ホテルキング-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ホテルキング-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はホテルの火災事件をきっかけにジェワンを誤解していたと気づいたモネでしたが、
偶然ジェワンの背中のタトゥーと傷だらけの身体を見てしまいましたね。
ジェワンとモネの関係はどう変化していくのでしょうか。

ジュングは問題を起こして何とか会長のモネを排除しようとしていますが、モネは会長の座を守れるのでしょうか。

それでは7話からお伝えしていきますね~。

【ホテルキング】(ネタバレあり)

7話

ジェワンの家で背中のタトゥーと傷だらけの身体を見てしまったモネ。ジェワンに気づかれ、謝ってすぐ出て行こうとする。ジェワンは「すべて忘れて下さい。」と言う。

一方でジュングとユン理事が密会していた。ジュングは「何としてもモネを排除するんだ。」と言う。
ユン理事はモネの味方だと思っていたのに、まさかジュングと手を組んでいたなんて・・・

翌朝、ジェワンの隣の家にモネが引っ越して来ていて驚く。
モネはジェワンがジョギングする時間に待ち伏せして一緒に走る。モネは「1日中つきまとって全部吸収してやる。」と言う。
モネの無邪気さは可愛いですね。ジェワンを信用し始めたのですね。

その日ホテルにモネ宛の絵が届く。亡くなる前の会長からだった。
モネは画家が何か知っているかもしれないと思い「画家を探して。」とウヒョンに頼む。

その時警察が来てユン理事を放火と株価操作の罪で逮捕されてしまう。
自分の味方だと思っていたユン理事が犯人だと知って、モネはショックを受ける。

落ち込むモネにウヒョンが甘いケーキを持ってきてあげたり、ハーモニカを吹いたりと慰める。
ウヒョンは頼もしくて優しいですね~。ジェワンもケーキを用意してたみたいですが。

翌日、父と6歳の息子の2人が宿泊に来る。

ジェワンはチャン支配人からペクマネージャーがお菓子を隠していた場所を見せてもらう。
ペクマネージャーに「私の部屋にこれが。」とUSBを見せ「とても面白い音声ファイルが入っていました。」と言う。「あなたは誰の味方ですか。」と聞くと「強いて言えばあなたの味方です。」とペクマネージャーは答える。
まだまだ謎のペクマネージャーですが、ジェワンの味方というのも本当なのでしょうか。

その時、宿泊客が倒れたとジェワンに連絡が入る。6歳の息子と来ていた父親だった。
モネが息子のジュニ君の面倒を見る。父親が危篤なので従業員をつけようとしたジェワンだが。「総支配人と寝る。」とジュニ君に言われ、ジェワンの家に泊める事になってしまう。
ジェワンはジュニ君に部屋に飾ってあるロボットを触られるのを嫌がり必死で守る。
ジェワンのロボットを必死で守る姿が意外で可愛いですね。

その頃、ペクマネージャーはお菓子が入っている所にUSBを隠していた。
部屋ではホテル内のすべての音声を聞けるようになっていた。
やっぱりペクマネージャー怖いですね~。何者なのでしょうか?

ジュニ君の希望のお馬さんごっこで遊んであげるジェワン。最初は嫌がっていたがモネと3人でだんだん楽しそうにする。
寝てしまったモネを膝枕するジェワン。目が覚めてジェワンの傷だらけの手を見たモネは優しく手をなでながら「大丈夫よ」と何度も言う。ジェワンは起きてその様子を見ていた・・・。

8話

翌朝、ジュニ君はおじさんが迎えにくる。ジェワンは大事にしていたロボットをあげる。
「総支配人は世界最高のホテリエです。」とジュニ君が言うと、モネも「私もそう思う。あなたはいい人よ。」と言う。
ジェワンの優しい部分が見れましたね。モネもだいぶ心開いてきていますね。

ジェワンは料飲部に新しく入った新入りの香水の匂いが気になる。

ジュングとペクマネージャーが絵の前で話をしている。ジュングは「飼っていた猫が体が大きくなったからと虎を気取って私を噛もうとしています。どうすべきですか。」と相談する。
ペクマネージャーは「猫が手放したくないものを奪い取れば従順な猫に戻ります。」と答える。
ペクマネージャーは誰の味方ですかー??

その夜、ジェワンはスカウトした海外組にお酒を奢ろうと町に出る。
ジェワンは黒い帽子の男につけられている事に気づく。海外組たちが捕まえようとするが逃げられてしまう。ジェワンは残った匂いが新入りのもと同じだと気づく。
そしてジェワンの携帯にモネを盗撮している動画が届いたので、急いでモネの家へ行く。

モネの家でジェワンは隠してあった盗撮用カメラを見つける。モネは驚き怯える。ジェワンはチャ従業員を呼ぶと言うが、モネは「総支配人が一緒にいて。」と言う。

ジェワンはモネに料理を作ってあげて帰ろうとするが「他の人は誰も信用できない。今までみたいに私を守って。」とモネが言う。ジェワンが「私を信じますか。」と言うと「あなたを信じる。」とモネは答える。
ジェワンがモネを本気で心配している姿を見て、モネは完全に信じると決めたようですね。

ジェワンはジュングと約束していたと嘘をつき、ジュングの家で奥さんと娘のダべと談笑している。ジュングは慌てて家へ帰る。
帰ってきたジュングを外で待っていたジェワンは「モネに手を出すな。」と言う。ジュングは「モネの存在を煙たく思っている人間が私だけだと思うな。」と言う。

チェギョンのレストランの開店パーティーの日、社員との距離を縮めるため社員食堂でスープの配膳をするモネ。様子を見に行ったジェワンは例の新入りがモネの近くにいる事を不審に思い追いかけるが、ペクマネージャーに呼び止められる。
また新入りですねー。確かに怪しい気がしますが・・・。

パーティーの準備のため、ジェワンとモネが会長室に行くと何者かに荒らされている。
ジェワンは新入りを探してどこにいたのか報告させるがずっと上司と一緒だったと知る。

パーティーが始まり、ジェワンの携帯に非通知の着信が鳴り席を立つ。会場に戻るとまた香水の匂いを感じ、見ると新入りが胸ポケットに手を入れながらモネに近づこうとしている。ジェワンは新入りを押しのけてモネを抱きしめる。またジェワンの誤解だったが、会場は騒然とする。

ペクマネージャーは「不安に飲み込まれたのよ・・・。」と言う。香水瓶を見つめながら・・・。
ペクマネージャーの仕業だったのですね~。香水を使ってジェワンを不安の渦に巻き込んだと言うことですね。ジェワンはまんまとハマりましたね。目的は何なのでしょうか。

その夜、ジュングはジェワンが兄である事も人殺しである事もモネに話すと言う。
ジェワンは「お願いします。お許しください。」とジュングを止めると、「お仕置きが必要だな。」と言い、ジュングは杖でジェワンを何度も殴る。
それをモネが見てしまう・・・。

9話

ジュングに殴られ従う事しかできない自分に後悔するジェワン。そこに何ごともなかったように振る舞いながらモネが夜食を持ってくる。
するとチェギョンがパーティーを邪魔されたクレームを言いに来る。
ジェワンはチェギョンを送りながら話をする。チェギョンに「モネはあなたのことを愛してるわ。」と言われる。
モネがチェギョンに嫉妬する姿が可愛いですね。

翌日、ジュングは子供の日記念イベントを開催して取材を受けている。
そこへモネが行くと記者はジェワンの話を聞く。モネは「とても大好きで、信頼してます。」「だから彼の敵は容赦しません。」とジュングの顔を見ながら言う。

記者が帰った後、モネはジュングに「年もあるし健康が心配だわ。」「これからは会長の私に全部任せて休んで。」と言う。
モネはジェワンを傷つけるジュングと戦おうとしてますね。

その日、ホテルにレイ・キムという宿泊客が来る。
ネットでは会長と総支配人のスキャンダル記事が出回り、安易に記者の取材に答えたモネにジェワンは怒る。

レイ・キムはクレームをかけ続ける。実はアメリカにいた時のジェワンの上司だった。
ジェワンを呼び出し「2年前、ア会長がラスベガスに来た時、計画的に近づいたことをフィアンセは知ってるか。」と聞く。

-2年前―
ア会長がラスベガスのホテルに宿泊した時、ジェワンはホテリエとして担当していた。
ア会長は食事を食べて突然苦しみだし「私は貝にアレルギーがあるんだ・・・。」と倒れる。
ジェワンは用意していた薬で適切な処置をして助ける。
病院で目覚めたア会長はジェワンに「君は命の恩人だ。もう一度会いたい。」と言う。
しかしジェワンは陰で従業員にお金を渡していた。それをレイ・キムに見られていた・・・。
ジェワンはそうやってア会長の信頼を得たのですねー。

レイ・キムはモネに接触しジェワンのアメリカの時の同僚だと伝え、夕食の約束をする。

その頃、ウヒョンはア会長がモネに贈った絵の画家を探していた。キム画伯でないかと教えられる。

モネはジェワンの家の前で待ち伏せし、「スキャンダルを事実にしましょう。」と交際を提案する。ジェワンは「絶対イヤです。」と断る。それでも何とか説得しようとするモネに「女性としてのあなたは嫌いだ。」と冷たく突き放す。ウヒョンは遠くからそれを見ている。
ジェワンはモネが妹だと知っているので冷たく突き放そうとしているのでしょうか。ちょっとモネが可哀想ですね。

ジェワンはウヒョンを家に呼び、レイ・キムの専属になってくれと頼む。
ウヒョンはその代わりに「会長に優しくしてください。」と頼む。

モネとレイ・キムが食事をする。ジェワンはそれを聞きつけ何を話したのかレイ・キムに問い詰める。

翌日、モネは観光コースの視察に出る。

一方、副会長室にジュングが戻るとジェワンとの会話を録音した音声が流れ、ジュングは激怒する。

ジェワンは観光コース視察中のモネに会いに行く。「聞きたいことは?」とジェワンが聞くと「モネはあなたを信じてもいい?」と聞く。ジェワンはうなずく。
しかしその時、ジュングから「今すぐ来い。」と電話が来る。
モネは「行かないで。痛い思いをするでしょ。あなたが苦しむのはイヤ。」「私があなたを守ってあげる。」「愛してる。」と言ってキスしようとする・・・。

7話~9話 感想

モネがジェワンを信用し始め愛するようになりましたね。でもジェワンは妹だと知っているので自分の気持ちを抑えているようにも見えます。

ジュングは陰でモネを排除しようとしながら、ジェワンも意のままに操ろうとしていて憎いですねー。
ペクマネージャーはホテル内を盗聴していたりと、いまだ謎に包まれています。

周りの強敵たちをおさえモネはジェワンと幸せになれる日がくるのでしょうかー。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください