ホテルキング-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ホテルキング-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は夢のような1日を過ごしていたジェワンとモネでしたが、警察に逮捕されたモネを救うためにジェワンはジュングの元に戻ってしまいました。
ジェワンの再び心を閉ざした態度にモネは傷つきそうですね。
どうにかジュングを倒すことはできないのでしょうか。
それでは13話からお伝えしていきますね~。

【ホテルキング】(ネタバレあり)

13話

役員会議で警察沙汰を起こしたモネへの責任が問われるが、ペクマネージャーが庇う。
ジェワンはモネと打開策を考えるというペクマネージャーに「素人以下だから厳しいと思います。」と冷たく言い放つ。
ジェワンはジュングの信頼を取り戻す為、モネに厳しくしていますね。

会議後、モネはジェワンに話があると言う。2人きりでも冷たい態度をとるジェワンにモネは「そういう態度を取るには理由があるはずよ。」と言う。
ジェワンの突然の態度の変化に、何か理由があるはずと思っていますが辛いですね。

ジュングが家に帰るとジェワンが連絡もなく来てダべと談笑している。ジュングは仲良さそうにコソコソ話をしている2人を見て苛立つ。
ジュングはジェワンを部屋に呼び、完成予想図を見せながらホテルを中心に大きなカジノ施設を建設すると高笑いをする。
ジェワンは夕食をご馳走になりながらジュングの破滅を願う。
ジュングも娘のダべには弱く、良い父親でいたいようですね。

翌日、ジェワンは従業員達に「同僚評価制」を取り入れると伝える。反対する従業員にも聞く耳を持たないジェワンだが、そこにモネが来て反対する。ジェワンは従業員の前で「会長は私に適いません。」とモネを侮辱する。

モネがホテルの外に出ると「ア・モネ出てこい。」「釈明しろ。」などの声が聞こえる。
モネが行ってみると契約を打ち切られた下請け企業の社員たちが抗議していて、モネに卵を投げつける。
ジェワンも駆けつけてモネを助けようとするが、ジュングが見ていて出来ない。

酷い目にあわされたのはジュングの仕業だと怒るモネだったが、モネの指示として書類を作成したのはジェワンだったと知り、モネはショックを受ける。
モネはジェワンに突き放され、次々と辛い思いをさせられてしまいますね~。

ジェワンの家に心配したチェギョンが来る。
チェギョンはジェワンの事を良く分かっていますよね~。

モネの家にはウヒョンが来てア会長の残した絵の話をする。モネは急いで小舟を見に行くが先を越されたと気づく。
モネはジェワンの家に行き小舟の事を聞く。ジェワンは何も知らないと答える。

翌日、ジェワンは空港にロマン・リーを迎えに行く。
ロマン・リーにカジノのプレゼンをしていると、モネが入ってきて「一体何を企んでいるの?」と怒鳴り散らす。そのせいでプレゼンはお開きになってしまう。
ロマン・リーはペクマネージャーの部屋へ行き、「お母さん」と呼び抱き合う。
えー!ロマン・リーはペクマネージャーの息子?ペクマネージャーは本当に何者なのでしょう?

モネはカジノを計画しているジュングに怒ってゴミ箱をかけようとするがジェワンがかぶる。
ジェワンはモネに「決して僕を信じるな。」と言う・・・。

14話

ジュングとジェワンがカジノを建設しようしていると知ったモネはジェワンに詰め寄る。
ジェワンはモネへの冷たい態度を崩そうとしない。モネが「戻ってくるの?」と聞くとジェワンは「お前のもとへ行った覚えは一度もない。」と答える。
ジェワン冷たいですね~。モネはこんなジェワンを待つことができるのでしょうか。

その夜、酔っ払ってジェワンの庭の椅子で寝てしまったモネ。そこにジェワンが現れ「戻るよ。汚いものを流してキレイになったら、お前と一緒に暮らす。」と語りかける。
良かった。ジェワンはいずれモネのもとに戻る気ですね。待ち遠しいけど大丈夫かな。

翌日、ロマン・リーはクライミングをしているモネに近づく。モネはカジノへの投資家だと気づき「私のホテルから出てって。」と言う。

モネはペクマネージャーを呼んでカジノ建設を阻止する方法を聞く。まずモネはウヒョンを連れて土地の名義人のウジン牧場のソン会長に会いに行く
モネは「シエルの隣の土地を売ってほしい。」と頼むがソン会長は「副会長は会長が提示する金額の2倍を提示している。」と答える。

次にモネはロマン・リーを含めた投資家たちを集めて、テーマパークにする土地を案内する。
そこでジュングが鳩に餌をあげている。鳥恐怖症のモネは座り込んでしまう。ジェワンはそんなモネを耐えながら見ている。

その夜、ジェワンがチェギョンの店でお酒を飲んでいる。チェギョンは苦しんでいるジェワンを見て「私のもとへ来て。」と言うがジェワンは「自分の道を歩め。僕たちは無理だ。」と言う。
チェギョンはジェワンを本気で心配しているのに受け入れてもらえず辛いですね。

ジェワンが家に帰るとモネが家の前で待っている。モネは「抱きしめて。」と抱きつくがジェワンは堪えながら「出ていけ。」と突き放す。
ジェワンも抱きしめたいのを必死で我慢しているのですよね~。

翌日、教会で涙を流すペクマネージャー。ロマン・リーが迎えに来て「毎年この日は体調を崩すでしょ。」と言う。帰り道で事故にあいそうになると、ペクマネージャーの呼吸が荒くなり「少しだけやすませて。」と言う。
ペクマネージャーは昔この日に何があったのでしょうか・・・。

ジュングの誕生日の日、ペクマネージャーはモネにジュングへのプレゼントを渡す。それはジュングとジェワンの会話が録音されたレコーダーだった。モネはジュングが父親を殺した事とジェワンがそれを知っていたことを知り苦しむ。

モネはジュングの誕生パーティーに行き、トイレへ行くふりをしてジュングの部屋で物証を探す。写真立てを投げた音を聞いてジェワンが駆けつける。そこにジュングも来る。ジェワンは急いでモネを窓の外に逃がすがジュングはそれを見ていた。
怖い。ジュングはまた裏切ったジェワンをどうするのでしょうか。

一方、ロマン・リーがシャワーを浴びている。その背中にはジェワンと同じ天使の羽のタトゥーが。
え?なぜジェワンと同じタトゥーが?ロマン・リーも何者でしょうか…。

ジェワンの家に戻ったモネはジェワンも何か隠していると思い、部屋を探し回る。そこで拳銃を見つけてしまう・・・。

15話

ジェワンの部屋で拳銃を見つけてしまったモネは「あんた、何者なの?」と怯える。
外に出るとジュングがいる。モネはジュングに「人殺し」と言いレコーダーを聞かせる。
ジェワンはレコーダーを奪って壊す。
ジュングは「ア会長に近づいたのも、薬を与えたのも、ユン博士を遠ざけたのもジェワンがやった事だ。」と言う。ジェワンも「すべて私がしました。」と答える。

ジュングが帰った後、モネはジェワンを問い詰め「父さんに何の恨みが?」と聞くと「ただ憎かった。」と答える。
ジェワンはア会長が父親だと聞かされていた事は言わないのですね。

ジェワンは拳銃を見ながら思い出していた。
ボスを殺してしまった後、ジュングの元へ行くと決心するが「ジュハンも連れて行かせてください。」と頼む。しかしジュングに「お前はもう死んだ。ジュハンにもそう言った。」と止められてしまう。

翌日、総支配人の会議にモネも出席して、みんなの前でジェワンを侮辱する。
ジェワンは「辞表をお望みですか?」とモネに聞く。モネは「あんたと副会長をそばに置いて苦しめてやるわ。」と答える。

モネはペクマネージャーに「なぜ私に聞かせたの?」と聞く。ペクマネージャーは「信じるなと言ったはずです。」と答える。モネは「信じてないわ。でも彼のほうが私より苦しんでいるのが伝わるの。」と言う。
モネはジェワンを信じたい気持ちと父親を死に追いやった真実との間で苦しんでいますね。

モネはスアンから副会長とソン会長が契約すると聞いて、先にソン会長に会いに行く。
ソン会長に冷たくあしらわれるが、モネは牧場の仕事を手伝う。そこにウヒョンが来て手伝う。

ジュングとソン会長との約束にモネも同席する。ソン会長は「2人とも土地を欲しているから困りました。」と言う。モネとジェワンは価格の上乗せで言い合いをする。
モネはジェワンに「カジノは諦めて下さい。」とお願いするが、ジェワンは「悪いけどお断りします。」と答える。

翌日、モネとロマン・リーが食事をしていると、ジェワンが心配して様子を見にくる。
「どうすれば私に投資を?」と聞くモネに「会長を信じてお金を託してもいいかどうかを判断してから返事します。」とロマン・リーは答える。そして「今週末周辺を案内してください。」とお願いする。

ジェワンはロマン・リーを尾行するが気づかれてしまう。「私を信用しない人とは取引しない。」とロマンは言う。そこにペクマネージャーが来る。ペクマネージャーはジェワンに「ロマンには用心すべきです。」とアドバイスする。
ペクマネージャーに自分の息子だろーと突っ込みたくなりました。ジェワンはロマンがモネに近づくのを警戒していますね~。

ペクマネージャーの部屋でロマンが待っている。ペクマネージャーはロマンに「モネの持ち株を全て奪って。」と言う。
ジュングの部屋の机には「ペク・ミヨンです。お久しぶりですね。」と書かれた手紙が置いてある。ジュングは「ミヨンは死んだ。誰の仕業だ。」と怒る。
手紙もペクマネージャーの仕業のような気が・・・。モネの持ち株も奪う気ですし目的は何なのでしょうか。

チャリティーイベントが始まる。ジュングのマジックショーは成功するが。控室に戻ったジュングがジェワンに「ガキは大嫌いだ。物乞いみたいに私の金をせびろうとたかりやがって。」と話している会話が会場に聞こえてしまう。子供たちは泣いて帰ってしまう。ダべも出てってしまう・・・。

13話~15話 感想

ジュングの元へ戻ってしまい、モネを突き放すようになってしまったジェワン。
そんなジェワンをモネは信じてはいるものの、突然の態度の変化に傷つきますよね。
そして新たな人物ペクマネージャーの息子のロマン・リーが現れましたね。

ジェワンを信じているモネでしたがペクマネージャーがジュングとジェワンの会話のレコーダーを聞かせてしまい、真実を知ってしまいました。またモネの苦しみが始まってしまいました。ジェワンはどうやってジュングを倒すつもりなのでしょうか。

ロマン・リーの背中のタトゥーといい、ペクマネージャーの裏で全てを動かしている感じといい過去に何があったのでしょうか。

15話の最後でジュングの本性が皆に知られて、このまま倒れてほしいと思ってしまいますよね。でもジュングはそう簡単にはやられないのでしょうか。これから先も気になりますね~。