ファジョン(華政)-あらすじ-34話-35話-36話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ファジョン(華政)-あらすじ-34話-35話-36話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

華政

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジュウォン、負傷してはいるものの生きているようですが・・・。
果たして公主との再会は叶うのでしょうか(≧∇≦)

【ファジョン(華政)】ネタバレあり

第34話

ゲシに会うイヌ。

ゲシは言う。
お互いの望みをかなえる方法があると。

「あなたが父ジュソンを動かすことが出来たなら」と言うゲシ。

ゲシは光海君を守りたい、イヌは公主を手に入れたいという2人の望みです

後金は戦に負けた朝鮮に対し、新しい皇帝に礼を尽くせと言う。
「後金に属せよ」という考えに苛立つ光海君。

そのうえ明に監護を迫られる朝鮮。

ジュソンを呼びつけ、明へ上手く取り持つよう命ずる光海君だった。
そして一言きつく付け加える光海君。

「いつでもお前を殺すことが出来る。謀反の計略など良からぬことを考えぬことだ」と。

西宮(公主の母)の誕生日を祝う宴を開く綾陽君。
重臣たちを招待する綾陽君であった。

宴に集まった人々の前で、公主は綾陽君を強く攻め立てる。
「己のために開く宴、私はあなたの操り人形にはならない」と。

王である光海君も、綾陽君の怪しい動きを重々知っているが今はどうすることも出来ない。
そんな王を助けるために、公主はキム・ゲシに会うことにした。

ゲシは公主にしか出来ない王を守る方法があると伝えるのであった。
「ジュソンの子息イヌ殿と婚礼を挙げること」と言うゲシ。

カン・ジュソンの力を得れば、西人派も王の味方に付く。
力を持つことが出来るゆえ、公主がイヌと結婚するのが望ましいと考えるゲシだった。

イヌもその頃、ジュソンに「公主との結婚を許して欲しい」と話していた。
公主と結婚することで、光海君をジュソンが操れると話すイヌだった。

王は内密に後金の使者と会う。
「後金のハンを皇帝と呼ぶ代わりに、朝鮮の捕虜を全員返せ」と条件を申し付ける王。

ジャギョンは捕らえられたジュウォンを助けようと忍び込んでいた。

第35話

イヌを訪ねてやって来る公主。
ジュウォンを想う公主は「こんな結婚はお互いに不幸になる」と話すのだった。

しかしイヌはどうしても公主を得たいようであった。

光海君は重臣達と会議を始める。
そこで後金からの要望、「ハンを皇帝と呼ぶこと」を受け入れる旨を話すのだった。
もちろん反対する重臣達。

王は反対する重臣達に「捕虜としてとらえられた兵士たちを全員取り戻す。取り下げるつもりはない」と言い放つのだった。

ジュウォンの父ホン・ヨンは王に言う。
「わが息子の事はお忘れください」と。

しかし王は答える。
「民の命は国と同じ重さだ」と。

王である前に公主の兄として、妹の慕うジュウォンを助けたい優しい兄ですね

火器都監に殴り込みにやって来る大勢の民。
綾陽君に操られた人々は、真実を知らず火器都監の職人たちに暴行を加える。

それを止めに入った公主は怪我をする。
そして公主は今起きている現実と、民の命を一番に考えている光海君の事を話し説得するのだった。

キム・ジャジョムはゲシが送った女官ヨジョンと一緒に何か企んでいるようである。
そしてジャジョムは綾陽君に近づき、「王座を差し上げましょう」と提案するのであった。

その頃、後金の捕虜として牢の中にいた朝鮮兵たち。
中にはジュウォンも。

朝鮮からの国書が届かなければ、見せしめに捕虜を処刑すると言う後金の兵士たち。
潜り込みジュウォンを助けようとしていたジャギョンはこの話を聞きどうすれば助けられるかと焦るのだった。

そして公主は。
王に婚礼の話があると言い、「カン・ジュソンの子息と結婚します」と言うのであった。

第36話

「カン・イヌと輿入れすることで、カン・ジュソンの力を手に入れることが出来る」と王を説き伏せる公主だった。

公主は光海君のために自らを犠牲にしようとしていた。
公主の想い人を知っているだけに、とても許す事は出来ない光海君。

「いかなる犠牲を払おうと、王座を守らねばなりません!」と強く言う公主の言葉にゲシの言葉を思い出す王。

拘留されている朝鮮兵たちを救い出すためにも、力をつけなければならないと言う公主。
「そのために自分にできることをしたい」と切に王に願い出る公主だった。

その頃後金では、今にもジュウォン達が処刑されそうになっていた。
そこに助けが入る。

そしてジャギョンは公主のために、ジュウォンを朝鮮まで連れて帰ることを決意していた。

綾陽君はジャジョムから王を廃位するための大義名分となりうる証拠を受け取っていた。
それはホンニプに王が託した王命だった。

「状況を見て判断せよ」と言う戦に送り出す時に与えた王命だった。

王はゲシを宮中に呼ぶ。

王の欲望も罪も全てを知りうるゲシの前では、王も本音をさらけ出せるようです

光海君は、王になる為に犯してきた自分の罪に耐えきれなくなったようである。
公主との再会で、人間らしく生きられると思ったという光海君。

その言葉を聞き涙を流すゲシは、王座を捨る覚悟がある光海君を止めようとする。

婚礼の準備を整える公主。
王に挨拶に向かうと言う公主の前に現れたのは女官ヨジョンだった。

公主の命を狙うヨジョンは、うまく連れ出し毒を塗り公主の息の根を止めようしていた。

倒れこんだ公主・・・このまま殺されてしまうのでしょうか(≧∇≦)

第34話から第36話の感想

公主が幼き日には、兄として慕っていた光海君。
王となってからは孤独な日々を過ごしているようです。
王座を手に入れるために、多くの罪を犯してきた光海君。
それを知っている公主。
もちろん弟を殺されたことも許すことは出来ない公主ですが、王への恨みよりも国のために王を助けようと一生懸命の公主、素敵ですよね!
確かに公主は、ナム・サゴの予言の通りとても器の大きい女性ですよね。
心寄せるジュウォンの消息が分からないため、公主は意気消沈しています。
一方で、どんどん孤立していく王。
そんな王を助ける方法の1つとして、公主はイヌとの結婚を決意しますね。
ジュウォンが生きていて、もうすぐ公主の元に帰って来るかもしれないと言うその時、大きな決断をした公主。
ホントにお気の毒です( ;∀;)。
そんな公主の命が狙われました!
幾多の困難を乗り越えやっと朝鮮に帰って来て公主として生きていた貞明公主はまたしても危機に直面です!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください