ドクターズ-恋する気持ち-5話-6話-のあらすじを感想付きで詳しく!

韓国ドラマ-ドクターズ-恋する気持ち-あらすじ-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ドクターズ-恋する気持ち





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
13年ぶりに再会したヘジョンとジホンは先輩医師と後輩医師の関係に。
2人の未来はいかに??

【ドクターズ-恋する気持ち】(ネタバレあり)

第5話 守られる事

ソウは診療のスキを狙ってユンドに告白する。
「好きよ」と唐突にソウは切り出すのだった。

ユンドは軽く受け流すが、ヘジョンをやたら意識するソウの気持ちはわかるようだった。
「俺もあいつは気に入らないから追い出してやろうか」とヘジョン追い出しにかかるようだった。

夜、へジョンを送って来るジホン。
ヘジョンに向かって「お前が学ぶべきことは守られることだ」と言うジホン。

「その必要はない」と言うヘジョン。
「事実は修正できないが心は修正できる」と教えるジホン。

人生の上で男としてヘジョンの側にいたいジホンのアプローチだった。

ミョンフン院長は経営においては優れた力を発揮していた。
一方利益追求ではなく、人の為になる医療を求め続けている神経外科医のキム・テホ。

常にミョンフンとは対立していた。
ジホンの父理事長も、テホと同じ考えだった。

ゆえにミョンフンとソンジョンには理事長ドゥシクが目の上のたんこぶだった。
追い出し作戦にかかるようだ。

ユンドは急患の患者の手術に向かう。
本来の助手はソウだが、ヘジョン追い出し作戦を実行するユンドは助手にヘジョンを指名。

「手術に失敗したら病院を追い出す」と言うユンドに正面から立ち向かうヘジョンだった。

手術室に向かうヘジョンに「無理だ」と言うジホン。
「負ける気がしない」と言う強気のヘジョンは手術室へと向かった。
ジホンはヘジョンの助手として一緒に手術をする事に。

ヘジョンは難しい手術を見事成功させる。
ユンドは素直に負けを認め、謝るのだった。

ヘジョンを敵対視していたユンドですが、少し違った感情に目覚めたようです

ヘジョンとジホンは休憩時間、2人並んでベンチに座る。
ジホンはヘジョンに真っ直ぐなアプローチをする。

生徒としてではなく、1人の女性としてい見ていることを伝えるジホン。
それを聞き、動揺が隠せないヘジョン。

ジホンは「また答えを聞く」と言う。
「その時には無条件でイエスだぞ」と言い残し去って行った。

2人のやり取りに胸キュンしちゃいますね~

ヘジョンはジホンに頼みごとがあり電話する。
祖母の診療記録が見たいヘジョンは、理事であるジホンに見て欲しいと頼むのだった。

その時、1人の怪しげな男が病院の中へ入って来るのを見たヘジョン。
ジホンには「また後で」と言い走って行くヘジョンだった。

やくざの親分を心配したヘジョンは病室へと向かった。

親分はベッドに縛られ口にはガムテープ。
ヘジョンは怪しい男に後ろから羽交い絞めにされる。

この男は弟を殺されたと言って興奮していた。
刃物を持つ男を刺激しないよう静かに対応するヘジョン。

もう少しで説得できそうだと言うその時に、タイミング悪く部屋に入って来たのはユンドだった。

ヘジョンは男から刃物を奪い取り応戦する。
もみあいとなり犯人と一緒に倒れこむヘジョン・・・床には血だまりが・・・!!

そこにやって来たジホン。
スニからの電話でヘジョンと連絡が取れないことを心配したスニの言葉で、病院へ飛んできたジホンだった。

第6話 平凡な日常

ジホンは血だまりを見て焦る。
それはヘジョンではなく男の怪我だった。

すぐに手術室へと運ばれる男。
ジホンは無事だったヘジョンを抱きしめる。

ユンドはヘジョンの姿を見てばつが悪くて引き返す。

それもそのはず、刃物男を見て逃げ出そうとしていたユンドですものね

しかしヘジョンは「自分は喧嘩のプロだから恥じることはない」とユンドを慰める。
そんなヘジョンにユンドは胸がときめくようだった。

ヘジョンはジホンの赴任祝いにと花を持ってやって来る。
そして祖母の記録を見て欲しいと頼むのだった。

ジホンは「これが病院を移って来た理由なのか?」と言い、カルテの番号が記されたメモ用紙を破り捨てるのだった。

ソウはユンドがヘジョンをかばう姿にやきもちをやく。

ソウがユンドと食事中に倒れて搬送された食堂の店主オ・ヨンミ。
ソウは個人的な感情から幾度となくヨンミの所へとやって来る。

そして「あの女を呼んで欲しい」と頼まれるソウ。

ヨンミの別れた旦那はどうやら不倫をしていたらしい。
現在は結婚して一緒になっているその女を呼んだヨンミは、彼女の顔に唾を吐きかける。

長年の恨み憎しみを吐き出すことが出来たヨンミだが、直後意識を失い容体が急変。
そして帰らぬ人となってしまった。

ヘジョンの患者として診察に来たのはヘジョンの継母イ・ガジンだった。
顔面麻痺のようである。

母とは思っていないヘジョン、他人のように冷たく接する。

ユンドに継母の手術を頼むヘジョン。
ユンドはヘジョンの複雑な家族関係を思い、手術を引き受けることにする。

ジホンは「ヘジョンの欲しがっていたものだ」と言って祖母の診療記録を手渡すのだった。
「真実がお前を幸せにするなら、力を貸すよ」と言うジホン。

帰ろうとする2人の頭上からは雨が。
慌てて走り出すジホンとヘジョン。

電話ボックスを見つけ雨宿り。
しかしジホンは「嵐が過ぎるのを待つより、雨の中で踊るべきだ」と言っていきなり踊りだすのだった。
一緒に踊るヘジョン。

ジホンはヘジョンに言う。
「今から男としてお前にある行動をする」と言いキスをする。

第5話から第6話の感想

ヘジョンとってもカッコイイ女医さんです!!
腕っぷしも強く、医師としての腕もいいなんて。
家庭環境には恵まれていない子供時代を過ごしたヘジョンですが、祖母にはとても大切に育てられましたよね。
医者として立派に成長したヘジョンの姿を祖母に一目見せてあげたかった事でしょう!
必死に走り続けてきた人生の中で、ヘジョンはジホンと再会しました。
かつての先生と生徒ではなく、医師としての再会。
そしてジホンはヘジョンを1人の女性として愛おしく想っています。
隠すことなく直球でアプローチするジホン、男前ですね~。
2人の掛け合いは見ていてキュンとしちゃいます(^▽^)/
ユンドもこのところヘジョンがとっても気になる様子。
ユンドを好きなソウにすれば、そりゃ~面白くないですよね。
13年前のように・・・。
苦労してきたヘジョンの、人生の癒しになるジホンとなって欲しいものです(*´∀`*)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。