ファジョン(華政)-あらすじ-25話-26話-27話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ファジョン(華政)-あらすじ-25話-26話-27話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

華政

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ホ・ギュンを捕らえるために罠をかけるファイは、たった1人でホ・ギュンの前に出て行きました。
ファイは無事に帰ることが出来るのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

    【ファジョン(華政)】ネタバレあり

    スポンサーリンク

    第25話

    大妃を降格となり西宮(ソグン)となったファイの母。
    そこへやって来たのはキム・ゲシ尚宮だった。

    「ファイが貞明公主ではないか?」と疑いの眼差しを西宮に向けるキム尚宮。

    怒りと不安で動揺が隠せない公主の母です(≧∇≦)

    その頃ファイはホ・ギュンに手を貸す事にする。
    もちろん罠であるが・・・。

    王が外出時を狙うホ・ギュン。
    王はファイこと貞明公主からの知らせを受け、ジュウォンに貞明公主を頼むと託す。

    ホ・ギュンは疑り深い性格故、実のところはファイを信用していなかったのだ。
    王の外出中を狙うと思っていたファイだが、屋敷に爆薬などを運び込むホ・ギュン。

    成功するまでファイを閉じ込めようとするホ・ギュン。
    そこに助けにやって来たのはジャギョンだった。

    火器都監の火薬倉庫を爆発させ、光海君(王)もろとも破滅させようとするホ・ギュン。
    ファイはジャギョンを王の元へと送り、事情を説明させるのだった。

    ファイは何とか火薬倉庫は守り抜く。

    光海君(王)はイチョムに命ずる。
    「ホ・ギュンを跪かせよ」と。

    行く手を阻まれ身動きの取れないホ・ギュン一行。

    ファイは幸い軽いけがで済んだ。
    ジャギョンもファイの身分を知っていた。
    ジュウォンに変わり、ファイの看病をするジャギョンは問う。

    「何故、王を憎むお前が助けているのだ??」と。

    スポンサーリンク

    第26話

    ジュソンは光海君(王)よりも早くホ・ギュンを捕らえようとしていた。
    その頃イヌの母は渡し場へと向かい逃げようとしていた。
    ジュソンに協力する兵士たち。

    一方その頃イヌは、イチョムに自分の父ジュソンを告発するためにやって来たのだった。
    そしてイチョムが駆けつけると、すでにジュソンに捕らえられたホ・ギュン。

    王の前で跪くジュソン。
    あっさりと罪を認めるも、今まで自分が使ってきたお金と送り込んだ兵士の数を引き合いに出すのだった。

    金と力をアピールするジュソンです

    光海君(王)は尋問も行わず、ホ・ギュンを八つ裂きの刑に処すと命を下すのだった。

    ジュソンは王に言われる。
    「お前を手なずけ、その力を手にする。明と朝鮮の重臣たちを動かせる力を」と。

    スポンサーリンク

    第27話

    光海君(王)はキム尚宮に公主を殺さないよう忠告する。
    かつてナム・サゴの予言を信じ、公主を殺そうとしたキム・ゲシ。

    キム尚宮は反論する。
    「民は惑わされる」と。
    「歴史に残る王たちも皆、予言を利用しその座についてきたのだ」とキム尚宮。

    ファイの飲む薬に毒を持った医官。
    キム尚宮の指示だった。

    ファイは気付き薬を口にせず助かる。
    王はすぐにキム・ゲシ尚宮を捕らえるよう命じるのであった。

    ファイははかつて自分が命を狙われた事、幼い永昌大君が殺されなければならなかった理由を王に問い詰める。

    そして王の命令でイチョムとキム尚宮が動いたと思っていたファイ。
    「その考えは違ったのか?」と問う。

    王は答える。
    「2人を追ったのはイチョムとキム尚宮だが、黙認したのは自分だ」と。

    ジュソンもファイが貞明公主であることに気付く。
    そしてイヌが守りたい女が公主であることを利用し、「次こそは光海君(王)の息の根を止めてやろう」と心に誓うのだった。

    ジュウォンは貞明公主に王からの伝言を伝えにやって来る。
    「明日重臣たちの前で公主を紹介する」と。

    命を狙われる公主を守るためには、重臣たちに公主の存在を明らかにすることだと思う王 の決断です

    王はゲシに「公主を守りたい」と話す。
    「自分の考えに従えないのなら王宮を去れ」と王。

    貞明公主の母西宮は、「都を出なさい」と貞明公主に通行証を手渡すのだった。

    選択に迷う公主にジャギョンは言う。
    「公主である自分を信じればいい。どんな選択をしても俺はお前について行く」と。

    この朝鮮で、唯一信じられる存在のジャギョン、心強いですね

    貞明公主は決断を下す。
    自分が来るべき場所はこの宮中だと。

    一度渡し場に出向いた公主だったが・・・。
    火おこしの儀にやって来る公主だった。

    スポンサーリンク

    第25話から第27話の感想

    結局ホ・ギュンは八つ裂きの刑に。
    そしてジュソンは死罪にはならず、彼の金と重臣たちを操る力を王は利用しようと生かしたのですよね。
    本当にむごい時代ですよね。
    八つ裂きの刑が民衆の前で行われるなんて(≧∇≦)
    光海君(王)に非常に忠誠心の強いキム・ゲシ尚宮。
    彼女の忠誠心には頭が下がります。
    王の座を脅かす者はどんなことをしてでも排除しようと手を回す、ある意味とっても怖い存在ですよね。
    公主が生きていたことが分かった王。
    とても信頼しているキム尚宮ではありますが、そんな尚宮から公主を守ろうとします。
    王の本当の姿を垣間見たような気がします。
    公主はとても頼もしい殿方に守られ羨ましいですね~(^▽^)/
    ジャギョンにイヌにジュウォン。
    それぞれの守り方で公主を守ってくれる、とても心強い3人です(^▽^)/

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください