなたは操られていると言いましたが、ソンニョは聞く耳を持ちません。

スポンサーリンク

ダークホール-愛を奪う闇- 16~18話感想

ソンニョという巫女がもともと能力を持っていたのかはよく分かりませんが、今は、ファソンのいうように完全に怪物に支配されていると思います。
ただ、この複数の触手を持ち、煙や変種人間を操っている怪物がなぜファソンを殺さずにいるのかが疑問です。
ファソンが、煙を吸ったのに、変わってほしくないというまわりの人々の思いでなんとか変種にならずにいるから興味を持たれているのでしょうか?とても興味深いです。
そして、気持ちの強さで変種にならないジエやドンニムも凄いと思います。
まだ説明はつきませんがこの煙や変種人間を操る怪物の正体が一番気になるし、最後にどう完結するのかもとても気になるところです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください