ファジョン(華政)-あらすじ-22話-23話-24話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ファジョン(華政)-あらすじ-22話-23話-24話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

華政

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジュウォンはイヌと話していたファイが泣きながら立ち去ったことでイヌを問い詰めます。
イヌはファイの本当の正体に気付き始めたようですが・・・。

スポンサーリンク

    【ファジョン(華政)】ネタバレあり

    スポンサーリンク

    第22話

    母が捕らえられるのを目にしたファイ。
    思わず駆け寄ろうとするが、イヌに止められる。

    「これからは私が公主様をお守りします」と言うイヌ。

    ジュウォンはイヌに「ファイが王の敵ならどうする?」と聞かれる。
    「王の手先のお前の答えを聞きたい」と言うイヌに、答えることが出来なかった。

    光海君(王)は大妃を断罪したくはなかったという。
    自分が手を下してきたも同然(イチョムとキム・ゲシ尚宮のすることに黙認してきた)の永昌大君と貞明公主の死。

    我が子を亡くした母大妃をさらに自分の手で断罪は耐えられなかった王です

    ホ・ギュンは話す。
    「光海君(王)に大妃を殺させ、次は光海君(王)を殺す。そうするとジュソンの思うがままの世が作れる」と。

    イチョムはキム・ゲシ尚宮に「今回の件は大妃を陥れる罠だ」と話す。

    キム尚宮はそれを王に話すと「ホ・ギュンだ」と心当たりがあるように話す。
    そして「大妃に会い真実を知りたい」と言う光海君(王)。

    イチョムから、ホ・ギュンが会っていたのがファイだと聞いた王はファイを捜す。
    ジュソンは王より先にファイを捜そうとするのだった。

    ジュソンに危機一髪を助け出されたファイ。
    ジュソンの口から「自分がファイを守りたい」と聞くことに。

    ファイはジュウォンに女人の服を用意してもらう。
    そして自分が貞明公主であることを打ち明けるのだった。

    王に会いにやって来たファイ。
    そしてついに王にも自分が貞明公主であることを打ち明けるのである・・・。

    スポンサーリンク

    第23話

    「なぜとどめを刺すまで身分を隠さなかったのだ?」と言う王。
    ファイ(素性を明かした貞明公主)は「母のためだ」と言う。

    「ホ・ギュンを捕らえることに協力する代わりに、母を殺さないで欲しい」と懇願する貞明公主だった。

    収議(スイ・・・重臣たちが集まり、大妃の処罰を決める会)を始める時間だと迎えにやって来るイチョムとキム尚宮。
    ファイと会っていたことを知っているイチョムは、ファイの処分を王に促す。

    そこにやって来たジュウォン。
    「自分にファイを任せて欲しい」と言う。

    ジュウォンが、ファイが貞明公主であることを知っていたことを確認する王。
    そして「貞明公主をお守りするように」と命を下す。

    「大妃は廃位ではなく死罪に値する」と熱弁を奮うホ・ギュン。
    王は決断を下す。

    「大妃には廃位も死罪も免ずる」と。

    ホ・ギュンは自らの策がうまく行かなかったことで苛立ちを覚える。
    一方その頃ジュソンは、光海君(王)の動きからホ・ギュンが企てた事が感づかれたと察するのであった。
    急ぎ手を引くジュソン。

    何を信用してよいのやら、やってやられての恐ろしい時代ですね・・・

    そして貞明公主は光海君(王)の命を受けたジュウォンによって、母大妃の所へと案内されるのであった。

    感動の再会を果たす2人、それを見守るジュウォンと尚宮も涙ぐむ。

    王はイチョムに「ホ・ギュンが次は自分を狙って来る」と話す。
    そこで「ホ・ギュンを罠にかけるのだ」と光海君(王)。

    母大妃は「光海君(王)を信じてはならない。いつか必ずあなたが命を狙われている理由を話すわ」と貞明公主に話す。

    スポンサーリンク

    第24話

    キム尚宮は、王がファイの事で何か隠していると感づいていた。

    王はファイと密会。
    「約束通り、ホ・ギュンを捕らえさせてあげましょう」と言うファイだった。

    ホ・ギュンは王に知られたことで、光海君(王)を討ちに行くという。
    そこにホ・ギュンの後をつけてくるものが。

    イチョムだった。
    イチョムはホ・ギュンを助けに来たという。

    ジュウォンの屋敷にはファイを狙って数人の男達が押し入って来る。
    そこに偶然現れた笠を被った男がやって来て2人を助けてくれるのだった。

    しかしジュウォンはファイをかばって負傷する。

    ファイたちを助けてくれた男はジャギョンだった。

    そうです!かつて長崎の硫黄鉱山で一緒に働いていたあのジャギョン!

    ホ・ギュンをつけていた男はイチョム以外にもいたのだった。
    イチョムがらわれたため、その場は助かったホ・ギュン。

    ホ・ギュンとファイを狙った男たちは、全てジュソンが送った者たちだった。

    ファイは自らホ・ギュンに会いに行く。
    ホ・ギュンを捕らえるために罠を仕掛けるファイ。

    「自分が王に追われていること、昨晩ジュウォンを刺した」と嘘をつく。

    ホ・ギュンはファイがたった1人で自分の所に乗り込んできたことを確認すると、「ひと仕事頼みたい」と言う。

    スポンサーリンク

    第22話から第24話の感想

    とうとうファイは、自分の身分を明かしましたね!!
    まずイヌがファイが貞明公主であることに気付きました。
    そして自分からジュウォンに打ち明けたファイ。
    それから王の所へと乗り込んでいき、母を助けるために自分の身分を明かしたファイです。
    ドキドキしました(≧∇≦)
    死んでしまったとずっと思っていた貞明公主が生きて目の前に現れた事にびっくりする王。
    かつては兄上と呼び慕っていたのに、権力闘争の中で2人の関係が今では最悪の感情をもたらすことになってしまいましたね。
    とても極悪非情だと思われている光海君(王)。
    そんな王ですが、実は貞明公主を非常に大切に想っています。
    本当に極悪非情なのは王に仕えるキム尚宮とイチョムではないでしょうか。
    命を狙われるファイ、穏やかに過ごせる日は来るのでしょうか・・・。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください