トンイ-あらすじ-10話~12話

韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-10話~12話の感想をネタバレありでお届け!
視聴率-キャスト情報-相関図-ランキングなどすべて無料!最終回まで全話配信します。

トンイ1.jpg
平均視聴率23.0%、最高視聴率33.1%と言う大ヒットを記録した韓国ドラマ-トンイ(同伊)!
貧しい身分の出身から王の生母として、側室では最高位の「淑嬪」を授けられた女性の一生を描く。
地上波でもBSでも放送された、実話ベースの超人気大作がここに!





韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-全話
ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
トンイを助けるために監察府に出頭したオクチョン。
自分の立場よりも、人のために行動出来る人ですね。
信頼が大事だとわかっているのでしょう。
それでは、10話からいってみましょう~♪

【トンイ】(ネタバレあり)

10話

オクチョンが出頭したことで監察府から解放されたトンイ。
しかし、王妃の殺害容疑でオクチョンが無実の罪を着せられたと知る。
オクチョンの汚名を晴らすため、証拠探しをはじめるトンイ。
あの時の判官(粛宗)に協力してもらおうと漢城府を訪れるが、
本物の判官から「名前も知らぬ」と追い払われてしまう。
そこで、医員の遺体から証拠を探そうと考えるトンイ。
たった1人で捕盗庁の検視室に忍び込むのだった。
検視室で医員の遺体を見つけたトンイは、
ある液体を使って、医員が劇薬に触っていない証拠を掴む。
しかし、検視室から出たトンイを発見するヨンギ。
遺体を調べていた理由をヨンギから問われたトンイは、
事実をすべて正直に説明するのだった。
同じ頃、チョンスはトンイの行方を捜していた。
検屍官として捕盗庁に入り、手がかりを得ようと考えたチョンス。
一方、ヨンギに任せて戻ろうとしたトンイを何者かが襲う。
ちょうど捕盗庁に向かっていた粛宗に助けられるトンイ。

11話

粛宗に救われたトンイは、昼に漢城府を訪ねたことを話す。
「どうして私を知らないと仰ったのですか」と質問する。
判官を装っている粛宗の苦しい言い訳を信じるトンイ。
トンイから遺体の証拠の話を聞き、捕盗庁に向かう粛宗。
オクチョンの証拠を直接自分の目で確認するのだった。
トンイの手柄によって再び助けられたオクチョンは、
彼女を宮女として自分の元で使いたいと考えるように。
翌日、街に出ていたトンイは、粛宗とばったり出会う。
そこにヨンダルとジュシクもあらわれ、一緒にお酒を飲む4人。
日頃、王ではないただの男として過ごしたいと感じていた粛宗。
トンイのおかげでその夢が叶ったと喜ぶのだった。
そして、粛宗はトンイの夢についても質問する。
「今度生まれ変わったら、奴婢ではなく仕事に就ける者になりたい」
そう答えるトンイを見て、彼女を宮女にしようと決心する粛宗。
翌日、掌楽院にトンイ宛ての任命書が届く。
宮女に命じると言う異例の内容に、皆大騒ぎになるのだった。

12話

監察宮女として異例の大出世を遂げたトンイ。
監察府の女官らは、奴婢出身のトンイに猛反発する。
オクチョンの推薦と聞き、大妃の反発もすごいものだった。
しかし、王妃の承諾がある以上、トンイの入宮を覆すことはできない。
そこでユ尚宮は、定期試験の実施を企てることに。
定期試験の成績が悪い者は、宮人の資格を失う規則となっていたのだ。
言われるがままに定期試験を受けるトンイ。
しかし、課題はトンイが見たこともない書から出題されていた。
一方、粛宗はトンイが宮女となり、自分が王であることを知れば
今までのような関係ではなくなってしまう、と少し寂しさを感じていた。

10話~12話までの感想

トンイ、大出世です!
どんな時代でもたくましい女性はいるんですね♪
賤民のトンイにはつらいこともたくさんありそう。
だけど、絶対に頑張ってほしいです。
私はトンイをいつでも応援しますよ~!(笑)
それでは、次回もお楽しみに♪
<<7話~9話  |  13話~15話>>
トンイ-各話あらすじ」はこちらから
韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-全話








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。