ピオラ花店の娘たち-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ボラに会ったことを問い詰めようとウォンテにメールを送るヘシム、しかしウォンテはジランに責められておりメールを見られてしまう。
ジュンハンはデロたちと酒を呑んでメンスの家の前まで送るとそこでオクシムと遭遇、家に帰ったジュンハンはヘシムとメンスの仲を修復すると約束する。

では、今回は28話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【ピオラ花店の娘たち】ネタバレあり

28話

ヘシムの花店にやってきたジラン、ジュンハンはどこでこの店を知ったのかと尋ねるとへシムの親友から話を聞いたと答えるとジュンハンは喜ぶ。
大事な客を招くので明日の朝までに花を配達して欲しいと言うジラン、夕食の席でピョリはボラも招待されているという話をするとボラは部屋に戻る。
ほーんとウォンテ家は他人に迷惑をかけるっていうか…ウォンテもどうして韓国に戻ってきたんですかね、結婚する気も無い女に産ませた娘に会いに?

その夜、台本を読むジュンスにメニューの件で電話をしたアリ、ジュンスは明日会社のクッキングスタジオにきてくれと言って秘密は守れるかと話す。
ジランは部屋にわざと自分とウォンテが仲良さそうに映ってる写真を並べ、へシムの花店に行ったというとジュンハンはウォンテの正体を知らないと脅す。
嫉妬からかわかりませんけど、こういうことやり始めたらもう夫婦仲なんてもどりませんよね。まぁウォンテだって悪いのは当たり前なんですけど

寝ているボラの部屋に入ってきたアリはジュンスがアメリカで恋人がいたかの話をするが、どこの誰かは知らないし今はどうなってるかもわからないと答える。

29話

涙を流し喧嘩するヘシムとボラ、ジュンハンはどうしたんだと止めるがへシムは母親を傷つけるなんて最低な娘だと言うがボラは間違ったことは言ってないと言う。
ジュンハンは何があったとヘシムに尋ねると、父親がアメリカへ行くなり浮気したことを今日会いに行って知ったらしく、自分のことをバカみたいだと言ったと答える。
これはすれ違いですよね、多分ボラは自分を守ってくれてるってのをわかった上でそこまでしなくていいって感じの意味合いだったんでしょうけど…

ジュンハンはボラの父親も父親で20年以上たってから急に現れて母子を仲違いさせていると怒ると、ヘシムもそうだと言う表情を見せて静かに頷く。
400食を売ったデロたち、一緒に車で帰っていると泣きながら街を歩くボラを見つけてデロはすぐさま車を降りてボラの後をついていく。
こういうときだけ優しくする男、そしてこういう時に優しくされただけでコロッとしちゃう女もどうかと思いますけどねーデロのそういうとこ好きじゃない

屋台に入っていくボラの席の前に座ったデロは子供みたいに泣いているから心配になったと言ってボラに焼酎を注いで話を聞く。

30話

ジュンハンはボラを見つけ食事に誘うが、そこにやってきたウォンテはボラにCMの相談があって食事に誘ったんだと説明するがボラの表情は暗い。
一緒に食事をしてジュンハンがきたから気まずかっただろうというウォンテ、ボラはジョンハンに実父がウォンテだとはいつまでも隠せないと言う。
ジュンハンがウォンテが実父だとわかった時にどういう態度とるんでしょうか、自分の怒りよりもヘシムとボラを泣かせたことに怒って殴りそう

昨日はどうして帰ったのかと尋ねるウォンテ、ボラは認めたくなかった事実を知ってしまったからもう普通には会えないとウォンテに告げる。
ウォンテはヘシムにボラは一人で育てると言われたから辛かったが、乏しさは決して悪では無いと言うとボラはだから母は会うなと言ったんだと理解する。
それなのにへシムに強い言葉を使ってしまったボラ、早く仲直りしてくださいーへシムもウォンテ絡みになると一辺倒になるのもわかるけどね

実父は想像以上に自分勝手で二度と会わないと席を立つボラ、そこにジョンハンからメールがきてお茶にしようと連絡が入る。

28-30話感想

何度も何度も言うけどジュンハンがほんと誰よりも素敵なんだよなぁ、何があっても娘や妻を優先に考えて接するスタイルがもう素敵すぎる。
頭ごなしにボラを叱るわけでもないし、実の娘のように接してあげるのがもう優しいなーでもアリは手あげられても仕方ないと思うけどね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください