ホテルキング-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ホテルキング-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はジェワンとモネが恋人として元に戻り、何とか売却も止められました。
ジュングがジェワンの父親だと皆に知られましたが、母親の事はジュングもロマンも隠すつもりです。そのせいでペク会長とジェワンはとても憎しみあってしまっています。
ロマンがジュハンだとジェワンが知ったので2人が兄弟に戻れるといいのですが・・・。
それでは25話からお伝えしていきますね~。

【ホテルキング】(ネタバレあり)

25話

ジェワンはロマンがジュハンだと知り会いに行く。「ジュハン、僕の弟ジュハンだろ。」と問いかけると、ロマンは「ジェイデンは死んだ。」「兄さん、このまま忘れて生きよう。」と答える。
昔のような兄弟に戻るには溝が大きそうですね。2人とも切ない涙です~。

ジェワンはモネに「ロマンは僕の弟のイ・ジュハンだ。」と話す。ジェワンは「あの時連れ出していたらこんな事には・・・。」と後悔する。
ジェワンは昔の約束を守れなかった後悔の念がありますね。今もロマンを大切に思っているようです。

ユチーム長はペク会長に会いに行きリストラ対象者リストを渡す。そして「セントラルの総支配人にする約束を守って下さい。」と言う。
ペク会長が約束を守るとは思えませんよー。

リストラ対象者が公表されジェワンとモネはペク会長に抗議しに行く。ペク会長は「労組が動いて仕事をボイコットしてくれたら営業は不可能よ。」と狙いを話す。

スアンはユチーム長がペク会長と電話で話しているのを聞いてしまう。スアンがジェワンに話そうとするとユチーム長は「自分で話す。」と言う。
ユチーム長の裏切りにジェワンはショックを受ける。

ジェワンがユチーム長の件でペク会長を解任させようとしていると知ってロマンは「リストラの件は俺が撤回する。」「後輩の件は伏せてくれ。」と頼む。
ロマンは自分を救ってくれたペク会長を相当大事に思っていますねー。

その夜ジュングはペク会長に会いに行き、ア会長が死んだ時にペク会長が部屋にいた鮮明な合成映像を見せる。そしてこの映像でジェワンがロマンを脅していると嘘をつく。
ジュングがやっぱり邪魔ですねー。余計な事をして…。

モネの寮にペンションのおじさんが来る。モネが写真の女性の事を訪ねると動揺しながら「秘書だったペク・ミヨンだ。」と答える。モネはジェワンの家に行き写真を見せて「ペク・ミヨン、おそらくあなたのお母さんよ。」と教える。

翌朝、ジェワンが車にひかれそうになるのをウヒョンが助ける。
そこにペク会長が現れたのでジェワンは疑い「何のためにシーエルをこの世から消そうとしてるんだ。」と聞くとペク会長は「父親に聞きなさい。よく知ってるから。」と答える。

ジェワンはジュングに会いに行きペク会長との関係を聞く。そしてペク・ミヨンの写真を見たと言うとジュングは「写真を見たならお墓参りに行こう。」と誘う。
ジェワンはジュングとお墓に行きジェワンは母親に挨拶をする。
これ誰のお墓ですかー?ジュングは何を考えているのでしょう…。

モネがペク会長の部屋を掃除しながら引き出しを開けると1枚の写真を見つける。それはペク・ミヨンが赤ちゃんを抱いている写真だった。そこには“ヒョヌ1歳の誕生日”と書かれていた。モネはペク会長がペク・ミヨンでジェワンの母親だと気づき、ペンション行っておじさんに確かめる。ジェワンがペンションに来るとモネは「ジェワン、私と逃げましょう。」と言う・・・。

26話

「ジェワン、私と逃げましょう。」とモネは言うが、本当の事は言えずジェワンを抱きしめる。ジェワンとモネは1日デートをする。
「何があっても私のそばを離れないで。」と約束をして一夜を共にする。
モネはペク会長がお母さんだと知っても離れて行かないでと願っていますね。

翌日、ジェワンはモネに「ペクを検察に告発する。」と話す。
モネはペク会長の部屋に行き「父を殺しましたか?」と聞く。否定をしないペク会長に「父を殺してないという真実が必要なの。」と言う。ロマンがモネを連れ出す。
モネはロマンに「このままお母さんと去って下さい。」「2人は敵対しちゃダメです。」と頼む。
モネはジェワンがお母さんを告発する事態だけは何とか防ぎたいようですね。

ペク会長はジョン・ハワードに会いに行き、不渡りを出すように命じる。

モネに頼まれたロマンはジェワンの家に行きキャッチボールをしようと誘う。そしてお酒を飲みながら話す。ロマンはジェワンに「告発はダメだ。解任で手を打とう。」「解任したらお母さんと韓国を去るから。」と頼む。
その夜ジェワンはモネに会いに行き「告発はやめることにした。」と話す。
ロマンとも兄弟関係にもどり、告発もやめる事になって良かったですねー。

翌日、ジェワンがお母さんのお墓を手入れしていると、おじさんに「ここは身寄りのない爺さんの墓だ。」と教えられる。
やっぱり。ジュングは適当な墓を教えたのですね~。

ジェワンとロマンが車の中で昔話をしていると、ロマンが「ボスに死ぬほど殴られた日は・・・。」と話すと、ジェワンは車を止めて「ボスは生きていたのか。」と驚く。
えー!ボスが死んだ話も嘘だったの?ジュングは子供相手に本当に最低な奴ですね。

ジェワンは家に帰り銃を持ちジュングに会いに行く。ジェワンはジュングを「お父さん」と呼び「お墓の場所を忘れました。もう一度教えて下さい。」と頼む。
ジェワンとジュングはお墓に行く。ジェワンは銃を取り出し「この銃で僕を飼い犬にしただろ。」と言い銃口を向ける。ジュングは謝りながら許しを請う。ジェワンは引き金を引くが弾は出ない。「これでイ・ジュングは消えた。」と言いジュングを置いてその場を去る。
許すわけないですよね。殺されなかっただけ良かったと思いなさいって感じです。

ジェワンは家にモネを呼び「すべて終わった。」と楽しい時間を過ごす。
ジェワンの楽しそうな笑顔なんて初めて?可愛いですね。

翌朝、ジェワンの家にユチーム長が来て「ペク会長が不渡りを出そうとしている。」と教える。ジェワンはロマンに電話して謝る。ペク会長の部屋に検察の家宅捜索が入る。
ジェワンは解任じゃなくて、告発してしまいましたね~。

ジェワンは会長室でヒョヌ1歳の誕生日の写真を見つける。動揺しているジェワンにモネは「ペク・ミニョがお母さんよ。」と教える。ジェワンはペク会長の乗った車を走って追いかける・・・。

27話

ペク会長が母親だと知ったジェワンは検察の車を走って追いかけるが車は行ってしまう。
ロマンに「告発しない約束だろ。」と責められるが、ジェワンは「ペク会長が俺の母親であることを知ってたのか?なぜ隠した?」と問い返す。ロマンは「お母さんを奪われたくなかった。」と答える。
ロマンは正直ですよね。ロマンも辛い思いをしてきましたもんねー。

モネはチェギョンに会いに行き「私が間違ってた。力を貸して。」と頼む。「ペク会長が起訴される前に救い出して。」と頼まれチェギョンは困惑する。モネは「ペク会長は彼の母親なの。」と話す。

ジェワンは出ていこうとするユチーム長を引き留める。
ユチーム長が心入れ替えて、また元の仲間に戻れるといいですね。

ジェワンはペク会長に差し入れを持って面会に行く。ペク会長はジェワンを見てすぐ引き返し、差し入れもぐちゃぐちゃにする。
ペク会長はジェワンに告発されてすごい嫌悪感をもってますね~。息子なのに~。

その夜、チェギョンがジェワンの家に来て「明日ペク会長が釈放される。」と教えてくれる。
チェギョンの力は本当に凄いですね。

翌朝ジェワンはロマンに会いに行く。「僕の母親は昔死んだ。」「だからアメリカへ連れて行って大事に世話してくれ。」とチケットを渡す。
ジェワンは息子だと名乗り出ないことにしたのですね~。

ペク会長は釈放されると昔の家へ行く。ジェワンはペク会長のために料理を作って置いておく。ペク会長はロマンが作ったと思って食べる。

ロマンはペク会長に「明日アメリカへ戻ります。一緒に戻りましょう。」「終わりにしましょう。」と話す。ペク会長は「ごめんなさい。あと少しよ。」と答える。
ペク会長はいつまで続けるのでしょうかー。

ペク会長はホテルへ行き従業員の前で「私は決して会長から退きません。」と言う。ジェワンがペク会長を会長室へ連れて行くと、ペク会長はジェワンの首を絞める。それを見たロマンは「チャ・ジェワンはヒョヌなんです。」と話す。ペク会長は崩れ落ちる・・・。

25話~27話 感想

最後ついにジェワンがヒョヌだとペク会長が知りましたねー。ペク会長は今までジェワンにしてきたひどい仕打ちをどう悔やむのでしょうか。
それにしてもやっぱりジュングは酷い男でしたね。偽のお墓に案内したり、昔のボスは死んでいなかったのに殺人者にしたりとジェワンは許せないでしょうね。
ジェワンとロマンは兄弟に戻れましたが、ジェワンとペク会長は母子に戻れるのでしょうか。気になりますねー。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください