ピオラ花店の娘たち-あらすじ-61話-62話-63話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ついにジュンハンにバレてしまったアリは一人で産むと宣言するが、認められないと言ってジュンハンはアリを家から追い出してしまう。
ジュンスは両家の顔合わせに出席しなかったが、ソンハンは以前にジュンスと同棲していたことを写真付きで出版社にリークする。

では、今回は61話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【ピオラ花店の娘たち】ネタバレあり

61話

デロたちもそのSNSの記事を見てソンハンに事実確認を取るが、ソンハンはしらばっくれるがジュンスはお前が仕組んだんだろうと言う。
ボラはフェアじゃないと言ってソンハンを問い詰めるが、そっちの姉妹のほうが先に反則をしたと言って身の程を知れと言って去ってしまう。
正直、私情が入り混じりすぎてる番組なんですけどこれはもう番組とかじゃなくて部活とかの設定の方が良かったのでは?こんな番組嫌だよ

マーケットランのリハーサルが始まるがジュンスは姿を現さず、ボラがジュンスの居ないキッチンを眺め寂しそうにしている姿をデロが見ていた。
アリはまたパニック障害の発作を起こしてるかもしれないと非常階段でうずくまるジュンスに駆け寄ると、発作を起こしておりアリは急いで薬を飲ます。
他人の気持ちを察する能力の低い二人ですから、お似合いなのでは?ここ最近デロくんはすっかり蚊帳の外ですね、弱ってる女性を狙うんですかね

リハーサル抜きで本番を迎えるジュンス、マーケットランの優勝はデロたちの”庶民チーム”になりオクシムたちはテレビを見ながら喜ぶ。

62話

アリを待っていたジュンスはアリに「結婚しよう」と提案、冗談だと思い帰ろうとするアリだったがジュンスは返事をしてから行けと答えを聞こうとする。
子供の為なら結婚出来るというジュンス、アリはクムスクやソンハン、そしてボラにもジュンスの足を引っ張るようなマネはするなと言われていると言う。
ここで”子供の為”って言うのも死ぬほどかっこ悪いですよね、アリもアリでそんなに嫌でも資金面の支援だけしてもらう流れで良かったんじゃないですか

人の目は気にせず自分たちのことだけ考えようと言うジュンスにアリはあなたの言葉には誠意が感じられないと答えると、どうすれば信じてくれると話す。
生まれ変わっても無理だというアリ、ジュンスは自分も今世では結婚しないと思っていたが今は違うと言ってアリに断言するなと言って帰る。
子供の為ならそもそもこんな寒空の下で話し合うのもおかしいもので…結婚理由も仕方なくって感じですかね、優先すべきは子供のことですよ

マンションでピョリの面倒を見ていたオクシム、アリはオクシムに部屋を借りてくれたことにお礼を言うとデロの伯母だったことを尋ねる。

63話

両親いアリと結婚すると言うジュンス、それを聞いて激怒するソンジンたちだったがジュンスは許可が無くても僕たちは結婚すると言う。
ソンハンの方が条件が良いという両親にジュンスはソンハンがどれだけ残忍か知らないんだと言って、今回の結婚は自分から提案したんだと話して部屋に入る。
そもそも、最初からソンハンのことを嫌って距離を置いてたのにどうして両家の顔合わせになるまで発展させたの?最初からしっかり断りなさいよ

ピョリは動画に出たことで「また出演させてほしい」とコメントが溢れており、デロたちも好評を受けてピョリをまた出そうと計画していた。
メンスはピョリに会うのは口実で本当はボラに会いたいんだろうと言うと、デロも乗り気でボラに電話をするとボラは公園で一人泣いていた。
まぁ、失恋の時に回復が早いのは新しい恋ですからねー靡かない男を想うよりは優しくしてくれる近場の男で回復しとくのはありなんじゃないですか?

ボラはジュンスがアリに結婚を申し込んだと言うが、アリはジュンスを愛しておらずジュンスも子供の為だというのが悔しいと言う。

61-63話感想

結局、他人を不幸にし続けるアリとジュンス、他の人が関係ないならまだしも近場で迷惑行為されるのは厄介ですよねーボラも可哀想ですよ。
ボラとデロ、アリとジュンスが結婚した場合って何度もジュンスの顔見ることになるけど、ボラの気持ちはどうなっちゃうんでしょうね?




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください