ファジョン(華政)-あらすじ-49話-50話-51話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ファジョン(華政)-あらすじ-49話-50話-51話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

華政

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
イ・グァルが起こした軍事政変。
王宮から逃げ出した綾陽軍でしたが、真逆の行動をとる公主。
イ・グァルから朝鮮を守り抜くことは出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

    【ファジョン(華政)】ネタバレあり

    スポンサーリンク

    第49話

    イヌの助けもあり、鳥銃部隊は奇襲に備える。

    反乱軍から王宮を奪還すべく、鳥銃部隊は戦っていた。
    被害を最小限にとどめることを念頭に置き戦うジュウォン達鳥銃部隊。

    しかし鳥銃部隊は甚大な被害だった。

    その頃、イヌと官軍達は王宮を奪還しようと王宮に攻め込む。
    そして王宮を奪還する官軍。

    のろしの上がる王宮を見たイ・グァルと反乱軍。
    「王宮を責めよ!!」というグァルの命令に背き刀を捨て立ち去る反乱軍。

    反乱軍は、イヌたちの狙い通り乱れてきました!

    イ・グァルと共に戦ってきた反乱軍は散り散りに逃げたため、残りわずかだった。
    彼らはグァルの命令には従わず、「己の命が大切だ」と言ってグァルの首を王に差し出すと首をはねる。

    ジュソンとジャジョムは公主と領議政たちに政権をとってかわられることを懸念し、また怪しい動きを見せていた。

    ジャジョムは早速綾陽君に都の警備を強化するよう話すのだった。

    綾陽君は考えていた。
    公主の言葉・・・。

    「王座は権力を奮う場所ではなく、多くの物を失う場所だ」と言った公主。
    王座の重みに耐えかねている綾陽君には、痛く心に響く言葉のようであった。

    しかし結局綾陽君は、力が欲しいためにジャジョムの手を取ることにしたのだった。
    国境警備より都の警備を優先させた綾陽君であった・・・。

    スポンサーリンク

    第50話

    ジャジョムに呼ばれた公主。
    ジャジョムと公主はたがいに向き合っていた。

    「そなたたちは国を滅ぼすだろう」と公主は言う。
    「後金の属国としても生き残ればよい」と言うジャジョム。

    国境を守らず、都の警備を強化するのは政権を握る為のようですが(≧∇≦)

    公主は王と会う。
    そして「すべての機会を逃した」と王を責めるのだった。

    「国や民より王座を守ることを優先した」と痛い所を突かれる綾陽君。

    「この国の主は王ではない、民である」と言い放つ公主。

    後金に捕らわれていた朝鮮の捕虜たち。
    暗闇に朝鮮兵の守る国境まで逃げてくる。

    しかし捕虜たちに向け発砲する朝鮮兵であった。

    嬪宮と公主は同じ頃、産気づいていた。
    そして2人とも男の子を出産するのであった。

    嬪君の王孫出産に喜ぶ綾陽君であった。

    ここまでには幾多の苦難もありました。
     丁卯胡乱(チョンミョホラン)の際に捕虜となった朝鮮の民は生き延びようと後金から逃 げ出す事が度々でした(≧∇≦)

    朝鮮は捕虜となった者たちを返せと後金に言うも、多額の金を要求してくる後金だった。
    ゆえにお金のある高官たちは、多額の身代金を支払い身内を解放してもらうのだった。
    しかし貧しい民には出来なかった。

    西人派のキム・リュもそのうちの一人だった。
    娘を取り戻すために多額の身代金を支払っていた。

    そこでジュソンから、「次はそなたが後金の言うことを聞く番だ」と脅される。

    スポンサーリンク

    第51話

    後金から逃げ出した捕虜たちをまたもや後金へと送り返そうとする朝鮮兵。

    捕虜たちを救おうと、煙削長とジャギョン達は力を尽くしていた。

    この裏には世子の「民の命は絶対守る」と言う思いがありました

    後金の密使と話すジュソン。
    後金は捕虜を奪われ怒っている様子。

    後金に完全に膝まづくことを要求する密使であった。

    綾陽君に、後金からの命令書が届く。
    兄弟国から君臣の関係を求めてきたのだ。

    つまり「後金の属国となれ」ということであった。
    そして「明とは関係を断て」と。

    二度目の宣戦布告であった。

    後金からの使節がやって来る。
    出迎えを拒む王。

    しかしこれでは戦乱を巻き起こすため、世子が独断で出迎えることにした。

    父と子の間にわだかまりが生じてしまう。
    王でない世子の出迎えが気に入らない綾陽君。

    一方世子はかつての丁卯胡乱のときに父である王が苦しんでいたことを知っていた。
    同じ想いをさせたくないという世子の想いがそこにはあった。

    王の側室となったヨジョン。
    目の敵にしている公主の名を出し、「世子は公主たちに利用されているのではないか?」と王と尚膳の前で吹聴するのであった。

    スポンサーリンク

    第49話から第51話の感想

    王に反発するグァルたちの軍勢はとうとう反旗を翻すことになりました。
    鍛え抜かれた国境警備隊たちが集うグァルの軍勢。
    民を都に残したまま、綾陽君は非難してしまいましたね(≧∇≦)
    これでは民の心は綾陽君から離れてしまいますよね。
    それに引き換え立派な心構えの公主。
    たとえ軍勢が王宮に攻め入ろうとも、一歩たりとも逃げ出さなかった公主。
    女性ながらにして、男気のある公主でした!!
    そしていざという時、イヌもジュウォンの味方となりました。
    やはり持つべきものは親友ですね(^▽^)/
    綾陽君の側室となったヨジョンは、相変わらず公主を目の敵として陥れようとしています。
    いつも苦境に立たされながらも懸命に生きる公主の姿は、本当に美しいですね(^▽^)/

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください