パーフェクトカップル-あらすじ-19話-20話-21話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-パーフェクトカップル-あらすじ-19話-20話-21話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、カプスンとカプドルは、酔った勢いでホテルまで行ってしまった。
そして、カプスンの電話にカプドルが出てしまいハスに対して彼氏だと言ってしまう。

ジェスンはグムシクの携帯を見ようとするがロックが外れない。
その事がグムシクにバレてしまう。
しかし、ジェスンもまっぴらだと答えた。

【パーフェクトカップル】ネタバレあり

19話

カプスンはカプドルの家に来ていた。カプスンはカプドルに家の前だとメールをする。
カプスンは出てきてとメールを打っている時に母親のナム・ギジャが家を出てきて何の用と聞いた。カプドルに会いにとカプスンは答えた。
ギジャは話なら私が伝えると言うと、カプスンは会って話がしたいだけです。復縁は望んでいませんと言った。
カプスンは諦めて帰って行った。ギジャは家の中から塩を持ってきて、悪い気はどこかへいけと塩をまいた。
ギジャは間借りしているクム・スジョ親子にも口止めをした。
カプスンが会いに来たけど、ギジャもきついですね。

チェ・グムシクはお酒を飲んでいた。そして、シン・ジェスンとの話を思い出していた。
ジェスンは嘘つきの話を聞きたくないと言っていた。

シン・セゲは実家で父親シン・ジュンニョンの帰りを待っていたが帰ってこない。
母親のイン・ネシムはセゲに生活費の話をした。お義母さんからの手渡しではなく銀行振り込みにしてほしいと。
その時、ジェスンも果物を持って実家に来た。
ネシムからジュンニョンは元夫を追っていると説明した。

スジョ親子は夜中にカプドルを起こしに行ったが熟睡していて起きなかった。

ジュンニョンは妹のシン・マルニョンと一緒に帰ってきた。
そして、部屋に行くと収集したものが全てなくなっていた。
ジュンニョンはネシムに怒鳴った。
ネシムはゴミにしか見えない。売っても大してお金にならなかったと言いお金を出した。
ジュンニョンは
「40年も一緒に暮らしてきてこの仕打ちか。夫の気持ちも分からないとはな。リサイクル品を拾い集める時の俺の気持ちを…」と言い、言葉につまり泣いた。
ネシムは
「暇ならおとなしくしてて。ガラクタを捨てて何が悪いの?少しは近所の目を気にしたら?子供たちまで笑いものになるのよ。カプスンの彼が来るのにみっともない。」と言った。
ジュニョンは
「よくわかった。俺は孤独だ。後悔するなよ」と言い家を出て行った。

マルニョンは馬鹿にしていると言い、セゲはやりすぎだとネシムを責めた。ネシムはカプスンの彼がくるからと言うが、カプスンは彼は来ないし結婚もしないと言った。
ネシムはお金の事を心配するなと怒鳴ったが、カプスンは彼はただの遊びでつきあってたみたいと言った。ネシムは許せないと立ち上がったが、
カプスンは、私が悪い。カプドルの親にも馬鹿にされているのに、白馬の王子様と信じるなんてと泣いた。
ネシムは見極められないなんて泣く資格なんてないと怒鳴った。
ジュンニョンが家を出て行き、カプスンの事も怒鳴る。慌ただしい日ですね

ジェスンはグムシクの家に帰った。グムシクは外で待っていた。そして、抱きしめ謝った。
そして、グムシクはずっと我慢してくれてありがとうと言った。

ジュンニョンが帰ってこない。マルニョンはネシムに何かあったらどうするのと泣きながら言った。
ネシムはセゲに連絡して帰ってこないことを言った。セゲは自分が探すと言った。

ジェスンとグムシクは以前より仲睦まじい様子だった。しかし、その様子をチョ・チョロンが見ていた。
ジュンニョンがまだ帰ってこない。
ネシムは人の気も知らないで。と言っていたが、マルニョンが兄さんを探すのが先よと怒鳴った。
ネシムは部屋に入り、留守番電話にメッセージを残した。

ギジャが働いている屋敷にまたクム・グムシクがやってきた。
そして、その日の朝のみかんの話をギジャがしていた。

ジェスンの所ではチョロンがジェスンを突き飛ばし、グムシクが怒った。
そして、チョロンは部屋で泣いていた。

セゲがジュンニョンを見つけた。束草の港で働いていた。
ジュンニョンは帰ろうとしなかった。

カプドルはダルトンからの紹介でどこかのお嬢様と食事をしていた。
その時、スジョから呼び出され、カプスンが寝込んでいた日に家に来ていた事を話した。
そして、カプドルは店からでて、カプスンと会った。

ジュンニョンはセゲに話をしていた。
ガラクタを集めていた理由を。
その夜、セゲが寝ている間にジュンニョンが部屋を抜け出し、海辺に立っていた。
セゲはいないことに気づき懸命に探した。

20話

セゲは家に電話をかけた。イン・ネシムが出た。そして、ネシムにのんきになんで寝てたのと怒鳴られ電話を切った。
カプスンたちはシン・ジュンニョンのいる所に向かおうとしていた。
セゲはジュンニョンを見つけた。
ジュンニョンは自分の父親の話をセゲにし、セゲは立派な人生だよ。まだ手遅れなんかじゃないよ。63歳だろ。若い部類に入る。医者としての意見だと言った。
セゲとジュンニョンは朝日を見ていた。
ネシムたちはジュンニョンが無事だという事を聞いて家に帰った。
そして、セゲはジュンニョンを置いて帰って行った。セゲは運転しながらジュンニョンが話していた事を思い出していた。
「俺はリサイクルもできず焼却される運命だ。お先真っ暗だ。男だって逃げ出したいときはある。泣きたいときは泣いていい。我慢するな。」だった。
そして、セゲは泣いた。
悲しい話ですね。焼却される運命なんて思わないでほしいですね

セゲは実家に着いた。
セゲはネシムにジュンニョンが帰ってきたら謝ってと言った。ネシムはなぜと言うと、
「ゴミじゃない。行き場をなくした父さんの気持ちを?部屋に持ち込むぐらい目をつむれただろ。僕らも同罪だよ。父さんが行き場がないと嘆いても気にしなかった。
 しかも無断で片付けるなんて。」と言った。
ネシムは
「まだ根にもっているの」と聞くと、
セゲは
「いびったろ。男なら文句を言うなと言ったり、食事を作るのも面倒がったりした。家に居づらくて公園で暇をつぶしたそうだ。死にたかったそうだ。今後の生活が不安だそうだ。
 退職金をドブに捨てたことを後悔している。漢江に飛び込もうとしたこともあったそうだ。孤独なんだって。いびらないでくれ」と言った。
シン・ジェスンとカプスンも自由にさせてあげようと言うが、ネシムは
「私は苦労していないとでもいうの?父親の肩を持って冷たい事」
と言って立ち上がり、自分の部屋に行き泣いた。

カプスンはカプドルと会った。その光景をカプスンをもて遊んだハスが見ていた。
ネシムはジュンニョンの部屋を掃除していた。そして、ゴミ置き場から捨てた物を拾ってきた。
ジュンニョンは家に帰ってきた。
ネシムはご飯を用意していた。しかし、ジュンニョンはそのまま部屋に行ってしまった。
ネシムはご飯を片付けてしまう。ジュンニョンも拾ってきたものを捨てに行った。

次の日、ジュンニョンはカプスンたち3人を呼び出した。
ジュンニョンはしてほしい事はないかと3人に聞いた。3人は黙っていた。ジュンニョンは
「ジェスンはトリの養子問題を解決したいだろ。これまで何もしてやれなかったからな。」と言った。
セゲとカプスンにも聞いた。セゲは特にないよと答えたが、カプスンは結婚はしないと答えた。
ジェスンから、ただの遊びだったのと説明した。
ジュンニョンとカプスンは公園で話をした。お互いが謝った。

チェ・チョロンたちは祖母の家に行った。そして、チョロンたちをホ・ダヘが公園まで送ると、チェ・グムシクとジェスンが一緒に来た。
ダヘは家に帰った。そして、チョロンたちはグムシク達からどうだったと聞かれても知らないと言って走って行った。
チョロンとダロンも受け入れるまで時間がかかりますよね。

カプスンの所に弄んだハスが来てきれいだと言ってきた。そして、殴られた事も初めてだ。つきあおうと言った。
カプスンは急いでカプドルの所に行きお店に入った。
そこには友達のダルトンたちがいた。そして、復縁したことを喜んでくれた。

ジェスンの所に幼稚園から電話がかかってきた。ジェスンは急いでトリの所に行った。
ジェスンはトリの先生からカウンセリングを薦められた。それは同い年の女の子に攻撃的になるからだ。
ジェスンはトリにカウンセリングを受けさせた。カウンセリングの先生から、トリが怒りで満ちていると言われた。
それはチョロンたちにいじめられた怒りを幼稚園の女の子にぶつけていると。

その夜、ジェスンはトリと一緒に寝る事にし、トリを抱きしめて泣いた。

21話

シン・ジュンニョンは悩んでいた。
次の日、ジュンニョンは出かける準備をした。イン・ネシムに聞かれても無視をし出て行った。
ネシムは娘のシン・ジェスンに電話をして愚痴を聞いてくれと言うが、ジェスンは用事があるからと電話を切ってしまった。
ジェスンはカウンセリングの所に行き、お漏らしの事を話した。カンセリングの先生はママはいつでも味方だとしっかり伝えてくださいと言った。

ジュンニョンは刑務所に行っていた。そこで会ったのはジェスンの元夫のチョンだった。
チョンはジェスンの事、息子のトリの事を心配していた。
ジュンニョンは養子の話をし始めた。しかし、チョンは養子に反対で、ひどい父親でも父親に変わりはないと言った。
チョンは
「自分の幸せの為に息子の名字を利用するなと伝えてください。来月出所するし、会社も順調です。トリの父親は俺です」と言い、その場を去った。
ジュンニョンは家に帰った。
ネシムはジュンニョンに質問をした。
「1つ目、男がすぐに泣くこととスネないで。恥ずかしい。2つ目、セゲに余計な話をした理由は?いびるから寝室に入るのが怖いですって?3つ目、どうして口を利かないの?
 4つ目、いつまで口を利かないつもり?離婚するの?」
ジュンニョンは質問に答えた。
「1つ目、女だけでなく男にも更年期がある。君が無知なだけだ。最近はすぐに涙が出る。腹が立ってすべてが嫌になる。2つ目。息子に話して何が悪い。情けない話だが言わずにいられなかった。
 3つ目、口を利かない理由はわかるだろ?4つ目、離婚するつもりかって?わからない。以上だ。子供の問題以外君とは話さない。」
ネシムは我慢してあげる。忍耐力だけでこれまで生きてきたもの。と答え、ジェスンの夫チョンの事を聞いたが、ジュンニョンは答えたくないと言いネシムを部屋から追い出した。
お互いがお互いですよね。夫婦だからこそでしょうか

ネシムはセゲの義母ヨ・シネに会う為にマルニョンを連れて行った。マルニョンの口には勝てなかった。
カプスンは自習室から出てきた。その時、弄んだハスが車で来ていた。つきあおう。かわいいとカプスンに言っていたが。カプスンは現れないでと言い
その場を立ち去った。
その後、カプドルと会い、試験の発表の日が近づいていた。
カプスンは合格した日にプロポースするんでしょ。10年前からの約束よと言い、カプドルは忘れてくれと答えた。
帰っている最中、ネシムとマルニョンが前から歩いてきた。
カプスンは慌てて段ボールの中に隠れた。
カプドルはネシムに挨拶をし、ネシムはカプドルにひどい事ばかり言っていた。
カプスンは家に帰るとネシムからカプドルに言った事を言われたが、カプスンは誰より目が輝いてる人よと答えた。

ジェスンの娘チョ・ダロンはトリの事をからかっていた。トリは拳を挙げていたが、ジェスンはダロンに人をからかっちゃだめと叱った。
チョ・チョロンはダロンをなぜ怒るのかと聞き、ジェスンから怒る時は怒ると言われそのままダロンと家を出てった
そして、その事を祖母のナム・ギジャに言った。
娘のホ・ダヘは食事をそこそこにし部屋に行った。カプドルはギジャに義兄に固執するな。財産が惜しくても姉さんにけしかけるな」と言った。

ジェスンたちは家で夕食を取っていた。トリは食事中に遊んでいてダロンが父親のチェ・グムシクに叱ってとお願いするが、ジェスンが告げ口したら友達に嫌われると言った。
チョロンはジェスンに水をと言うが、ジェスンは自分でとりなさい。5年生ならできるでしょと言った。
う~ん。当たり前の事ではあるんですけど、再婚ってなると分からないですよね

ハスはカプスンにつきまとっていた。
カプスンは家に帰りネシムにカプドルが合格したら結婚していいかと言うとネシムは合格したらねと言った。
カプスンは喜んでいた。その時宅配が届いた。リンゴだった。
それはハスからの送られてきたリンゴだった。カプスンはハスの所に持っていき秘書に渡して帰った。
その帰り道、カプドルと会って、結婚式や新婚旅行の話をした。カプドルは任せるとばかり言い、試験はどうするんだと聞くと、
カプスンは来年受けると答えた。

ジュンニョンはチョンに会いに行っていた。チョンはトリの新しい父親の職業や性格などを聞いた。
ジュンニョンは答えた。チョンはトリの写真を見たいと言い、ジュンニョンは携帯で撮った写真を見せ、チョンは泣いた。
ジュンニョンは家に帰り、チョンに会ってきたこと、養子の件を承諾したことをジェスンに話した。

次の日、ジェスンはグムシクと言い合いになった。ジェスンはトリがチョロンから受けてきた仕打ちを話した。
グムシクは心に溜めないでほしい。突然、爆発されても困る。ジェスンさんと言った。
ジェスンはまたさん付けで呼んだ。壁は打ち破れない。
チョロンはこの日の朝にグムシクに怒られ、学校に来ていなかった。

19-21話感想

カプスンはハスを白馬の王子様と思っていたんですね~。
遊びと分かって、花束で殴ったところは当然の報いですよね。でも、この事がきっかけなのか
ハスがつきまとっていってますね。
でも、本気で追いかけているとは思えないですけど…

ジェスンの所も問題だらけですね。だけど、子供たちが大変ですね。
親の離婚、再婚を目の当たりにして、すぐに仲良くなんてできないですよ。
でも、どんな形が正解なのか分からないのでなんとも言えないですけど…

チョロンが学校を休んでしまいました。
次回、どうなるのか楽しみです!!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください