トキメキ成均館スキャンダル-あらすじ-10話-11話-12話-ドラマを最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-トキメキ成均館スキャンダル-あらすじ-10話-11話-12話の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
最終回までの感想を全話配信します。

トキメキ成均館スキャンダル.jpg
日本でも大人気のJYJのメンバー、パク・ユチョンの
初めてのドラマ主演作!
ベストセラーの小説が原作で、2010年に韓国で社会現象となった超人気ドラマ!
妙な理由から女子禁制の名門校である「成均館(ソンギュンガン)」に入ってしまったヒロインと、
将来有望なイケメンエリート集団が繰り広げる青春ストーリー!

スポンサードリンク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユンシクが泥棒の犯人に仕立て上げられてしまい、
その真犯人探しに奔走するという内容で
前回までが終わりました!
私気になったのですが、
いつからクヨンハはユンシクたち側についたのでしょう?
元々ハインスとつるんでたはずなのに…
にしてもクヨンハ役のソン・ジュンギさんはとってもきれいで
女の子みたいな顔ですね♪
ハインス役のチョン・テスさんは、なんと有名な女優の
ハ・ジウォンさんの実の弟ということで、
確かになんとなく顔が似ている気もする…?
そんなところにも注目して見てみましょう♪

【トキメキ☆成均館スキャンダル】(ネタバレあり)

10話 真犯人探し

キーセンになり代わったユンシクのおかげで、
ソンジュンは官軍にばれずに済んだ。
女性の姿をしたユンシクに胸の高鳴りを隠せないソンジュンだった。
すると蔵の奥に、棚があり、裏取引の帳簿があった。
持ち出すのは危険だと判断し、逃げ出す二人だった。

その間もどきどきしちゃてます
帳簿から、成均館の雑用係の家族であると判断した。
犯人探しをするが、全く手がかりが見つからない。
様々な推理をしていく中で、使用人のポクトンという少年の兄であることがわかった。
母親を亡くし、そのための資金が必要だったと涙する犯人。
貧しい住民の様子を目の当たりにし、
責められなくなったユンシクたちだった。

元々ユンシクもこちら側の人間だから気持ちがわかるのです
蔵にあった裏金の帳簿をこっそり持ってきていたユンシク。
このようなことがある限り、犯人を責められないと悩む。
もし犯人が自白をしない限り、ユンシクは退学になってしまうからだ。
そしてソンジュンは自分の父親がその裏金に関わっていることが分かり、
どうしようもなくなっていた。

さてどうするソンジュン!
犯人を見つけ出す期限は過ぎていた。
ソンジュンは裏金の帳簿をだし、ここに真犯人がいると、
王様に告げるのであった。

自分の父親の悪事がバレてでも、正義を貫いたのです

11話 2人だけの夜

ソンジュンは、特定商人から裏金を受けている役人が真犯人であると
帳簿を持って説明した。
ハインスはそれに反論した。
すると、盗みを行ったポクトンの兄が自白をしに来た。
ユンシクたちが自分を同じ人間として接してくれたことで、
自分も人間らしく生きたくなったということだった。
結果、ハインスらは不可。ユンシクたちは可を貰うことができた。

ハインスは悔しかったでしょうね
今回の件を受けて、王様は特定商人にしか商売をしてはいけないという
法令をなくすことにしようと提案した。
老論の政治運営資金の元となっていたので、
反対する者もいたが、ソンジュンの行動が王様を動かした。
また、この問題が解決したら、ユンシクたちに金勝之詞を探すという
任務を与えようとしていた。
王様はユンシクたちを宮殿に呼び、褒美となる品物を渡した。
ユンシクはそれで自分の父親が成均館の博士だったことを知った。
自分の命をかけてまで、作りたかった新しい朝鮮は一体
どんなものだったのか、と悩むユンシクだった。

父親似といわれて喜んでいました
ヨンハは嘘をつき、ソンジュンとユンシクをふたりっきりで
無人島に連れて行った。

ヨンハgoodjob(笑)

12話 それぞれの想い

ヨンハの企みで、無人島で二人きりで一夜を明かすことになった
ユンシクとソンジュン。
ソンジュンはユンシクともみ合ううちに、川に落ちてしまった。
ユンシクを女だと知っているジェシンは心配し、ヨンハに殴りかかった。

コロ心配しすぎ(笑)
なんとか屋根のある場所で雨を凌いだ2人。
川に落ちて濡れたことで、ソンジュンは熱を出して倒れてしまった。
火をたいて看病した結果なんとか戻ったソンジュン。
意識をしてしまい、ユンシクのキスをしようとするが、できなかった。
朝になり、迎えが来た。
成均館でチャンチギ大会(ホッケー大会)が行われることになった。
老論とその他の党派での戦いで、毎年負傷者がでるという。
しかし今年のチャンチギ大会は、ハインスの提案で、くじ引きでチームが決められた。

また何か企んでる
また、その前夜祭として、女子禁制の成均館に女性が来るという。
ソンジュンは男性を好きになってしまいそうなことをヨンハに相談した。
ヨンハからは、好きになるのは罪ではないと諭すのだった。

エロ本渡してな(笑
前夜祭でソンジュンはハインスの妹ヒョウンと一緒にいた。
一緒に食事をすることになったが、その場にいられなくなったユンシク。
退席しようとすると、チョソンが現れ同席することに。
お互いに言い合うユンシクとソンジュンだった。
チョソンはそれを見て、ユンシクの心にいるのはソンジュンであると分かった。

10-12話の感想

ユンシクの泥棒の疑いも晴れ、
王様は今度こそ本気で金勝之詞を探すことを
花の4人衆に銘じようと決意しました。
まだ明確な指示は出ていませんがね。
テサレが終わってたら次はホッケーと
どんだけ体育会系な学校だよと思いますよね(笑)
しかもまたもやそんな危険な大会…
絶対誰か怪我するよ~!!
気をつけてユンシク!!
そして女性として完璧にユンシクを意識している
コロ先輩にちょっと萌えてしまいます♪
素敵♪
次回をお楽しみに♪