バベル-愛と復讐の螺旋-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユラが突然ジョンウォンを訪ねてきました。
その直後ジョンウォンは出血、倒れてしまうのです。

【バベル-愛と復讐の螺旋】ネタバレあり

第19話

病院へは行きたくないと言うジョンウォン。
医者を呼ぶミソン。

ジョンウォンの状態を聞きつけ駆けつけてきたウヒョク。
そこにユラが。

「あなたの子?違うでしょう?あなたを利用しているだけかも」と言うユラに。
「構わない。誰の子を宿していても。私の愛する人だから」と言うウヒョク。

ユラはショックだった。
ウヒョクの事を想っているユラにとっては辛い現実だった。

スホはコサンのトップに君臨。
そして、母親をも会議には入れようとしなかった。

母が望んでいた、スホを後継者にする事でしたが。スホのささやかな抵抗が始まったよう ですね

ウヒョクとぺユンは、計画通りことを勧める。
チョ・ソンヒを病院へと移送中だとの情報を流す。

やはり内部に密告者がいた。
情報はすぐに知られることに。

ウヒョクとぺユンは協力者の刑事と共に、病院に張り込む。
必ず、ソンヒを殺しに来るだろうと思っていた。

ところが。
ソンヒの部屋に入って来た男は、別人だった。
ウヒョクたちが捜している男ではなかった。

罠だと感じた殺し屋は、わざとほかの男を行かせたのだった。

恐怖に怯えていたソンヒ。
ソンヒの口から、「シン理事に従っただけだ」ヒョンスクの指示ではなく、スチョルの指示だったことが判明。

ヘリ墜落事故の首謀者は。
スチョルだったのだ。

第20話

スチョルがソンヒを始末できなかったことで、スヒョクはスチョルを殺そうとしていた。
殺し屋はスヒョクに指示され、スチョルの元へと向かっていた。

ウヒョクたちもそのことを気付く。
スチョルが危ないと思ったウヒョクたち。

しかし一足遅く、そこにはスチョルも殺し屋もいなかった。
スチョルは行方不明となる。

ウヒョクは上司に呼ばれる。
「ここで終わりにしろ」と言う上司の言葉。

上からの指示で、このヘリ墜落事故は。
「チョ・ソンヒの保険金詐欺」と言う結末になる。
腑に落ちないウヒョクの部下達。

ソンヒが「シン理事に指示されただけだ」と証言したにも関わらず、終結させようとする上司。

ぺユン刑事は部下が見ている映像を見て思い出す。
ドローンで盗撮した男が昨日捕まっていたことを。

押収した昨日のドローンから、カメラを借りてくるぺユン刑事。
そこに、ミノ殺害事件当日の映像が映っていた。

ミノに、ペーパーナイフを振りかざすジョンウォンの姿が映っていた。
すぐに検察と刑事達は動き出す。
「すぐに出国停止にしろ」と。

空港で待ち伏せていたのはウヒョクたちだった。
「どこへ?」と言うウヒョクの言葉に、驚いた様子のジョンウォン。

「テ・ミノさん殺害の嫌疑で逮捕します」と言い、ジョンウォンの腕には手錠がかけられるのだった。

愛する人に、手錠をかけなければならないウヒョク。心が痛みます

第21話

取調室へと連行されるジョンウォン。
ウヒョクは1人で、ジョンウォンの所へとやって来る。

「心配しないで。ダメな記者だったけれど、検事としては優秀だから」と話すウヒョク。
「隠していることはない?僕が君を守るから。君は僕の愛する人だから」と言うウヒョク。

この様子をオ係長が見ていた。

ぺユン刑事も、ウヒョクがジョンウォンを想っていることは知っていた。
複雑な心境のぺユン刑事とオ係長。

ウ室長も、昨夜からジョンウォンと連絡が取れず心配していた。
ミソンの店にこっそり侵入するウ室長。
翌日、ジョンウォンが逮捕されたことをニュースで知るのだった。

「ジョンウォンがミノ殺害の嫌疑で逮捕された」と一報を受けたスヒョク。
検事総長に電話をかける。

「息子を殺された母として頼みがある」と言うスヒョク。
「ジョンウォンに厳罰を望む」と言うのだった。

スホはスヒョクとは逆だった。
コサンとしては彼女は犯人ではないと言う意見だと話す。
弁護団を立ち上げると言う。

ユラはミノの通話記録を調べていた。
すると「プロ」と言われる相手に電話をかけていることがわかる。
それは興信所だった。

ジョンウォンとウヒョクの関係を知っていたミノ。
ユラはその事実も知る事となる。

ウヒョクに会いにやって来たユラ。
「捜査から降りて。私的感情に左右されるなんて検事らしくない」と言うユラ。

本当に、ジョンウォンが犯人なのでしょうか・・・何かを隠していますよね

第19話から第21話の感想

スヒョクは、ジョンウォン逮捕を受け検事総長にお願いしました。
「ジョンウォンに厳罰を」と。
7年も家族として生活してきたスヒョクとジョンウォンです。
それなのに、何とも無慈悲な言葉ですよね。
全ての罪をジョンウォンに着せようとしているのでしょうか。
ドローンに映っていたジョンウォンとミノ。
ペーパーナイフをジョンウォンが握りしめ、ミノに向けて振りかざしているところだったのです。
これは徹底的な証拠となりそうですが。
ジョンウォンが本当に犯人なのでしょうか・・・。
真実が見えず、ドキドキしてしまいます。
テ会長が乗っていたヘリコプター墜落事故。
スチョルが首謀者のようですね。
スヒョクは親族であるスチョルをも消そうとして人を送ったようですね。
保身のためにはどんなことでもするのでしょう。
恐ろしい人です!




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください