ピオラ花店の娘たち-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

両親の離婚というテーマから家族の絆を描く恋愛サクセスストーリーの今作品、両親の再婚から義姉妹になったボラとアリの関係性が心配。
ボラはジュンスのことが好きだけど、ジュンスはアリとできちゃった結婚してーって展開もややこしくなりそうですね。

では、今回は1話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【ピオラ花店の娘たち】ネタバレあり

1話

トラックの荷台から花を運ぶヘシム、ヘシムだけを働かせて自分だけは寝ていられないと言って運ぶのを手伝うジュンハンは抱き合ってイチャイチャする。
朝早く起きたボラは早口言葉を言ってウォーミングアップ、ジュンハンは朝から料理をしておりヘシムの誕生日だからアリに電話しろとボラに言う。
さて、始まりましたねーヘシムとジュンハンの仲は良さそう、普通に一緒に暮らして話していることからボラとの仲も悪い訳じゃなさそうなのかな?

そこにやってきたアリ、しかし働き詰めで服が臭いとボラに指摘され二人は口論になってしまうが、いいかげんにしろとジュンハンに叱られてしまう。
家に帰ってきたヘシム、真っ暗な部屋からジュンハンたちがケーキを持って歌いながら出てきてアリはミュージカルのチケットを渡す。
私は義姉妹とかいないんですけど、実際いるとああやって口喧嘩するくらいになるんですかね?何歳の頃に再婚したかにもよるけど、喧嘩するくらい距離は近いのね

ジュンハンから願い事を聞かれたヘシムは、娘たちが甲斐性のある男性と出会い早く嫁に行けと願い、早く夫婦水入らずで暮らすためだと笑う。

2話

アリは山奥の家に取材交渉にきていたがおばあさんに塩をかけられて追い出されてしまい、そこにやってきたソンハンに追い出されたと言うが説得しなきゃと言われる。
また来たらもっとひどい目に合わせると言って水を掛けられた二人、へシムの店にやってきたボラはヘシムが客からクレームを入れられている現場を目撃する。
なかなか無理のある設定、こういう実は誰々は登場人物の誰かと血縁関係だった~とかの設定はややこしくなりすぎて話しマンネリしちゃうのよね

ボラは車のキーを渡して、アリが私に出張だから代わりに乗って帰れと言ったというと姉だから言い過ぎだと嗜めるヘシム、ボラはだからアリが調子に乗ると言う。
アリはソンハンの車を運転しながら、出演を断る人は何かしら事情があるはずで借金取りに追われているか罪を犯しているかと考えていた。
さすがに義母の仕事に迷惑かけるのはやばいんじゃないでしょうか?どこまで関係性築いているかわからないけど、私ならさすがに色々考慮して無理だなぁ

アリはそう考えながらも山奥のおばあさんの家にどうして自分の実母の写真があったのかと疑問に思っており、あのおばあさんにも見覚えがあった。

3話

実母であるナニョンと会うアリは怒りながらどうして何も言わなかったのかと言って、取材先の家に母の写真があった事を言って初恋の人の話をする。
動揺するナニョン、初恋の人であるジェスは死んだと言うがアリはおばあさんに見覚えがあり彼に似ていたというが、ナニョンは知らないと答える。
そりゃアリも怒るのわかりますよー母親のなんかしっかり謝らない感じもあんまり好きじゃない、実際真相がどんな感じなのかわからないから言いづらいけど

出演の為におばあさんにあってほしいと言うアリ、ナニョンはアリの頼みだから会ってみると言って急ぎだから今日会いに行って欲しいと言う。
出かける準備をするナニョン、娘のピョリは「お店にきていたお姉さんは誰なの?」と母に尋ねるとナニョンは少し困った顔をしてピョリのお姉さんだと答える。
ヘシムと違って二人の娘をあまり幸せにしてなさそうなナニョン、片方の娘を幸せに出来なかったのにピョリまで作ってるんだから罪が深いですよね

車を借りてきて走り出すアリとナニョンだったが、ソンハンから出演の代理が見つかったと聞いて戻ろうとするアリにナニョンはおばあさんに会いにいくと話す。

1-3話感想

なんだかストーリーが重たくてこれを96話ってのはなかなかしんどそう、ボラとアリは仲は悪いけど犬猿の仲ってほどでもなさそうなのが唯一救いかな?
そしてピョリを出してくれば文句言えないでしょ?って展開もあまりにもお涙頂戴路線が見えちゃって、盛り上がりどころはあるのか不安。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください