ピオラ花店の娘たち-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ボラはジュンスとソンハンが廊下で話していることを聞いてしまい二人が以前、付き合っていたことを知ってショックを受ける。
マーケットランの撮影は無事終了したが、バーで飲んでいたアリとジュンスはそのまま一夜を共にしてしまいお互い失敗したと考える。

では、今回は34話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【ピオラ花店の娘たち】ネタバレあり

34話

デロはオクシムが自分の父であるハン・ジェスではないかと尋ねると、オクシムも「すまない」と言って自分が実父であることを認める。
だますつもりはなかったと言って謝罪するオクシムにデロも会いたかったと言って抱きしめ、オクシムは施設に行かせて悪かったと言う。
「だますつもりはなかった」ってその格好で言うな!って思いますけど、せめてここでカツラくらいは取ったらどうなんですか…

院長も優しかったし苦労はしてないと答えたデロは、成功して父に恩を返したかったと言ってオクシムの手を握りしめ何度も「ありがとう」と伝える。
デロはあの時、どうして死亡届が出たのかと聞くとデロを施設に預けて逃亡している最中にナニョンの家に身を隠したが末期がんだと診断されたと言う。
デロの口食いしばる縁起が良いですね、ただ息子を施設に預けておいて自分は逃げた先の女と子供を作るって最悪だと思いますけどねー

死に場所を捜して山にいったが、姉が必死で看病し助けてくれたが借金取りに追われる身だと知ると姉が死亡届を出したと説明する。

35話

ボラに会いに来たと言ってへシムの前に現れるウォンテは「君の差し金か?」と聞くと、へシムはボラがウォンテの家に行って決めたことだと言い返す。
ボラはまだ帰ってないと言うとウォンテは待つのは自由だと言って、家の前で待とうとするがへシムはジュンハンが帰ってくる前に帰ってと言う。
親権云々で裁判になったらウォンテ勝てない奴じゃないんですか、親権はヘシムでしょうし。そういうところが嫌だってボラも言ったんですよ

君の夫に遠慮する理由はないと答えるウォンテの言葉に怒るヘシムは勝手にすればいいと言って車に乗って出ていき、ボラに連絡を入れる。
「家の前で実父があなたを待ってる」と言って、会わないようにもう少し経ってから帰ってと言うとボラもメンスの家で夕食を食べてから帰ると告げる。
こういう時はまずはヘシムにしっかり謝罪、ジランともわだかまりを解く、それからボラにしっかりと説明して会う機会を設けるのが大人のやることですよ

ボラを送っていたデロは事情を聞いて自分が夕食を作ると言うが、ボラはメンスも怒ってるからご機嫌取りに自分が夕食を作ると言う。

36話

ウォンテといるところをジュンハンに目撃されたヘシム、ジュンハンはヘシムに常務と知り合いだったのかと尋ねるがヘシムはその話がしたくて会いにきたと言う。
ウォンテはジュンハンに自分がボラの実父だと打ち明けると、ヘシムは「黙っててごめんなさい」と言うとジュンハンは騙していたのかと怒る。
ほーんと余計なことばかりするウォンテ、ヘシムもヘシムで早く説明しないのが悪いですよね…逆にどうして言わなかったの?言わない理由も無いでしょ

ジュンハンを追いかけたヘシムだったが、ジュンハンは「今は何も聞きたくない」と言ってへシムの腕を振りほどき行ってしまう。
その後、屋台で一人酒を呑むジュンハンは以前にウォンテと呑んだ時のことを思い出し、子を持てば誰でも親の資格を得るのか?と怒りを募らせる。
ジュンハンのショックな気持ちもわかりますよ、ただそこでもヘシムへの怒りじゃなくてウォンテが親の資格がないって怒ってるところが素敵すぎる

ボラはヘシムにジュンハンと話せたかと連絡すると花屋にいるとわかり、ヘシムから事情を説明してもらいジュンハンに連絡するが連絡は取れなかった。

34-36話感想

いやーウォンテがほんとに男としても父親としてもろくでもないですねーそりゃジョンハンだって怒りますよねー!
ただヘシムは早く言うべきでしたよ、どのドラマもそうだけど早く言わないから面倒になるって展開多すぎてすぐ先が読めちゃうんですよね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください