トロットの恋人-あらすじ-4話-5話-6話-視聴率9.2%のドラマを感想つきで!

韓国ドラマ-トロットの恋人-あらすじ-4話-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

トロットの恋人.jpg
除隊後約2年ぶりのドラマ復帰作チ・ヒョヌ主演「トロットの恋人」がKBS World初登場♪
さらにヒロインApinkチョン・ウンジが歌うトロット(演歌)もドラマに花を添えます!
新人演歌歌手チュニ×自分勝手なトップミュージシャンのジュニョンが繰り広げる笑って泣けるラブコメディ!
2人の恋の展開はどうなるのか…。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、チュニはせっかく契約した事務所の契約金をジュニョンに奪われ、
なおかつシャインスターの新人発掘オーディションにも、
不合格してしまうという、災難続きでしたよね!
本当にこんなに優しくて家族思いなチュニを騙すなんて、
ジニョンの行動は許せないですよね( *`ω´)
ただこれからチュニがトロット歌手として活躍するためにも、
ジニョンのサポートは絶対必要!
だからこそ、ジニョンのこれからの活躍に期待したいですよね♪
それでは、今回は第4話からお伝えしていきますね〜
【トロットの恋人】(ネタバレあり)
第4話
ジニョンのマネージャーだったらテソンはジニョンが事務所を辞め、
シャインスターの売れっ子のヒョヨルのマネージャーになる。
このヒョヨルがジニョンのライバルなんですよね!
ヒョヨルはジニョンに対して敵対心を持ち、何かと「ジニョンは許せても俺はダメなの?」と言い、テソンを困らせるのです!

そんな中新人発掘オーディションで優勝したスインと、母であり歌謡界の生ける伝説ヤン理事は取材を受け、その様子がテレビで放送されるのである。
その姿をバーで1人飲みながら見るジニョン。
つい最近までテレビに引っ張り抱こだったジニョン。そのジニョンを利用し自分の思うままに生きるスイン。真逆の立場になった2人の今後の関係性も気になりますよね〜
ついに、チュニの契約金を使い果たしてしまったジニョン。
今後の生活を考えている最中テソンの不在着信に気づき「ジニョンすまなかった。借りは返す。」との内容を聴き、テソンに会いに行くジニョン。
そこでジニョンは、テソンとヒョヨルのある会話を偶然聞いてしまうのである。
なんと2人の会話によると、前事務所の社長ウガプの指示のもと、
元マネージャーテソンはその指示に従うしかなく…
その指示とは…
なんと、ジニョンを陥れるシナリオを決行していたのだった!
ジニョンの性格には問題があると言いながらも、ジニョンの歌を評価しサポートし続けていたテソンがまさかそんな事をしてたとは…
ジニョンは孤高のトップミュージシャンだったのですね…。

それをついに知ってしまったジニョンは黙っていられず、
前事務所社長のウガプの所にに向かう。
ウガプはジニョンに対し、「お前が裏切った時、誰にも知られずお前を殺そうと思った。だがそれは、私の性に合わないから、ならば1番大切な音楽を奪おうと決めたのだ!」と言い放つ。
まさに事実上、音楽業界からの追放ですよね〜
ただ、ジニョンがウガプに対しどんな裏切りをしたのでしょうか?
実際ジニョンのお陰でウガプも、社長として得をしているはずなのにな〜

そこでようやく、ジニョンはチュニの仕業で全てがメチャクチャになったのだと思い込んでいたのが、前事務所社長のウガプの仕業だと知り、驚愕するのだった。
そんな中チュニは自宅の扉に、「申請者に自宅を出引き渡すこと」という
張り紙がされていたのである。
思わずため息をするチュニ。
一先ず、ホ社長に電話し、給料を取りに行くのだが…
思いのほか給料が低く、ホ社長から「簡単にお金を稼ぐ方法がある」と言われる。
またホ社長も何かと企んでいますよね〜
こんなに優しいチュニをこれ以上騙さないで!

なんだかんだチュニは借金や新しい家のため、ホ社長の怪しい仕事を、
引き受けるのである。
休暇中のヒムンがなぜか、チュニの自宅前に居るんですよね〜
もしかしたら、チュニ達がいずれ、両親との思い出の家に戻れるように自ら、
この部屋に住むのでしょうか?

