パーフェクトカップル-あらすじ-16話-17話-18話-感想ありで詳しく紹介!


韓国ドラマ-パーフェクトカップル-あらすじ-16話-17話-18話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、チョロンたちが勝手にペンションから出て
自分たちで警察署に行った。
互いの祖母が来てケンカになる。

グムシクはジェスンにまた嘘をついた

【パーフェクトカップル】ネタバレあり

16話

チョ・グムシクとホ・ダヘは話を始めた。
ダヘはシン・ジェスンの息子を戸籍に入れるのかと聞くとグムシクは関係ないと答えた。
そして、財産の事も言ってきた。グムシクは戸籍も財産も君には関係ない。娘のチョロンは君に似てほしくないから離婚したんだと言った。
ダヘは娘たちには常に私がついていると言い席をたった。

ナム・ギジャの家を間借りしていたクム・スジョの父親クム・ドグムがギジャが介護しているヨ・ボンの家に来た。
そして、ギジャと会ってしまい、咄嗟に謝った。

カプドルはカプスンが彼氏だと思っているハスが女性といる所を追いかけていた。
そして、カプドルはカプスンに話があると言い、カプスンが働いているカフェに行った。しかし、カプスンは拒否をしていた。

ジェスンの所に母親のイン・ネシムが来て、グムシクとの子供を作れと言ってきたが、
ジェスンは結婚する前に約束していると言った。ネシムはそんな約束は守らなくてもいいと答えた。
その時、チョロンが帰ってきている事に気づいた。チョロンは自分の部屋に行き、グムシクに電話をかけてジェスンたちの話していたことを言っていた。
その夜、グムシクが帰ってきて昼に会社に来ていたが、示しがつかないから来るなと言い、子供の事も傷つけるから言うなと言ってジェスンの話を聞かなかった。
そして、グムシクの携帯を確認しようとしたが、ロック解除の仕方が分からなかった。
とうとうグムシクの携帯を見ようとしてしまいましたね。解除がわからなかったとは言え疑い始めてるんですね

次の日、カプスンに友達のダルトンから連絡があり、渡したいものがあると言われた。
カプスンはダルトンの所に行くとカプドルがいた。そして、カプドルはハスが既婚者で女がいる事を言った。カプドルは最後の贈り物だと言って去って行った。
カプスンは気になり、部屋に戻ってからハスに連絡をしてみた。そして、来いと言われ、ウェディングドレスの前にハスが立っていた。
ハスはドレスの事やペアリングの事を聞いてきた。ハスが帰ろうとした時に女がいるとか聞くなと言って車に乗り去って行った。

シン・ジュンニョンはグムシクの会社に行き昼食を一緒に取った。その時に、トリの養子の事を話をしたが、
グムシクは簡単な問題じゃない。実父の了承がいると言った。
ジュンニョンは家に帰ってからトリの実父チョン・セバンに電話をかけるが番号が使われていなかった。
その夜、チョロンはキャンプに行っていておらず、ダロンはダヘの所へ行っていた。
そして、夜中にグムシクの所にダヘから電話がかかってきた。ダロンが腹痛を訴えていたからだ。
ジェスンも一緒に行くと言ったが、グムシクは待ってろと言い1人で出かけて行った。
ジェスンは家で待っていたが、グムシクとダヘの事を想像していた。

ダロンはジェスンの兄セゲが働いている病院にきた。
そして、セゲがグムシクに声をかけたが、一緒にきていたがダヘだとわかった。
ジェスンは病院まで来たが、グムシクがダロンをおぶって一緒にダヘが歩いているのを見てしまう。その光景をセゲも見ていた。
ジェスンはそのまま家に帰り1人で泣いた。
グムシクはそのままダヘの家でダロンの傍についていた。ギジャはグムシクの好物ばかり作った。
ジェスンはご飯を作って待っていた。そして、グムシクに電話を掛けるが病院からそのまま会社に向かうと嘘をついた。しかし、後ろからダヘの声が聞こえてくる。

スジェ親子はギジャの家に帰ってきた。そして、ギジャと一緒に牛乳配達に出かけた。
配達から帰ってきて、ギジャから家賃はともかく水道代や電気代を払ってと言われた。スジェ親子は謝った。
この親子はどうして、こんな風に生活をしているのでしょうか。

カプドルはハスを追いかけてきた。
ハスは別の女性と一緒にいた。女性はカプスンの事を調べていて別れると言ったが、ハスはただのミーハーで退屈しのぎに遊んだだけだと言った。
カプドルは怒ってハスに掴みかかり雨の降る中外に連れ出し殴り始めた。
カプドルは
「退屈しのぎだと。馬鹿にするなよ。あいつは誰よりも大切にされるべき女だ」と言い、取り押さえられた。

ダヘが川に遊びに行って連絡がつかなくなった。
ジェスンは止めたがグムシクは振り切って雨の中迎えに行った。その途中でダヘがタクシーに乗ったことを確認した。
グムシクはそのまま会社に行った。次の日、ジェスンはダヘに連絡し会いたいと言った。そして、会うことになった。

17話

ホ・ダヘはシン・ジェスンに会って話す必要があるのかと聞くと、ジェスンはきまづいですねと答えた。
ダヘは
「実の母親だからよろしくというのが筋だが、なんで化粧品を買ってあげなかったのか。何の権利があって携帯を使うなと言ったの?娘たちを庇うどころか叱られるのを見て
 楽しんでたのか。あなたの食事のせいで娘のダロンは腸炎になった。母親ヅラするならしっかりしてよ」と言った。
ジェスンは
「今後気を付けます。私の用件を言います。子供たちに会うのは構わないが夫に会うのはやめてください。信じさせてください。私は我慢して十分待ったつもりです。
 料理は手を抜いたことがありませんし、掃除や洗濯も完璧にやってます。常に家族の健康に気を使い、子供が帰る時間には必ず家にいました。実の母親にはなれないけど、
 自分の役割は果たします。」と答えた。

そして、ダヘはジェスンの息子のトリの養子の事を認めないと言ったが、ジェスンは私と夫の問題ですと答えた。
ダヘは欲が出てきたんでしょと言うが、ジェスンも前妻には関係ありません。今後、子供たちの事は私に連絡してください。話は以上ですと言った。
ジェスンは会計は夫のカードでと言い席を立った。
ダヘは夜中にジェスンの所に電話を掛けた。ダヘは今日のメニューはと聞くと、全て腸炎に効くメニューだった。そして、学校の用意はとダヘが聞くと
明日は日曜日ですとジェスンは答えた。そして、ダヘは電話を切った。ジェスンはダヘが電話を切ったあと、いくらでも受けて立つわと呟いた。
ジェスンが強く出始めました。きちんとしようとし始めていますね

カプドルの所に警察が来た。容疑は暴行だった。
警察署にはハスがいた。カプドルは公務員試験の発表待ちだったので、前科があれば公務員にはなれない。
ハスは告訴をした。ナム・ギジャはハスに許してもらえないかと頼んだ。しかし、ハスは自業自得ですと言って警察署を出ようとした時にダヘが来た。
ダヘとハスは知り合いだった。ハスはダヘが働いている店のビルのオーナーだった。ハスはため息をつき告訴を取り下げた。
カプドルたちは家に戻り、ギジャもダヘもカプドルも泣いた。

カプスンはハスと食事をしていた。その時、前に見た女性の話をした。その女性を助手席に乗せていたからだ。
ハスはその女性は姉だと嘘をついた。
そして、ハスは疑われないように姉を今度紹介するといい、帰りも助手席に乗せた。
しかし、カプスンが降りた後、助手席を元の位置に戻し、髪の毛がついていないか確認した。

シン・ジュンニョンはジェスンの元夫が働いていた会社を妹のシン・マルニョンと探していたが見つからなかった。
そして、家に帰り食事をした後、誰かに電話をかける。

カプドルは家の外にいた。そこにクム・スジョも出てきて話していた。カプドルは公務員試験の結果が不安で今年こそ合格しないとと言っていた。
そこにダヘが帰ってきた。次の日、ダヘの携帯にジェスンからチョロンたちの1週間分のメニューが送られてきていた。
そして、それを見たダヘは怒り、ギジャに会った事を伝えた。ギジャはグムシクの所に行って、ジェスンがダヘに会った事を言った。

グムシクが家に帰ってきた。ジェスンはチョロンたちの事を遠慮せずに接すると言った。
グムシクは家の事を他人には言うなと話した。そして、ダヘとなぜ会ったのかを聞くと、ジェスンは心配をかけたくなかった。実家への送るのも連絡も私がすると言った。

カプスンはカプドルと会った。そして、恨んでいないしお互いを応援しよう。友情を大切にしましょうとカプスンが言った。
2人は飲みに行くと、今までしてきた事が癖で出ていた。
10年も付き合ったらお互いの癖とか今までのしてきたことが自然に出てきますね

ジェスンはグムシクにチョロンたちを実家に預けに行った時に見た、スジェ親子の事をグムシクに伝えた。そして、カラオケ店でまだ働いている事も言った。
グムシクはすぐにダヘの所へ行った。グムシクはカラオケ店の事とスジェ親子の事を言った。
ジェスンが言っていた事もグムシクが伝えると、ダヘは急に走り出し、ジェスンに電話をかけ出てきなさいと言ってきた。
そして、ダヘはタクシーでジェスンの所に向かった。グムシクは追いかけた。

18話

ホ・ダヘは家の近くの公園でシン・ジェスンを待っていたが、チョ・グムシクが来た。
ダヘは家に行こうとするが、グムシクが止めた。そして、ダヘは頭は悪いけど週に1回子供に会ってはいけないのか。私がお腹を痛めて産んだ子。と泣きながら言った。
グムシクはカラオケ店をなぜ辞めないのかと聞くと、ダヘはそれしか能がないと答えた。
そして、男の事をグムシクが言うと、私がそんなに軽い女だと思っているのか。男は私の部屋を間借りしている親子だと説明した。

カプスンはカプドルと楽しそうに露天を回ったり、プリクラを撮ったりしていた。
2人はキスをしてホテルに入った。カプスンが歯磨きをしている間にハスから電話がかかってきて、カプドルが電話にでた。
カプドルはカプスンの彼氏だ。電話をするなと言って切った。

グムシクは家に帰ってきた。ジェスンにチョロンは年ごろだから女の子に必要な物を買ってあげてほしいと言った。

カプスンは夜中に目を覚まし、カプドルに怒鳴った。そして、友達にメールをしてサウナで大勢で撮った写真を送ってもらう。
母親のイン・ネシムにその写真を見て信じてもらった。
次の日、カプスンは撮ったプリクラを切って捨てた。そして、ホテルに片方のイヤリングを落としていたのでカプドルが届けたがいらないとはねのけた。
カプスンはそのままジェスンの所に行き、カプドルとの事を話した。ジェスンはシラをきりなさいと言った。
カプスンはジェスンの言う通りシラを切りとおせるのでしょうか

クム・スジェはグムシクの妹チョ・アヨンと会っていた。スジェは結婚式は質素に行い参列者は7人だけだとアヨンに行った。
そして、迷いはないかと聞くと、アヨンは貧乏であっても、間借りをしてラーメンだけを食べてる人でも後悔しないと答えた。

シン・ジュンニョンはジェスンの元夫のチョンの事を探していた。
そして、事業に成功して羽振りがいいといううわさを耳し、ネシムにその事を伝えた。カプドルは友達のダルトンと飲んでいた。
そして、ダルトンからよりを戻したいんだろと聞かれると、カプドルは
「俺の最初で最後の女だ」と答えた。
すごいですね。ここまで言い切れるのは本当にカプスンが好きで仕方ないんですね

グムシクはトリの遠足の日と言う事を忘れていて、ダヘとチョロン達4人でピクニックに行った。

カプスンはハスの為に花束を買って会いに行った。部屋に入ろうとすると、女性の声が聞こえてきて、
その内容はカプスンの事だった。ただの遊びで何でも言うことを聞くから相手にしてやっただけ。どこにでもいる女だと言った。
そして、カプスンはハスの部屋に入り、花束でハスを殴った。

ネシムはジュンニョンの部屋を掃除した。収集していたものを全て内緒で捨ててしまったのだ。
そして、ジュンニョンはジェスンの元夫のチョンを探し当てた。

カプスンはダルトンからカプドルが自分の為に警察沙汰まで起こしていた事を聞いた。
その事を聞いたカプスンは泣いてカプドルと言って走った。

ジェスンはグムシクの携帯を見ようとしたがロック解除が出来なかった。その時、グムシクが起きてきた。
グムシクは信頼関係が壊れたら終わりだとジェスンに言い部屋に行った。ジェスンもそのあとを追いかけて
初対面の時にあなたは言った。“娘たちの母親になれるか”と。目が忘れられなかった。実直で言葉に嘘のない人だから再婚を決めたとジェスンは言った。
グムシクとジェスンは言い合いになった。
グムシクは何を疑っていると聞くと、ジェスンは嘘をついたから。工場に行くと嘘を言って前妻に会ってたと泣きながら答えた。
そして、ジェスンも
「前妻の陰におびえて暮らすのは私もまっぴらよ」と言って部屋を出ようとした時に、グムシクが聞いてくれと腕をつかんだ。

16-18話感想

カプスンとカプドルは別れたのにお酒の力なのか、お互い付き合っているかのようですね。
でも、カプスンは途中で気づいて帰ってしまって、カプドルの気持ちを踏みにじってしまいましたね。
だけど、カプドルの本当の気持ちを友達のダルトンから聞かされどうするんでしょうか。

ジェスンの所も一波乱ですね。
とうとう、ジェスンが色々爆発させましたね。
グムシクも嘘をつかれるのが一番嫌いだとか言いながら、自分も嘘をついていて
その嘘は実はジェスンは知っているからその事を突き詰めましたね。
この後、ジェスンとグムシクはどうなっていくのでしょうか。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください