ペントハウス-あらすじ-最終回(21話)-感想付きネタバレでありで!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ユニがスリョンを殺害した。
自分がソラを殺した事を隠す為に。
確かに犯行はユニというのは間違えないけれど、一体どうしてペントハウスに入れたのか。
ダンテやヘラクラブが起こした殺人や事件のすべてをユニに擦り付けようとしているのではないか。
ユニはまだそれに気づいていない。

【ペントハウス】(ネタバレあり)

ペントハウス 21話(最終話)

警察ではダンテが、ユニが自分のストーカーで困っていたと全く違う事実を話している。
まるで最初からシナリオがあるかのように。

そう、すべてはダンテが仕組んだことだった。
じゃあ、一体どうしてユニが罪を被ったのか・・・
ヘラパレスではソジンとダンテが祝杯をあげていた。

「ミン・ソラとミンソラママ バイバイ」と。

その時ソジンは、「直接殺したんじゃないわよね?残忍だったと聞いたけれど」と確認する。
ダンテは笑顔で「虫も殺せない男だよ、俺は」と嘘をつくのだった。
ダンテ、本当に怖すぎてやばいです。
すべての罪を認めたユニの罪が言い渡される日が来た。
その日ヘラパレスでは、皆が集まってパーティーをしていた。
自分達の罪はお金と権力で揉み消し、無罪となっていた。

そして、裁判でユニに判決が言い渡される

「無期懲役」

その時だった、ユニが叫ぶ。

「私は殺してません!!」

しかし刑が覆ることはなく、刑務所に護送されてしまう。
その途中に、ある男がバイクに乗って現れユニを連れ去る。

ローガン・リーだった。

ユニを助けたのだろうか?
途中で薬を吸わせ意識を打ちなって部屋まで連れてこられた。
自分は知っているのだ、ミン・ソラをお前が殺したという事を。
それを知っているのなら、どうしてユニを助けたのか。
それはユニを自分の手で殺す為だった。

「私が死んでも、スリョンさんを殺した犯人は残るという事を忘れないで」

そういって、首にナイフを突き刺した。

ペントハウス 21話(最終話)

え?終わりですか??
何も解決していないし、これから真実が暴かれていく感じなのに。
あ、ペントハウス2に続くという訳ですね。
ユニはやっぱり殺害していなかったですね。
ダンテとソジン、特にダンテは自分の利益の為に誰でも殺してしまうぐらいのサイコパスで
怖いです。結局ミン・ソラはユニが殺害したという事であっているのでしょうか。
続きが観たい。。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください