チャンオクチョン-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-チャンオクチョン-あらすじ-22話-23話-24話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
幼少の時から卑しい身分だとさげすまれてきたオクチョンですが、やりましたね~!あれよあれよと遂には禧嬪にまで上り詰めました。王様を虜にするほどの美貌と才能の持ち主だったのね~。
キム・テヒ氏がこれまた可愛くてお美しいから、ホントの禧嬪様ってこんなだったのかしら(^▽^)/と勘違いしてしまいます。
第一話よりいろどり美しい衣装も、(毎回お金かかってますね~)ほんとに素敵!わたくしとしてはやはり、東平君様が何より気になりますが(*´∀`*)
さぁ~いざ行かん、オクチョンの世界へ(^▽^)/

【チャンオクチョン】ネタバレあり

第22話「毒入りの夜食」

大妃に言われるがまま、子供が生まれたら王妃に差し出す事と約束させられた禧嬪。
そこで禧嬪は早速チャン・ヒョン(オクチョン叔父)を呼び出し相談する。
「私が産んだ子も国舅の約束もすべてミン氏(仁顕王妃父)親子に奪われてしまうかも!」
それを聞いたチャン・ヒョン、禧嬪を中宮殿に入れるため仁顕王妃を追い出しにかかる。

粛宗はお忍びで街へ出る。
銅銭の流通を図る為、自ら銅銭を使い釣銭で手渡されたのは偽銅銭。なんと助けたのはチス(現在チン氏養子)だった。
チスは彼が王様だとは知らなかったようです

さて、チャン・ヒョンの計画は実行される・・・禧嬪は里帰りを申し出る。
「王妃様が王様の料理を用意し、二人で水入らずの時間をお過ごしください」と言う禧嬪。
企んでるよね~

実家へ帰るとはウソ偽りの様子、帰るフリをして宮中に戻って来た禧嬪は王の寝所へ。王妃が用意した食事を王と三人で食す事に。
そう、この食事こそが毒入りのお料理!
チャン・ヒョンが考えた王妃追い出し作戦である。
禧嬪はいつものように(気味尚宮に任せず、オクチョンは自ら毒見をしていた)粛宗の食事の毒見をすると言い、箸を口に運ぶ!
自ら仕込んだ毒入りを口に含むなんて勇気がいります!!

もがき倒れた禧嬪を背負い医師のもとに走り出す粛宗。
この一件をチョ・サソク(大王大妃の甥)に捜査させる粛宗。

意識を取り戻す禧嬪、一方で東平君に「あらゆる可能性を考えなければ」といぶかしげなご様子の粛宗である・・・。
もしかして、禧嬪を疑っている?!

第23話「事件の真相」

禧嬪は回復に向かうが、どうも様子がおかしい。
鋭い粛宗、不安げな禧嬪をいち早く見抜く、いとあやし!

どんどん体調が悪化する大妃は、禧嬪が王妃の不妊症を知っていたと御医から聞く。
毒入り事件は、禧嬪の王妃追い出し作戦ではないかと察知する。

朝廷でも毒入り事件の真相を暴こうと南人派と西人派は王妃の廃妃を巡り論争が絶えない。
粛宗は誰を信じるべきか悩んでいるご様子。

尋問中の女官が拷問に耐えられず白状すると言い、粛宗はじめ全員集合。
そこに大妃がやって来て、「私が決断を下した、王室に卑しい血を入れたくないから」と。
直後、大妃は病に倒れてしまう。
死の間際、「禧嬪がやった」と粛宗に告げる大妃、最後まで王妃を守り通しました

大妃の命を懸けた告白で、粛宗は禧嬪と向き合う事が出来ずにいる。以来、埋まらない二人の間の溝・・・。
愛するが故に真実を追及出来ないのよね

一方チス(現在チン氏養子)は粛宗と密会。
チスがチャン・ヒョンの首を狙う理由・・・それは自分が想いを寄せていたオクチョンを私利私欲の為宮中へ入れた事(ホントはオクチョン自ら行ったんだけどね)、かつて母として慕ったカン氏を死に追いやった事、そして自分も殺されかけた事が原因のようだった。

今富を手にしたチスは、ミン氏(仁顕王妃父)を裏切り王と取引し、禧嬪であるオクチョンを取り戻そうと躍起になっている。
王宮の殿閣を一つ欲しいんだって、オクチョンのことね

ある晩、仁顕王妃は夢を見る。
「亡くなった大妃が出てきて、禧嬪を追い出せと申しました」
粛宗に伝えると激怒する。
同じ頃、ミン氏(仁顕王妃父)もまた夢の話を粛宗にする。
「大きな龍が王妃の胸に入った」と。

今度はミン氏が禧嬪を追い出しにかかるようである・・・。

第24話「懐妊」

朝廷では禧嬪追い出し作戦が実行されている。
禧嬪は奴婢の母とチョ・サソク(大王大妃の甥)との不義の子、下賤な身分の禧嬪は王室の格を下げているから早く追放しろ!とわめきたてる西人派の大臣達。

王妃も禧嬪を追い詰める。
両班と奴婢の間の不義の子と言うのは許せない、王様に迷惑が掛かっているのだから宮中から出ていけ!と。

そんな中、禧嬪は再び妊娠する。
しばらく粛宗と疎遠になっていた禧嬪は子供を授かったことを報告する。
毒入り事件でオクチョンに複雑な気持ちを抱いていた粛宗、懐妊の報告が雪解けになったかな~

禧嬪は妊娠したことで宮中から追い出されることはないと確信したうえで、王妃からの提案に従う。
朝廷の大臣達の前で真実を明らかにするから一席設けて欲しいと王妃に頼む。

禧嬪は大臣達を前に、父は訳官チャン・ギョンで母はチョ・サソクの奴婢であることが事実だと言う。
次に王妃の見た夢で、禧嬪は懐妊できないと言うがこれは偽り、現に今懐妊しているからと。
御医もやって来て禧嬪の懐妊が公になった。
よって、宮中を去る理由がないだろう!!と強気な禧嬪。

チスは弓を収める為に宮中へ。
試しに射る粛宗、残り全て収めるよう話して射場から去っていく。

チスは禧嬪の住まいを覗く、そして一人の女官と出会うが・・・。
この女官、禧嬪が芙蓉亭(呉服店)を営んでいるとき、盗みを働いた女官である。
「いつの日かあなたみたいになる」と言い残し帰って行ったあのチェ氏、後の淑媛様よ~

いよいよ禧嬪は出産の日を迎える。

粛宗が遣わした輿に乗り、禧嬪母が宮中へ。
ところがイ・イノクが賤民は輿に乗ることは許されないと禧嬪母を引きずり降ろし、輿に火をつける。
そこに粛宗、イノクを解任し罪を問うと命を下す。

禧嬪は無事、男の子を出産。
イ・ユン(後の景宗)の誕生である・・・。

第22話から第24話の感想

今回もいろいろありました。
粛宗の寵愛を独り占めのオクチョンでしたが、毒入り事件は少々マイナスでしたね( ;∀;)
毒入りの食事だと分かっていて口にするなんて!禧嬪様、恐れ入ります。
でも、やりました!あっぱれ、オクチョン!遂に息子の誕生です!
これからオクチョンを守ってくれる存在になるのでしょうか(^▽^)/
チスのオクチョンへの執着もこれまたすごい(*´∀`*)これからどう絡んで行くのか楽しみです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。