ジニョンは今までの行動を反省し、チュニと契約したホ社長に会いに行くのである。
ここでようやくジニョンはチュニを助けるため、ホ社長の所に行ったのです!
ようやく男らしい一面が見えましたね〜

そこでジニョンに待ち受けていた運命は…
ホ社長がジニョンに対し、「お金狙いではなく、ジニョンさんあなたなんです。カラオケで伴奏しながらお客の前で歌って欲しい。」そんな無理な事を言うのです。
ちょうどホ社長のもとを訪れている最中に、チュニが客の無茶ぶりに耐えきれず、客を怒らせてしまう。その場にジニョンが助けに向かうのである。
ジニョンは体を張ってチュニを助けようとする。
そこになんとジニョンの後をついて来た、暴力団がジニョンとチュニの客とのケンカ騒動に割って入り、助けるのである。
その場から走って逃げる、ジニョンとチュニ。
ジニョンはようやくチュニに、「すまない。弁解するつもりはない。俺がこうなったのもお前のせいだと思っていた。だから、お前を恨んでいた。でも…違ったんだ。だから今までのこと謝る。」とチュニに告げ…
チュニ対し1度だけ許して欲しいと言いながら、土下座するのである。
この音楽業界に残るためにも、ジニョンはチュニを歌手と育てようと決意するのですね〜
音楽の神と言われていたジニョンが、チュニの歌声を聴きトレーニングをちゃんとしていると勘違いするとは、チュニの歌声は母親譲りの持って生まれた才能なのかもしれませんね!

そんなジニョンの真剣な表情を見たチュニはジニョンに何度も騙されていると、
人間不信になってしまい直ぐには答えることが出来なかったのである。
チュニは帰宅後、家の前に頼んだ覚えもない差し入れが届いており、
ビョルと一緒にその差し入れを開ける。
するとその中には、失踪中の父から「お金を稼いだら迎えに行く。」とのメッセージが書かれた紙が見つかったのだ。
父からのメッセージを読み、さぞチュニは胸を痛めたでしょうね…
一緒に住みたくても娘達の事を思って、父親は消えざるおえないなんて、
そんな展開誰も望まないのに、失踪するしか方法がなかったのかな?

チュニはジニョンの言葉を思い出し、1日も早く父親と一緒に暮らすためにも、
ある決意をするのである。
その決意とは…
第5話
チュニは「歌手になるために私があなたを利用する!」とジニョンに言い、
とうとうシャインスターと契約するのを決意するのである。
そしてようやく、チュニはジニョンと一緒にグヌに会い、シャインスターと正式に契約を結ぶのである。
その後、チュニはワン常務と一緒に社内見学をするのである。
チュニを待つ間、グヌに対しジニョンは「マネージャーはどうするのか?」と問うと、「君がやるんでしょ?」と言われ、ジニョンは思わず「俺はプロデューサーであって、チュニのマネージャーではない!」とグヌに言うのだが…
グヌの言う通り、チュニを歌手に育てるのなら、プロデューサー兼マネージャーとしやればいいのに、未だに肩書きなどにこだわってしまうジニョンなんですよね〜
そしてジニョンはヒムンに電話して、チュニがシャインスターと正式に契約したと報告するのである。
さらには、ジニョン自身も音楽続けたい一心からヒムンに対し、アルバムを出す事を約束させるのである。
なんとヒムンが電話を受けていた際、売り出されているチュニ達の家を買い取っていたのです!ヒムンが陰ながら、チュニやビョルを気にかけている事が分かりますよね〜
スインのアルバム発表記念パーティー当日、シャインスター練習生のピルニョはチュニに嫉妬し、ある嫌がらせをするのである。
それはラーメンを一緒に食べようと誘い、わざとチュニの洋服にこぼすという幼稚なイタズラをしでかし…
案の定自分の練習着を貸すと言い、スタジオに連れて行き、
結局、練習着を貸すどころか、下着姿のままチュニをスタジオに閉じ込めるのである。
チュニをパーティーに行かせないためにも、ピルニョこんな酷いことするなんて…
韓国ドラマでよくあるパターンですよね〜

チュニの携帯が鳴っているのを耳にしたグヌは、スタジオに向かい、
様子が変なチュニを何も言わず助けるのである。
着るものがないチュニに対し、スインからピンクのワンピースを借りてきて、
着させ満足そうな表情を浮かべるグヌ。
そのままチュニとグヌはスタジオから出るのだが…
ちょうどその時、練習後のスインと鉢合わせてしまう。
スインは自分の服を着用しているチュニを見て、不服な様子。
なんでグヌがわざわざ自分の服を借りてまで、チュニに着させているのか、
どうしても理解できなかったのだ。
グヌはチュニに対し出会った当初から、色々と手助けしていますが、内心チュニの事をどう思っているんでしょうかね?
チュニの借金を返すため、ジニョンは合間時間を利用し、ホ代表との約束のもと、
カラオケを利用する客の前で演奏するのであった。
もちろんこの事は、チュニは知らず「チュニには知らせないで欲しい!」と、
ホ社長に頼むのである。
ピルニョはパーティー会場でも、とことんチュニに対して嫌がらせをする。
その様子を見てグヌが黙っておらず、何かとチュニを庇うのである。
ここで本来なら下剤入りのお酒をチュニに飲ませるつもりだったが、ピルニョ自身がが飲む羽目になるのです!
パーティー後、スインやピルニョをはじめとするシャインスター所属アーティスト、そしてジニョンの目の前で、チュニに対して家まで送ると言うグヌ。
スインはなぜチュニは自ら送って、自分は代行なのか不思議と思うのである。
翌日、ワン常務から「チュニのような問題がある練習生は前代未聞だ!」と言われたグヌは、早速チュニが必要な理由を証明するために、チュニとジニョンにミッションを与える。
そのミッションとはシャインスターが毎年行っている市場ライブに、
チュニとジニョンを出させるものだったのである。
市場ライブで、お客様の心を引き寄せたらミッション成功となるのである。
最初は忙しく働いている市場のスタッフ聴きもしなかったが、
チュニ親しみやすさ、笑顔、歌唱力多くの人の心を引き寄せることに。
その様子目の当たりにしたピルニョはまた、嫉妬のあまり妨害するのだが、
ジニョンがチュニを支え、無事にライブは終わる。
ライブ後「久々に笑ったよ!」と、お客様から言われ喜ぶチュニ。
その様子を見ていたグヌはどう判断するのか…。
第6話
グヌは「ミッション成功!」と言い、笑顔で喜ぶチュニ。
なんとかジニョンの活躍もあり、ミッションを無事に成功したチュニとジニョン。
チュニは帰宅後ホ代表から電話があり、以前働いていた時借りていた衣装を返しにナイトクラブに向かうのである。
未だにカラオケの弾き語りのバイトをするジニョンだが、その場に客としてライバルでもある後輩歌手のヒョヨル来店し驚きを隠せないのである。
慌てたジニョンはその場にあるお面を被り、演奏していたのだが…
やはり、バレてしまうのである。
ここまで落ちぶれたのかとヒョヨルに笑われ、「どうせなら俺のマネージャーになれ!ちょうどテソン辞めたし!」と言われるジニョン。
その場を衣装を返しに来たチュニが、目撃してしまうのである。
ヒョヨルにあまりにも侮辱され続けるジニョンは、思わず殴りそうになるがホ社長がその場に来て何とか問題を収めるのである。
ホ社長は怒りながら、ジニョンに対し「チュニの借金返済のために働くと言ったのはお前じゃないか!」と言い、チュニは初めてジニョンが自分借金返済のために働いている事を知るのである。
ジニョンのバイト事情を知ったチュニは、居候させること決めるのだが、厳しいルールを作るのである。
そんな中スインはダンストレーニングをしていたのだが、グヌからの突然の電話がきて喜びを隠せないのである。
スインは以前グヌに優しくされたのをきっかっけに、グヌを意識しているんですよね!
その電話とは『サバイバル名曲』という番組の出演が、
決まったとの電話だったのである。
スインは素直にテレビ出演喜ぶのだが、対決相手が何と飲酒事故の関係で急遽出演が出来なくなる。
そこでグヌは練習生のチュニを推薦するのである。
その事にスインは不服な表情を隠せれないでいた。
日を改めてスインがグヌに、なぜチュニを出演させるのか問うと「彼女には光るものがある」と言われてしまうのです!
グヌはチュニに対し何故か庇う行動を取る一方、スインに対しても紳士的な態度を取っているので、見ている側としてはグヌはどちらに対し好意を持っているか気になってしまいますよね〜

チュニが事務所でストレッチをしている所に、ワン常務からスインと一緒にテレビ出演が決まったと言われ、その場に一緒に居たジニョンと共に、喜ぶのである。
チュニのテレビ出演を知ったピルニョがワン常務の提案のもと、
チュニがナイトクラブに出入りしている写真をネットにアップするのである。
この写真とは、以前チュニが衣装を返すためホ社長に会いに行った際に、ワン常務誰かに指示をし撮らせた写真なんですよね〜
それも、チュニがヒョヨルと一緒に言い争っている写真なんです!
運悪くその写真には、ヒョヨルがチュニにジニョンのクリーニング代として渡されそうになっていたお金が写っていて、チップだと勘違いされるのです!

チュニはグヌ・ヤン理事・ワン常務に呼ばれ、写真について追求されるが、ジニョンの事を隠すため、本当の事が言えず困っていた。
そんな様子にグヌは「黙っていたら解雇になってしまいますよ!」と言われ、ただチュニは否定する事しか出来なかったのである。
チュニは会議でジニョンのプライドを守るためグヌ達に事実を隠し、シャインスターを解雇されるか、もしくは事実を話すか決断を迫られるのである。
その場にジニョンが来て、「彼女は自分がバイトしていう事実を隠すために、黙っていたのです。あのお金は僕を侮辱しようとしたヒョヨルが握らせたものなんです。」とジニョン自らがグヌ達に説明するのである。
無事に解雇される事なく問題は解決されたと思われたのですが…
ジニョンとチュニが一緒に部屋に入る所をヒムンに見られてしまうのです!
テソンがホ社長にお金を返してもらうために、お店に行くと全く相手にされず帰ろうとした時、チュニを何かといじめる練習生のピルニョがホ社長のもとを訪れているのを見てしまうのである。
テソンはピルニョも騙されてしまうと、助けるのだが…
助ける際にアクシデントが起こるのである!それがきっかけに、ピルニョはテソンに惹かれるようになったのです。
テレビ番組出演の為必死に練習するジニョンとチュニだったか、
実はチュニは楽譜が読めないのである。
その事をたまたま通りがかったワン常務が知って、喉の調子が悪くても出場を余儀なくされているスインの為にもわざと、生放送当日に楽譜を変える指示を出すのである。
ワン常務はチュニに対していい印象を持っていない為、とことん嫌な事するんですよね〜
生放送当日、チュニは楽譜を貰うと練習して来た曲と違う事が判明する。
ジニョンは「生放送当日に楽譜を変えるなんてあり得ない!」と、関係者に訴えるが、事前に「曲が変わったとシャインスター側には伝えました。」と言われ、困り果てるのである。
ジニョンは楽譜が読めないチュニの為、自ら歌って新たな曲を覚えさせる作戦に出るのである。
チュニの順番になり、ジニョンを思い出しながら歌い観客を魅了するのである。
拍手喝采の中、その姿を見て満足そうな表情のジニョン。
結果発表の時、チュニはカメラに向かって失踪中の父に呼びかけるのである。
そしてスインと直接対決の結果は…
審査員からの投票では大差でチュニが勝つも最終投票では、
まさかのスインに逆転されてしまうのである。
その結果に納得いかないジニョンは番組関係者に、理由を問うが何も言わないのである。
その後、ヤン理事がワン常務の運転のもと移動中「あなたの言う通りにしてよかったわ!」と謎めいた発言をするんですよね〜
きっと、ワン常務の指示のもと番組関係者が、スインの投票数を増やしたんでしょうね!

帰宅後、過労のため体調を崩してしまったチュニ。
その様子をみて急いでビョルはジニョンに電話するも、電話に出ない。
たまたま電話をかけてきたグヌのお陰で、病院に行く事が出来たのである。
その後、電話に気づき一緒に居たスインと病院に向かうと…
病院に居たのは何とグヌ!その様子に、複雑な心境なジニョンとスインだったのである。
この複雑に絡み合った4角関係は今後どうなるのか…
第4話から第6話までの感想
第3話までのジニョンは何かとチュニを困らせていましたよね!
ですが徐々に、自らのプライドを捨てチュニの為に懸命にアルバイトし、
後輩にも侮辱されながらも、必死に耐える姿を見ると、惹かれてしまいますよね〜
ジニョンの元マネージャーのテソンが、ヒョヨルのマネージャーもクビになったので、今後テソンは何らかの形でもいいからジニョンと一緒に活動して欲しいですね!
ようやくシャインスターの練習生となったチュニなのですが、先輩練習生のピルニョだったり、ヤン理事の愛娘スインをはじめ、女性からの嫉妬が多くやりづらい事が多いのが現状ですよね!
今後チュニはイタズラをされ続けると思うのですが、ジニョンとグヌが守ってくれるはずです!
チュニ自身は今はビョルとの生活のこと、父ミョンシクのことでいっぱいいっぱいだと思うのですが、内心ジニョンもしくはグヌのことが好きなのでは?
と思ってしまいますよね〜
今後スインも加えた、4角関係も見逃せれませんね♪








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。