チャンオクチョン-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-チャンオクチョン-あらすじ-16話-17話-18話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

やっとやっと、オクチョンと粛宗は結ばれました。しかしミン氏(イニョン父)に命を狙われるオクチョン。大妃の反対もあり、なかなか宮中に迎え入れる事が出来ません。オクチョンは行方不明、粛宗は血眼で捜します!その一方ではイニョンが王妃として宮中へ。
オクチョンも次第に欲が出てきます。今までの純粋なオクチョンから、変わりゆくオクチョンもまた見ものではないでしょうか。大王大妃に呼ばれ宮中へやって来たオクチョン、さていかに・・・。

【チャンオクチョン】ネタバレあり

第16話「女たちの闘い」

密かに宮中へ呼ばれるオクチョン。
同じ頃、粛宗は大王大妃に茶を飲もうと別室へ誘われる。そこにオクチョンがやってくる。生きているオクチョンを見て駆け寄り抱きしめる。
「王様にお会いするために戻りました」とオクチョン。
この幸せをいつまでも抱きしめ合っていて欲しいものです(⌒∇⌒)

二人は甘~い時を過ごしている。
幼き日、「卑しい身分を洗い流してくれる洋服が欲しい」と言った少女の話をする粛宗。
約束を守らなかったのではない、行けなかったと。
幼き日の誓いをもう一度誓う粛宗、「私がそなたの服になろう」と。カッコイイ~

大妃と仁顕王妃が揃って粛宗の元を訪れるがこちらは空振り、一足遅かった。
粛宗は既にオクチョンの元に・・・。

中宮殿の仁顕王妃に、王様の寝殿へ来るようにとの伝言が。
喜び勇んで粛宗の元へ。
粛宗が口にしたのはオクチョンは見つかったか?と言う言葉だった。
いつぞや街でオクチョンを見かけたが無視したんだよね、王妃様( ̄▽ ̄)

オクチョンは自分で見つけた、故にオクチョンが宮中で暮らせるように約束通り大妃と重臣達の説得を頼んだぞと言われる仁顕王妃。
オクチョン、してやったり!以前とは違うオクチョンのしたたかさが見えてきたようね~

仁顕王妃は粛宗との約束通りオクチョンを特別尚宮として宮中へ迎え入れる。
今まで散々オクチョンに意地悪をしてきた仲間達、行く末が恐ろしや~

朝廷では南人派のチョ・サソク(大王大妃の甥)を昇進させると粛宗。もちろん、ミン氏(仁顕王妃父)は反対するが王の決定には逆らえず。

ミン氏に指示されオクチョンを呼び出し命を奪おうとしたチュ尚宮。オクチョンが宮中に上がると同時にこれまたミン氏の指示で身を隠す。

粛宗は早くオクチョンのところへ行きたくてたまらないご様子。
オクチョンの膝枕で、最高の笑顔を見せる粛宗。

ミン氏(仁顕王妃父)は粛宗がオクチョンの元に足しげく通うため、仁顕王妃より先に子供を授からないかと心配でならない。大妃もまた同じ思いのようで・・・。
そこで大妃は侍医を呼びとんでもないことを命令する。懐妊できなくなる薬を持って来いと・・・。

第17話「側室の座へ」

夜休もうとしているオクチョンの元に大妃の使いの女官達がやって来る。
雨の中、無理やり連れだされるオクチョン。子供を授かれなくなるという薬を無理やり飲まされそうになるが、必死に応戦!
「王様の子を産めぬくらいなら、自ら喉を切り裂いて死んでやる!」と大王大妃から頂いた懐刀を取り出すオクチョン。
大王大妃様遠くから拝見・・・そしてその場を立ち去る。このくらいでへこたれては宮中では生きていけないんだって(+_+)

大妃は諦めてその場を立ち去る。
オクチョンが裸足のまま宮廷を歩いている所に粛宗がやって来る。
理由を問いただすも口を閉ざすオクチョン。
なんていじらしい・・・と言いたいけれど、オクチョンも黙ってないわよ~不妊薬を飲ませようとした大妃に、「私の産む王の子を抱かせてやろうではないか!今宵の悪事を大妃の口から言わせて見せようぞ!」と痛切に思うわけよ、流石オクチョン!

粛宗はこの一件があり、オクチョンの為に立てている屋敷を早く完成させろと催促する。

ミン氏(仁顕王妃父)はキム・マンギ(故仁敬王妃父)に和解しようと持ち掛ける。うまく話をでっちあげ、オクチョンを悪者にし、王の初事業政策(銅銭の流通)を断ってやろうと相談する。
一方王(粛宗)は、西人派に対抗する為チョ・サソク(大王大妃の甥)が政に関われるよう権力を持たせようとする。
そしてチャン・ヒョン(オクチョン叔父)も、王の政策を成功させる為、市場に銅銭を流通させようとしている。

ある夜、粛宗に呼ばれたオクチョン、目の前には立派なお屋敷が!就善堂(チンソダン・オクチョンの住まい)が密かに建てられていた。
もちろん朝廷では大反対が起きるが、粛宗は公言する、「オクチョンを従四品淑媛とする」と。

晴れて側室となったオクチョン、大王大妃にご挨拶。王宮は手ごわいところ故、王の息子を産むのが一番だ」と教えられるオクチョン。

大妃はオクチョンが淑媛であることを受け入れず、挨拶をも拒む。そして恒例の祝いの宴を開けぬよう手を回すが・・・。
まぁ~憎ったらしい~ったらありゃしない!意地悪姑、本領発揮ね!

第18話「親子の対立」

大妃は病を患いながらもチャン淑媛(オクチョン)の宴を阻止しようと嫁いびりを実行する。
宴の準備をしていた女官を引き連れて別の宴を催す大妃。
そこに負けじと乗り込むオクチョン。
はかなげなオクチョンの姿はどこへやら・・・

チャン淑媛を卑下し罵声を浴びせる大妃、オクチョンも負けじと言葉を返すが・・・そこにやって来た粛宗。母と王妃のオクチョンへの仕打ちを許せぬと言う。
その言葉を聞いた母大妃は病状が悪化、吐血する。
ミン氏他大臣達は、宴の最中に倒れた大妃の件や民が被害を被った水害をオクチョンのせいにして追い出そうと企む。
朝廷では「大妃が倒れたのもチャン淑媛のせいだ、直ちに宮中から追い出すように。さもなくば登庁拒否を行う!」と王を追い詰める大臣達。

チャン淑媛を追い出そうと躍起になる西人派の大臣達に対し、チャン淑媛は大妃の屋敷の前で座り込み(王の許しを請う行為)をする。
粛宗は考え合ってか、「しばしチャン淑媛の裳(チマ)の陰にかくまってもらおう」と淑媛を見守ることに。
愛するおなごがむしろに座り罰を待つのに高みの見物って・・・宮中って怖~いところね(+_+)

抜け目のないチャン淑媛は、この事態が起きる前にチャン・ヒョン(淑媛叔父)に頼み以前淑媛を呼び出したチュ尚宮を探し出させる。
そしてミン氏(仁顕王妃父)と取引する、「自分の娘を王妃にするため私(淑媛)を殺そうとしたことは内緒にするから、大臣達を登庁させよ」と。
並はずれの美貌だけではなく、頭もよろしかったのねオクチョン様

座り込みをするチャン淑媛の口から「大妃様の憎しみも情である」と言う言葉を聞き、あまりの腹立たしさに部屋から飛び出してくる大妃。
淑媛は「もう少しで一生子供を授かれなくなるところだった」と言葉を返すと・・・そこに粛宗が!
卑しい身分の淑媛をどうしても受け入れられない大妃。とうとう粛宗は母大妃を見放してしまう。
オクチョンのいつぞやの誓いの通り、不妊薬をのませようとした悪事を大妃自ら語ることに・・・

チャン淑媛の元に訪れた粛宗は「自分の子供を産んでくれ」と頼む。

大妃は占い師に王妃を見させ、男の子を授かるよう助言を求めるが、王妃は子を産むことが出来ないという占い師。たった一つ方法が。それは三日後亥の刻に床入りをすることと告げられる。

大王大妃もこれを聞き、何としてもチャン淑媛に長男を産ませなければと策を練る。

宮中に戻ったチュ尚宮はこれまでのいきさつを王妃に話す。
仁顕王妃の父ミン氏が淑媛をさらい、そのことを脅迫されたミン氏が大臣達を促し登庁させたと。

王妃は国舅(仁顕王妃父)が淑媛に脅迫された事が許せず、チャン淑媛を訪れるが、そこに粛宗がやって来る。
「何故ここに王妃が?」と問う粛宗に機転を聞かせた淑媛は「無事座り込みが終わったので様子を見に来てくれました」と言うオクチョンでした・・・。
女のウソって恐ろしや~

第16話から第18話感想

オクチョン、念願の側室に見事なりました!
王の寵愛を一身に受けるオクチョン。幸せの絶頂ですね~(^▽^)/
それにしても恐ろしや大妃様。とことんオクチョンをやり込めます。
宮中で生き抜く女性って・・・強くないと生き残れないですね。
純粋だったオクチョンが、少しずつ欲望と権力にまみれていく様がなんだか寂しくもありますが・・・美貌と頭脳をフルに利用しどんどんのぼりつめていくオクチョン様、今後も見ものです!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。