ファジョン(華政)-あらすじ-52話-53話-54話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ファジョン(華政)-あらすじ-52話-53話-54話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

華政

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
世子は王の代わりに後金からの使者の出迎えに行きました。
王はそんな世子を責めます。
そして王の側室となったヨジョンは。
追い打ちをかけるように公主にそそのかされているのではと煽り立てるのでした(≧∇≦)

スポンサーリンク

    【ファジョン(華政)】ネタバレあり

    スポンサーリンク

    第52話

    後金の将軍ヨンゴルテは、世子がやって来てもふてぶてしい態度で応じる。

    世子に2つの選択を迫るヨンゴルテ。
    屈辱を受け入れて後金に従うか、わずかな力で戦に臨むか。

    世子は王に伝える。
    後金との盟約式で、獣の血を王が飲めと言った事を。

    そうすれば捕虜を返してくれるという後金。

    負けると分かっている戦に挑むべきか、戦を避けるべきなのか悩む綾陽君でした

    王は世子を呼び尋ねるのだった。
    「盟約式に出るべきか?」と。

    「朝鮮は弱小国、現実を見なければならない」と言って、民の命を救うためには王が盟約式に出るべきだと言う世子だった。

    そして綾陽君は世子の言葉を受け、「名誉や威信を言っている場合ではない」と言い「盟約式に出る」と語るのだった。

    世子は王である父を信じていると言った。
    ところがそこに飛んできたのは側室のヨジョン。

    「嬪君がこっそり公主に会っていた」と王に告げ口する。

    王は怒り嬪君を訪ねる。
    「自分が公主に会ったことは世子は知らない」と言う嬪君だった・・・。

    盟約式に臨む王。
    しかし王は器に入った獣の血を全て流してしまう。
    そして器を投げ捨て、「誰を信じての盟約式だ!」と世子とヨンゴルテを睨みつける。

    スポンサーリンク

    第53話

    王が盟約式を壊してしまった事で、民は清(後金)が攻めてくると言って怯えていた。
    世子は父である仁祖(綾陽君)から、公主と通じていたことを責め立てられる。

    「今後は父と呼ぶな、王と呼べ」と言い放ち去っていく綾陽君だった。

    いよいよ清が朝鮮に攻め入ろうとしていた。
    公主たちも応戦の作戦を立てる。

    その頃、鳳林大君(仁祖の次男)はジュソンと会っていた。
    ジュソンたちは、公主とつながりのある世子を失脚させようとしていたのだ。

    心配で大君を訪ねた公主。
    大君は力のあるジュソンと手を組もうとしていたのだった。

    世子の志を叶えて差し上げたい、そのためにはジュソンと手を組むことしか方法はないと 考えている大君です

    結局清との和議は成立せず、清国ののろしが上がった。
    うろたえる朝鮮の兵士。

    ジャジョムはもう少し様子を見てみようと言って、のろしが上がっていることを都に伝えようとしないのであった。

    スポンサーリンク

    第54話

    王である仁祖に、清軍が攻め入って来ていることを知らせる公主。
    しかし王は聞く耳を持たなかった。

    そこにやって来た遣いの者からの文で、清軍が攻め入って来ていることを初めて知った王。
    今回は逃げずに戦う意思を見せる仁祖だった。

    王族の嬪君とその子供、そして公主と子供たちはとりあえず都から離れることに。
    船に乗ろうとしてやって来た一行の前に現れるジャギョン。

    「船が出てしまった」というではないか!!
    何とキム・ギョンジンの一族が船に乗って出て行ってしまったという。

    都のすぐ近くまで攻め入って来る清の軍勢。
    激しい戦が繰り広げられる。

    清の軍勢がここまで攻め入って来るのも、ジュソンが漏らした情報のせいでした。
     大君は自分がジュソンと手を組んだことを深く後悔しています( ;∀;)

    朝鮮は完敗に近かった。
    仁祖に清国との和議を申し入れる重臣たち。

    真っ向から反対する重臣もいた。
    「抗戦すべきだ!!」と言う彼ら。
    重臣達は言い争いになる。

    そこにカン・ジュソンがやって来る。
    清国の遣いとして。

    仁祖の前で「清国の皇帝陛下」と言う言葉をわざと使い、「国を守る方法は残っている」と悠長に話すジュソンだった。

    「世子を人質として申告に引き渡せば和議を受け入れる」と言うジュソン。

    世子は民を救い国を守る為、ジュソンの罠かも知れないことは承知の上で清国の人質となる事を受け入れると言う。

    もちろん王である仁祖は、「大切な世子を行かすわけにはいかない」と反対するが・・・。

    スポンサーリンク

    第52話から第54話の感想

    どこまでも憎きヨジョンです(# ゚Д゚)
    世子と公主を陥れるために、王にいらぬことを告げ口するヨジョン。
    苦境に立たされる世子と公主でした。
    いざ清国からの敵軍が攻め入って来た時、世子は王のそばから離れないと言い都に残る決断をします。
    そんなひたむきな世子を見て、仁祖も世子を信頼したようですね。
    親子でありながら、常に権力闘争の中に立たされている世子と王たち。
    そんな時代に生まれた彼らがとても不憫です。
    清国が攻め入って来ると戦が始まりました。
    常に民を思う公主にも、なすすべがなくとても辛かったことでしょう。
    多くの人々が命を落としたのですから・・・。
    ジュソンが自分達の欲にまみれ国をも売ろうとしたこともとても許しがたき事ですよね。
    そして世子を清国に人質として手渡そうと画策するジュソンたち。
    この先世子は一体どうなるのでしょうか(≧∇≦)

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください