ホテルキング-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ホテルキング-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は会長の一人娘モネが父親の死をきっかけにホテルをかき乱しましたね。
モネは会長室で薬を見つけたり父親の死に疑問をもっていますが、ジェワンの部屋で父親の時計を見つけたりとジェワンを疑っています。
でもモネの周りは敵だらけのようでついに命まで狙われてしまいますね。
それもジェワンが犯人のような映像が・・・

本当に犯人はジェワンなのでしょうか。
それとも他にいるのでしょうか。
それでは4話からお伝えしていきますね~。

【ホテルキング】(ネタバレあり)

4話

ペクマネージャーに助けを求め、どうしたらいいか教えてというモネ。
「ここから逃げるのです。」と言われる。

一方、観光協定締結式の壇上でジェワンにつかみかかるウヒョン。そこにモネがやって来る。
ウヒョンは「お嬢様を溺れさせたのは総支配人です。」というが、モネは「プールに落ちたのは足が滑ったからよ。」と否定する。

モネはジェワンに「降参する。」と言ってホテルを去ることを伝える。
そしてウヒョンの事は許してとお願いする。
モネは本当に疲れてしまったのでしょうか。ウヒョンを気遣うモネもいいですね。

モネは訪ねてきたウヒョンにも「これ以上、父さんのホテルを荒らしたくない。」「静かに去れるよう協力して。」とお願いする。

ジェワンに謝罪に来たウヒョンだが、納得しないジェワンに「お嬢様を愛しています。」「我を失っていました。」と咄嗟に嘘をつく。
モネのために事実を伏せて謝るなんて・・・どこまでモネを敬うのでしょうか。

数日後の受賞パーティーの日、ジェワンは会長の息子だと発表するつもりだった。
そこに突然モネが戻ってくる。モネはペクマネージャーに「ア会長の唯一の肉親という最大の武器を利用してください。」と言われていたのだった。

ジェワンが重大発表をしようとすると、その前にモネが挨拶する。
モネは「今度の会議で次期会長に立候補するつもりです。」と発表する。
そして父親が隠していた薬を見せ、「父の死は自殺ではありません。」と皆の前で言い切る。
モネは結構すぐ戻ってきましたね。しかも大きな決意を抱えて。ジェワンは会長の息子だと発表できずに悔しかったでしょうね。

ジェワンは薬の真相を聞きにモネの部屋に行く。
薬が一緒に服用してはならない薬だったことや、会長はうつ病でなかったと訴えるモネを見てジェワンも不信に思い、院長に電話をするが国内にいないと言われる。

ジェワンはVIPマネージャーのチャ・スアン(コン・ヒョンジュ)にモネを見張るように言う。

その夜、ジェワンは国内にいないはずの院長を見かける。
尾行すると古いホテルの1室に隠れていた。ジェワンが部屋に入り問い詰めると「私は頼まれてやっただけだ。」「薬を毎日飲ませたのは貴様だ。」とジェワンに言う。
そして「イ・ジュングを甘く見るな。」「お前も私も奴から逃げられない。」と・・・。
やっぱり院長がジュングにやらされていたんですね。自殺ではなかったわけですね。

ジェワンは自殺だと思っていたことやジュングに逆らえないことなどで苦しむ。
そしてモネに会い抱きしめる・・・。

5話

会長が自殺ではないと知ったジェワンは突然モネを抱きしめる。モネは驚き不思議がる。
ジェワンは自殺じゃないと知ってモネが可哀想になったのでしょうか・・・?

ジェワンは屋上にジュングを呼び出す。
ジェワンは「ユン先生に会った。」「父は正常だったのに、薬を飲ませ続けた。」と言い、父を殺したと責める。ジュングは「だとしても、お前は私から逃れられん。」と言う。

ジェワンはジュングの娘のダべを呼び出して、今録音した内容を聞かせると言う。
ジュングは「ダべは巻き込むな。」と言って屋上から飛び降りる。
ジェワンは間一髪助ける。
本当に飛び降りるなんて驚きましたね。それにしてもジェワンはよく助けましたね。

翌日、役員会議でモネの会長就任について投票する。
多数の投票を集めたモネだったが、ペクマネージャーは3か月後再信任投票する事を提案する。条件は目標売上100%達成と・・・。モネも受け入れる。

ペクマネージャーはモネに「総支配人を利用すればいい。」とアドバイスする。

ホテルに会長として出勤するモネ。館内の視察をジェワンに頼む。
モネはブレスレットを失くし、従業員のウン・ユンジェを疑う。
ユンジェはブレスレットを盗んでいなかったが、兄の身分証で就職していた事と3年前に人を殺していた事で解雇される。

モネは疑ったことを申し訳なく思い「今は真面目に働いている。」と再雇用する。

人を殺したと他の従業員に知られ肩身の狭い思いをするユンジェは厨房に火をつけようとする。そこにモネが入ってきて止めようとするが、別の誰かが入ってきて火をつけてしまう・・・。
いつも黒い影が現れますね。火をつけるなんて・・・誰の仕業?

6話

厨房で火事がおきていると知らされたウヒョンはモネを助けに厨房の中に入っていく。
しかしモネの所までは来たものの、火に囲まれて逃げられなくなってしまう。

ジェワンが厨房に入ろうとするのをチェギョンが止めるが、ジェワンは「何があってもモネを助けなければならない。」と中に飛び込む。
ジェワンはウヒョンとモネをかばい「お前は誰も見てない。私もこの子もここにはいなかった。」とウヒョンに言い聞かせ逃げさせる。
いつの間にかジェワンのモネへの思いが強くなっていますね。ウヒョンも危険を顧みずモネを助けにいってカッコいいですね。

助けられたユンジェは病院から消える。
ジェワンは病室でうなされるモネの手を握ってあげる。

チェギョンは救急箱を持ってジェワンの帰りを待つが、ジェワンは家に入られるのも触られるのも拒む。
チェギョンはジェワンがモネを命懸けで助けたことに嫌な予感がしていますね。

翌日、ジェワンはユンジェの自宅に行ってみる。
ユンジェは誰かから大金をもらっていた。「俺を通報しろ。」というユンジェに「通報はしない。黒幕を言え。」とジェワンは言う。

火事騒動をうけて緊急役員会議が招集され、モネも出席するが責任を問われる。
モネは「火災はただの事故です。皆さんから頂いた期限がまだ残っていますので断念はしません。」と言う。

モネはペクマネージャーに言われたことが気になりプール事件の動画を見返す。するとモネをプールに沈めた犯人の靴がジェワンのものと違う事に気づく。

モネはウヒョンに運転させてユンジェの所へ行く。
そこでウヒョンから火事の時助けたのはジェワンだと聞かされる。
モネはジェワンの事を誤解していたことに気が付きましたね。

その夜ジェワンがシャワーを浴びている間に誰かが部屋に侵入して何かを探している。
指示したのはジュングですね。ジュングがとにかく裏でコソコソ悪事を働いているように思います。

ウヒョンはモネをジェワンの家に連れて行く。
モネは誤解していたことを謝罪しに行くが、そこでジェワンの背中のタトゥーや傷だらけの身体を見てしまう・・・。

4話~6話 感想

ジェワンはモネの言っていた通り会長が自殺でないことを知って、妹のモネを守ろうとし出しましたね。
しかしジュングは会長になったモネが次々と問題を起こしてしまうのを喜びながら、裏で操っている気がします。
ジェワンはジュングからモネを守れるのでしょうか。
モネがジェワンの事を誤解していた事に気づくので、これからジェワンとどう接していくのか気になりますね~。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。