ファジョン(華政)-あらすじ-13話-14話-15話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ファジョン(華政)-あらすじ-13話-14話-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

華政

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ファイ(貞明公主)は通信使のジュウォンと一緒に朝鮮へ戻ることは出来るのでしょうか。
イチョムは王が何か隠していると探りを入れていますが・・・。

【ファジョン(華政)】ネタバレあり

第13話

ジュウォンは護衛の者に船の舵に細工をするよう命じるのだった。
そして夜中に船を止め、小舟で後から通信使の船に追いつこうと考えるジュウォンだった。

どうしても、ファイを連れて帰らなければと思うジュウォン。

小船は無事通信使の船に追いつき、ファイも朝鮮へ戻ることが出来るのであった。

かつてジュウォンは「公主様を必ずお守りいたします」と言った。
しかし今、ジュウォンは光海君の手先となりファイ(貞明公主)の前に現れたのだった。

公主の想いも複雑ですよね

船首に立ち、ファイは自分の失った座と全てを取り戻す事を決意する。

久しぶりの朝鮮の地に足を踏み入れたファイ。
王宮の外を知らないファイに、少々不信感を抱くジュウォンだった。

朝鮮に帰って来たファイは、大妃の様子を街行く人に尋ねるのだった。
しかし誰も口を開こうとしない。

自分の目で母が幽閉されている屋敷を見に行くのだった。
そして、母を守ってくれた重臣たちがまだ残っていることを確かめたファイ。

カン・イヌはジュウォンの屋敷でファイを見つけ怪しい奴だと疑うが・・・。
腕をまくり上げ、ファイが女であることに気付いたイヌ。

ジュウォンはファイが女だとは思ってもいなかったのだ。
生真面目なジュウォンはショックでたまらない。

イヌはジュウォンの部屋に忍び込む怪しい奴を捕らえる。
そして顔を見て、父に仕えるものだと確信するのだった。

第14話

カン・ジュソンは、兵曹判書に昇進したイチョムを祝いの宴に招待するのであった。
イチョムの疑い深い性格は相変わらずで、何故自分を宴に招いたのかを勘ぐっていた。

父がジュウォンに何をしようとしているのか心配なイヌ。
父に問う。

「誰よりも力をつけるためだ」と答えるジュソンだった。
「火薬づくりに力を入れる光海もそれに動じて火遊びをするジュウォンも放っておけない」と言うジュソン。

イヌは「力比べには興味がない」と言う。
「ジュウォンに手を出すなら、自分が父に刀を向けなければならない」と答え、部屋を後にするイヌだった。

イヌはジュソンの庶子でしたが、嫡子として面倒を見てもらっているようですね

ジュウォンに頼みごとをしていたファイ。
火器都監で働きたいと。

復讐を遂げるため、光海君の心臓部である火器都監へ入り込もうとするファイだった。

火器都監で倭の国にしか出来ないと言う硫黄の”焼き取り法”を見せてやろうと言うファイ。

朝廷では重要な案件が議論されていた。
明からの出兵要請を拒むと言う光海君。

「わが軍の兵士達に異国で血を流さすことは出来ない」と。

重臣たちは反対する。
「明の保護下にある朝鮮は弱小国であるから従うしかない」と言うのだった。

朝廷で。
王は「今まで非公開としてきた火器都監をこれから見せてやる」と言う。

“焼き取り法”を見せようとしていたファイの元にも、今からここ火器都監へ王がやって来るという声が聞こえてくるのだった。

一目でも王の顔を見ようとファイは離れた場所から覗いていた。

憎しみが湧きたつファイです(# ゚Д゚)

長年失われていた火薬の製造法が書かれた秘伝書も手に入れたと言う王。
「己の国は自分で守れる国にする」と言う光海君だった。

第15話

硫黄班では大騒ぎ。
ファイが言う通りの方法で蒸気が出ていた。

ファイが”焼き取り法”を知っているのはどうやら本当だと騒がれていた。

ファイを捜すホン校理。

その頃、火器都監に侵入していたと言ってファイは王の前に跪かされていた。
「何者だ!」とイチョムに問われ、「何者か答えてやろう」と睨み返すファイ。

そこに飛んできたのはホン校理。
倭国から連れてきたと知り、王は「信用出来ない」と言い放つ。

王はホン校理から「ファイが唯”一焼き取り法”を知る技術者だ」と言うことを聞かされ、一任することを決めるのである。

王が名も知れぬ怪しいファイを認めた理由。
それは、ホン校理が「万が一の時には自分が責任を取る」と言ったからだった。

そして王は。
自分を睨み返してきたあの顔が引っかかるようである。

どこかで見た事がある顔だとファイの事を思う王ですが・・・

王はカン・ジュソンの所へとやって来る。
そして「火器都監の官職についてもらえないだろうか」と頼みにやって来たのだ。

王とカン・ジュソンは。
お互いの腹の内を探り合うのだった。

いよいよ本格的に火器都監で働くことになったファイだった。

貞明公主の念願の火器都監です
 恨みを晴らすために・・・

第13話から第15話の感想

念願の朝鮮へ帰国することが出来たファイ。
倭の国で硫黄についてあらゆる知識を知ったファイです。
やっとその知識が生かされる時がやってきましたね。
王の心臓部と呼ばれている「火器都監へ入りたい」とジュウォンに頼み込むのでした。
王宮から遠くへ追放され、死んだと思われている貞明公主。
こうして王宮にまた戻ることが出来ました。
弟を亡くした悲しみと怒り、母が幽閉されていることへの恨み。
これらが公主を強くしたのでしょう。
男として入国してきた公主ですが、ジュウォンにも女だとバレる日がやってきましたね。
幼き日、「自分が必ず貞明公主を捜し出し、お守りします」と言っていたジュウォン。
月日を経て公主とこうして再会したのをきっかけに、今後公主の力になってくれることを期待しますね(^▽^)/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください