ペガサスマーケットのあらすじを感想付きで全話ネタバレで詳しく紹介!

ペガサスマーケット

5.01件の評価

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回ご紹介するのは韓国で2019年9月20日から12月6日まで放送された『ペガサスマーケット』です。
『ドクタープリゾナー』のキム・ビョンチョルと『応答せよ1988』や『エクストリームジョブ』に出演したイ・ドンフィ主演の韓国ドラマ。

今作品は韓国国内では最大手のインターネット検索ポータルサイトNAVERで連載されたweb漫画が原作で累計11億PVという記録を作った作品の実写ドラマです。
ここでは韓国ドラマ『ペガサスマーケット』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきます。
どうぞお楽しみにしてくださいね♪

ペガサスマーケット あらすじ

国内屈指の大企業である大馬グループの会長キム・デマの元で右腕として働いてきた理事のチョン・ボクドンはある日、些細なミスを起こしてしまう。
そのミスにより大馬グループの島流し先と呼ばれる千里馬マートに左遷させられてしまったチョン・ボクドンは大馬グループに復讐をしようと決意する。

一方、千里馬マートの店長であるムン・ソックは真面目だけが取り柄の男で何とか千里馬マートの売上を回復し大馬グループの本社に勤めようと頑張っていた。
ある日、左遷されたチョン・ボクドンが社長としてやってくるとボクドンはすぐさまソックに社員を新しく募集しろと命令する。
その募集に来た面々は、他の会社では決して受からないようなあまりにも個性的な面々だったがボクドンはそんな彼らを採用してしまう。

ペガサスマーケット-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

ペガサスマーケット-1話-2話-3話

ペガサスマーケット-4話-5話-6話

ペガサスマーケット-7話-8話-9話

ペガサスマーケット-10話-11話

ペガサスマーケット-最終回(12話)

見どころポイント
ペガサスマーケットの見どころは1話目の重苦しい雰囲気から一転したテンポの良いコメディと魅力的な俳優陣のエンターテインメントな演技の数々ですね。
基本的にはチョン・ボクドンの復讐劇なのですが、大馬グループを潰そうと画策するものの全て裏返ってしまい千里馬マートが大人気になっていくのが面白いです。
そして全てコメディタッチで進むのだけではなく従業員のサイドストーリーやロマンスもここぞという場面で挟んでくるので更にコメディが活きてきます。

ペガサスマーケット 評価・レビュー

韓国ドラマ「ペガサスマーケット」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

非常に面白いドラマでしたねー話数の短いながら端的にまとめられてテンポも良く終わったのは漫画原作だからでしょうか。
コメディ要素多めですが、その中でも登場人物たちの絆やロマンスが描かれており感動する場面もあって良かったです。
コメディ一直線だと12話では飽きてしまうと思いますが、グッと惹きつけるような場面が挟んであるので飽きずに一気に見れました。

序盤は登場人物たちのアクの強さに驚きましたが、段々と慣れてきて愛嬌すら感じるようになっていきましたねー特にパヤ族。
全員がめちゃくちゃ色物扱いですが、みんな優しいですし真剣に仕事に取り組んでくれるので大好きになっちゃいますよねー。
最初から一貫して大馬グループに損益を出そうとするけど結果、千里馬マートが好評になってしまうボクドンの苦悩も面白かったです。

中盤になると登場人物たちのサイドストーリーも進んでいき、グッと惹きつけられる話も増えてきましたねー個人的にはテンポ良かったと思います。
会長の孫として期待される反面、自分はトッポギを作りたいというカプのささやかな夢を見ちゃと少し同情して応援しちゃいたくなりましたね。

終盤になるとソックの葛藤が上手く描かれており、物語の終盤へという流れが上手く運んでいたのではないでしょうか。
あれほど復讐に固執していたボクドンが最後は千里馬マートの為にもう一度戻ってくるところは、そうだろうなーって思いながらもやっぱり安心しましたし嬉しかった。
クォン専務とカプもやったことは悪いことだけど、規模が小さいのでそれほどお咎め無かったのもこのドラマでは許されるところ。

ジナとミジュが可愛くて可愛くてキュンキュンしましたし、ソックとミランの軽めのロマンスも見ていて好印象でした。

ペガサスマーケット キャスト・登場人物

韓国ドラマ『ペガサスマーケット』のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールを紹介していきます!

チョン・ボクドン役/キム・ビョンチョル
韓国屈指の大企業である大馬グループに勤め会長のキム・テマの右腕として圧倒的な集中力と優れた頭脳で活躍していた元大馬グループの理事。
些細なミスにより大馬グループの島流し先である千里馬マートに左遷になってしまい、ボクドンを大馬グループへの復讐を誓う。
千里馬マートで問題児と呼ばれるような従業員を就職させ、更に莫大な経費を使って様々な施策をして大馬グループに大打撃を当てようと考えている。

ムン・ソック役/イ・ドンフィ
千里馬マートの店長であり千里馬マートを軌道に乗せ、その功績で大馬グループの本社の社員になりたいと夢見る真面目だけが取り柄の男。
やってきたボクドンが大馬グループを潰すためにする数々の作戦に振り回されながらも、次第に店長として認められるように鳴る。

チョ・ミラン役/チョン・ヘソン
チョン・ボクドンのライバルであるクォン専務からチョン・ボクドンを監視するために派遣されたスパイの女性。
全て結果が重要だと考える血の通っていないような人物だったが、千里馬マートで働いていくうちに人と人の絆を感じ人間味を取り戻していく。

チェ・イルナム役/チョン・ミンソン
銀行をリストラされてしまいタクシー運転手として働いていたが、その際に千里馬マートの募集を見てすぐさま応募した普通のおじさん。

オ・インベ役/カン・ホンソク
元暴力団で弱肉強食の世界に住んでいたが、千里馬マートに缶詰のクレームを入れに乗り込んだ際に逆にそこで勧誘を受け働くことになる。
韓国王朝の服を着させられ元暴力団という肩書なのにも関わらず千里馬マートのクレーム担当に配属させられる。

パク・ソナ役/パク・ソニョン
パク家の長女であり母が居ない代わりにパク家の母親のような存在、現在はファッション会社の課長を務めている。
妹たちが自立したのを機に同じ会社の6歳下のギョンスと付き合い結婚を夢見るものの…。

ペガサスマーケット 基本情報

放送日 2019年9月20日~12月6日
原題:安いです!千里馬マート
話数:12話
キャスト:キム・ビョンチョル イ・ドンフィ チョン・ヘソン
演出:ペク・スンリョン
脚本:キム・ソルジ

ユーザーレビュー
あなたの評価を投稿
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

あなたの評価を投稿

ペガサスマーケット
平均点:  
 1 件
匿名
Jan 8, 2021
頭使わなくて楽しめてめっちゃ最高!!




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください