ファジョン(華政)-あらすじ-40話-41話-42話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ファジョン(華政)-あらすじ-40話-41話-42話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

華政




ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
新しく王座に就いた綾陽君。
一方、先王である光海君は流刑の地へと旅立つことに。
新しい時代が幕開けとなりますが果たしてこの先いかがな時代となるのやら・・・。

【ファジョン(華政)】ネタバレあり

第40話

王座に就いたものの、悪夢にうなされる綾陽君。
隣にはヨジョンが。

後に、綾陽君の側室となるヨジョンです

謀反の密告が後を絶たない。

ところがこの謀反は仕組まれたものだと言う。

キム・ジャジョムが仕掛けた罠で、反対派を一掃しようと仕掛けているようであった。

予想以上に頭が切れるキム・ジャジョムです。悪知恵は人一倍働くようです

ジャジョムは光海君が隠れ家として使っていた屋敷に公主を呼ぶ。
そして興味深い提案をするジャジョムであった。

「政(まつりごと)をするには相応の力を手に入れろ」と公主に言う。

綾陽君が公主に広大な土地を下賜すると言う。
公主を口止めするためでもあるようだった。

貧しさに飢え、命を落とす民が大勢いると言う世の中。
そんな中、民の土地を取り上げている役人たち。
そのことを朝廷で、公主が取り上げないためにも口封じのようであった。

公主はこの提案を受け入れることにしたようである。
公主を慕うものを守るためには、必要な富と力を手に入れなければならない。

「政とは虫唾が走るほど嫌な奴を相手にする者だ」と言うジャジョム。
富を手に入れるか、すべて失うか・・・。

共に手を携えてと言う提案のようであるが・・・

公主は政に関わる決意をした。
そしてウォニクを説得にかかるのだった・・・。

第41話

公主が出した御触れ。
それは「公主が下賜された土地を耕す民は、租税を免除され貯まった税は帳消しにされる」と言う内容であった。

これを聞いた綾陽君。
もちろん黙ってはいなかった。

怒りがさく裂する綾陽君です(# ゚Д゚)

そこにまたもや問題発生!
公主に一言文句を言おうとやって来たヨジョン。

公主留守のため、「待つ」と言って無礼な態度。
女官の身でありながら(まだ側室になっていないヨジョンですがいずれ側室になる身)公主御付きの尚宮を平手打ち!

それを見た公主はヨジョンを罰すると言って連れて行くのであった。

むち打ちの罰を与えられるヨジョン。

貞明公主は自ら火の中へ飛び込んだも同然だった。
しかし間違った事は何1つしていない公主。
国を守るために戦うと決めた公主であった。

遅川(チェ・ミョンギル)はジュウォンを呼ぶ。
そして「公主に密かに早急に拝謁したい」と願い出るのであった。

その頃ヨジョンは公主への怒りが爆発していた。
ジャジョムは公主をなかなか追い出してはくれそうにないと読んだヨジョン。

上手く王を操り、「公主を今すぐ殺すべきだ」と持ちかけるのであった。

第42話

カン・ジュソンとジャジョムは会っていた。
お互い繋がる事が最善と考えていた。

その頃ヨジョンは捕盗大将イ・グァルと会っていた。
一介の女官であるヨジョン。
しかし後に王の女となる事を鼻にかけ、王からの密命を伝えるのであった。

火器都監のウンソルとその母オクチュ。
逆心だと捕盗庁に捕まった。

全く身に覚えのない罠だった。

公主が王を呪い、呪いの品を埋めたその共犯だとされる。

そうです、全てはヨジョンの策略です!!

そして公主は標的に。
公主も拘束されてしまうのだった。

ヨジョンの勝手な策略を知るジャジョム。
しかし「王である綾陽君の望みでもあった」とヨジョンから聞かされ、「公主を厳しく罰するべきだ」と進言するジャジョム。

第40話から第42話の感想

王座は魅力的かつ絶大な力を持つものですが、背負うものはとてつもなく大きく不安に駆られる椅子のようですね。
うなされる綾陽君、休まる時が無いようですね。
綾陽君は王座に座る器量には、程遠いように思われてならないです。
ヨジョンは王の側室になるであろう女性。
公主を陥れようと卑劣な罠を仕掛けますね。
ホントに憎きヨジョンです!
民と国を大切に思う公主。
綾陽君と敵対することを知りながらも諦めません。
王座を守り抜くために卑劣なことをして来た光海君でしたが、綾陽君よりも温かい心を持った王でしたよね。
ヨジョンと綾陽君の思いのままに事が運ぶこの時代、朝鮮の民は苦しんでいます。
公主がこの国の頂点に立てばとても幸せな国になりそうですが・・・。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。