ファジョン(華政)-あらすじ-10話-11話-12話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ファジョン(華政)-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

華政

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
日本の長崎の硫黄鉱山で働くファイ(貞明公主)。
朝鮮との硫黄の取り引きで鉱山主のピンチを救います!!

スポンサーリンク

    【ファジョン(華政)】ネタバレあり

    スポンサーリンク

    第10話

    ファイとして、男として、倭の国の鉱山で生きている貞明公主。
    江戸へ行くと言う。

    「男の格好をした女だとバレたらその場で殺されるから駄目だ」と言うジャギョン。
    朝鮮へ帰るために、通信使にコンタクトを取ろうとするファイだった。

    王はホン校理(ジュウォン)に倭国から直接硫黄を買い付けるよう闇取引を命じる。
    王の命令とは言え、違法な取引。

    ホン校理は反論するが、バレなければよいと言う王だった。

    ファイは男の格好で関所を通る。
    しかし女だとバレそうになるが、ちょうどそこへ通信使が通りがかりどさくさにまぎれファイは江戸へと向かうことが出来るのだった。

    同じ頃、江戸にやって来たホン校理(ジュウォン)。
    街の酒場で通信使らしきホン校理を見かけたファイは様子をうかがっていた。

    ホン校理が帰り際、重罪人にいちゃもんを付けられる。
    それを助けたファイは「名を名乗り合おう」と言う。

    「火器都監で働くホン・ジュウォンだ」と言う目の前の男にファイは・・・。

    スポンサーリンク

    第11話

    国境の視察に向かう王。
    その姿を一目見て目に焼き付けて置こうと大妃。

    大君と公主を失った大妃は王を許すことが出来ません(# ゚Д゚)

    ホン校理に闇取引の仲立ちを頼まれるファイ。
    マルノにその話をするファイだが、マルノは「闇取引がバレたら張りつけの刑だぞ」と言って断るのだった。

    しかし。
    結局マルノはファイの頼みを聞き入れ、江戸のイダチと呼ばれる商人に会えるよう取り計らってくれる。
    しかしマルノは「自分が出来ることはここまでだ」と言ってファイを送り出すのだった。

    命の危険があることは承知の上。
    ジャギョンは心配でいてもたってもいられなかった。

    ファイは通信使の船で朝鮮へ帰ることを望んでいます

    ファイの助けも大いにあり、難しいイダチとの交渉も無事に終え、闇取引が出来るようになったホン校理。

    江戸の街並みをファイと2人で散策しながら、街の様子を書き留めていくホン校理だった。

    その頃、国境の視察にやって来た王。
    イチョムは王の様子を常にうかがっていた。

    江戸のホン校理に尾行をつけて調べさせていたカン・ジュソン。
    王の狙いが闇取引の硫黄だと知る。

    王自身が倭の国からの闇取引を指示したとなれば大変なことになる。
    あえて世間に、この事実を知らしめなければと企むジュソンだった。

    スポンサーリンク

    第12話

    ホン校理は硫黄の闇取り引きをする。

    イダチが用意した穀物に紛れさせた硫黄。
    ファイは「取り引きが成功するまで見届ける」と言って側に付き添うのだった。

    突如として金が鳴らされる。

    そしてイダチとホン校理たちは全員お縄となってしまうのだった。

    しかしファイは「ホン校理を助けてやる」と言い、「自分に騙された、穀物だと思ったと言えばいい。通信使ならすぐに釈放される」と言う。

    ファイの言葉の通り、すぐに釈放となるホン校理。
    「誰が密告したのか」と考えホン校理は護衛の男が怪しいと気付くのだ。

    護衛の口から誰に命じられ密告したかを知るホン校理はショックを受ける。

    王の命令で闇取引きを命じられたホン校理。
    しかし王が密告。

    それには理由があった。

    硫黄の買い付けを邪魔したものを捜し出すためのおとりだったと言うのである。

    牢に入れられたファイは、ホン校理を信じて待っていた。

    通信使の船が出る前に、硫黄をすべて取り返し、ファイを必ず救い出し朝鮮へと連れて帰ると言うホン校理。

    ジャギョンは手薄になる時間にロウの鍵を開けファイを助け出すのだった。

    しかし通信使の船は、ファイを待たずに出航してしまうのだった。

    侍に追われるファイ。
    ジャギョンは自らが犠牲となり、ファイを逃がす。

    そして海に辿り着いたファイを小舟で迎えに来たのはホン校理だった。
    ファイは「ジャギョンを犠牲にしてしまった」と泣き崩れてしまう。

    通信使の船は出てしまったけれど、ジュウォンが助けにやって来てくれました!!
     裏切られなくてホントに良かった~

    王は。
    イチョムの昇進を告げるが、イチョムは王が何かを隠していると勘繰るのだった・・・。

    スポンサーリンク

    第10話から第12話の感想

    なんとしても朝鮮へ戻りたいファイ。
    噂で、弟の大君は王に殺されてしまったと聞くファイ(貞明公主)です。
    自分と弟と母達をこうして追いやった光海君を許せないのは大妃と同じ気持ちですよね。
    このまま倭の国の奴隷として人生を追えるような公主ではないはずです!
    男として関所を通り抜けようと、命を危険にさらしながらも果敢に挑むファイ。
    とても聡明でマルノを助け、異国の地でもとても重要な人物になっていたファイ。
    朝鮮へ戻る手段として通信使の船に目を付けました。
    そして、幼き日に公主の婿候補の1人であったホン・ジュウォンとの再会。
    もちろんジュウォンは気付いていないようですが、縁があるのでしょう。
    彼によって助けられ、朝鮮へ戻る糸口が出来ましたね。
    公主の兄として宮中で王座についていないときの優しい光海君はどこへやら・・・。
    王座を守り抜くことを強いられ、とても孤独で気の毒な光海君でもありますが、昔の優しさが懐かしい光海君です。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください