ヒーラー-あらすじ-13話-14話-15話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-ヒーラー 最高の恋人-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ヒーラー~最高の恋人~.jpg
頭脳、ルックス、強さを兼ねそろえた業界最高と名高い便利屋が、ある女性の捜索依頼を受けたことから始まるアクションロマンス。
主演は「奇皇后」で強烈な存在感を放ったチ・チャンウク。
ヒロインには「トキメキ成均館スキャンダル」でお馴染みパク・ミニョン。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ムンシクが仕える御大がヨンシンに危害を加えようとしました。そのせいでムンホとムンシクの仲が壊れてしまいましたね。もともとムンホはムンシクのことをかなり怪しんで探ってましたもんね~。
ヨンシンはとても怖い思いをさせられ可哀想でしたが、ヒーラーとの仲はぐーんと近づきました。ふたりの進展にまだまだ目がはなせません!
では見ていきましょう。
【ヒーラー】(ネタバレあり)
13話
キム・イチャンの記者会見でヨンシンはたくさんのカメラの前でヨニの件を質問した。
ムンシクと共にこれを見ていた御大は、これはムンホからの警告だと笑う。
そしてムンシクにキム・イチャンの座に就くよう提案する。
御大宅からの帰り道、ムンシクは昔のことを思い出していた。
殴られ顔を腫らしたムンシクに御大が嘘の陳述をするよう話す。
友達を裏切ることになると躊躇するが、そんなムンシクにそれが自分と自分が愛する人の唯一の生きる道だと言い放つ。
ムンシクはヒョンヒのために道をはずれたのでしょうか・・・。
ボンスはヨンシンに「ヒーラーはやめて僕はどう?」と告白する。
「今はヒーラーのことで心に空きがない。」と断るヨンシン。
ボンスがフラれてしまいました~。でも今日のボンスは男らしくてカッコよかったです!
ユン刑事のもとにファン社長が自殺したという報告が入る。
罪を償うと書かれたと遺書を残し、所属女優達にひどいことをさせた件、コ・ソンチョルの殺人事件についても供述されていた。
帰宅したジョンフの前に師匠ヨンジェが現れる。
彼は身寄りのないジョンフの世話をし、彼に武術や生きる術を仕込んだ人である。
ミンジャとの仕事を紹介したのも彼であった。
父親が自殺をした理由を聞くジョンフに、ヨンジェは記者だったジュンソクの話をする。
ある事件を追っていたとき金に目がくらみ人を殺した。
その罪悪感で自殺したと告げる。
14話
父親が殺人犯であったことを知り取り乱すジョンフに「ジュンソクは人を殺すような奴じゃない。真犯人を探せ」と言うヨンジェ。
そしてあの写真を撮った6人目の存在、ムンホをあたるように言う。
ムンホが部屋に戻るとヒーラーがおり、写真の5人に1992年の2月に何が起こったのかを尋ねられる。
ムンホはミョンヒから昔の友人にそっくりだった泥棒の話を聞いていた。
ヒーラーの素顔は5人のうちのひとり、ジュンソクにそっくりである。
ムンホは「ジョンフだな」と尋ねる。
昔5人が集まった際、ムンホはジアンとジョンフの子守をよくしていた。
ボンスとは毎日顔を合わせていたが、ミョンヒに言われるまで思いつかなかったムンホ。
ボンスとして出勤を続けるように言う。
とうとう人に正体を知られました~。でも彼ならジョンフの心強い味方になってくれそう。
ムンホは92年の事件をジョンフに話す。
当時実家の廃車場は兄のムンシクが継いで経営していた。
ある日売れっ子記者コンビとなっていたギルハンとジュンソクが訪ねてくる。
翌日ある人物を尾行して裏金を渡す現場を確認するために車を借りに来ていた。
翌朝運転を頼まれたムンシクと共に3人はそろって出かける。
そしてその日ギルハンは死に、ジュンソクは殺人容疑で逮捕される。
その殺人事件の証人はムンシクであった。
うわぁ、事件が少しずつ見えてきましたね。
ミンジャからヨンシンのメールがジョンフに転送される。
ヒーラーに会いたいというデートの依頼であった。
会いに行こうと準備を始めるジョンフにミンジャはやめておけと諭す。
ヨンシンもやることが大胆だぁ~(笑)
15話
夜中ヨンシンが待ち合わせ場所に指定した映画館にヒーラーは現れる。
顔を見ないように距離をおいて座り、映画が終わって帰ろうとするヨンシン。
ヒーラーはヨンシンの手を少しの間だけ握る。
ヒーラーまさかの素顔での登場でした。デートですもんね。
ミョンヒはジュンソクの妻ギョンシムと会っていた。
ジュンソクが自分の元夫を殺したとはミョンヒも思ってはいない。
当時ギョンシムが夫の無実を調べていたところムンシクに「息子ジョンフを生かしておきたいなら何もするな」と言われた話を聞きミョンヒは驚く。
ムンシク!子どもを使って脅すなんて~。ひどい!
ジョンフは検察庁に保管してあるジュンソクの陳述書と供述調書を盗りに行くが、ファイルは空であった。
そこで正規に閲覧申請をする。
その流れ、普通は逆~(笑)
データベースには閲覧制限がかけられており要請者の身柄を確保するよう指示がでる。
手をまわしていたのはムンシクだった。
拘束されたジョンフを迎えに来たのはオ秘書で、そのままムンシク宅に連れて行かれる。
ムンシクは彼をミョンヒと対面させるが、ジョンフに似ていないと言いヒーラーを見た時とは違う反応をする。
それから成長したジョンフの姿に涙する。
彼女の部屋で話をしていると女の子の写真が飾ってあり、娘のジアンだと言う。
事故後ビルの屋上に駆けつけたムンホがヨンシンをジアンと呼んでいたのを思い出すジョンフ。
その写真の女の子はヨンシンのであることに気が付く。
ムンホに続きジョンフも知ってしまいました!
ミンジャの情報によりオ秘書がエレベーター事故を装いヨンシンに危害を加えようとした人物だと分かる。
13~15話の感想
過去に何が起こったのか少しずつ分かってきましたね。やはりジュンソクがギルハンを殺したわけではなさそうです。あんなに温かい笑顔をする人が人殺しなんてするはずがないと思っていたんです。ムンシクが何かやらかしていますね。
頭が切れる悪者的なムンシクですが、妻ミョンヒに対する愛情は本物のようです。彼女に対しては献身的に尽くす姿を見ると胸が痛みます~。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください