ホテルキング-あらすじ-31話-最終回(32話)-結末は!?

韓国ドラマ-ホテルキング-あらすじ-31話-最終回(32話)-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はジュングがジェワンを追い出そうと監査で昔の事を証言してしまいました。
ジェワンは秘密にしておきたかったのですがモネの為にア会長と故意に出会ったことなどを全社員の前で告白します。
モネはジェワンを許し、ジュングに罪を償わせると決意します。
そんな中ジュハンがジュングを刺してしまい、どうなってしまうのでしょう?
それでは31話からお伝えしていきますね~。

【ホテルキング】(ネタバレあり)

31話

ジェワンはジュングを刺したジュハンに「人殺しの人生を?」と問い、血の付いた手を拭き「何もなかった。」と告げる。ジェワンはジュングを車に乗せて病院へ連れて行く。
ジェワンは弟に人殺しの人生を歩ませたくなくて守ろうとしていますね。

ジュングは致命傷ではなく助かる。ジェワンはジュングがミヨンの株を奪ったと知り阻止しようとする。ジェワンはジュハンにアメリカに帰るように言う。

チェギョンは韓国を去る事にした。
チェギョンは何だかカッコいい女性でしたね~。

ジュングはジュハンが捕まると脅してジェワンに看病をしてもらう。
ジュングは薬まで口に入れてもらって、よくジェワンにそんな事やらせますよね~。

ジェワンとミヨンはジュハンを空港まで見送る。しかしジュハンは飛行機に乗らないで出てくる。ジュハンはジェワンが止めるのを聞かずに警察に自首する。
ジュハンはジェワンが自分のせいでジュングに脅されると分かっていたのでしょうね。

ジュングの家ではキム秘書が突然消え、金庫の物を全て奪って行った。そこに警察がジュングを捕まえに来るがジュングは逃げる。

ミヨンはトイレに行こうとしてホテルで迷子になる。

ジェワンは亡きユン博士からア会長の症状をでっちあげ薬を飲ませた証拠とホテルの開館日に殺そうとした計画の通話記録を警察に渡していた。警察は殺人の容疑でジュングを捕まえにホテルまで来ている。ジュングはホテルに行き会議室の会長の椅子に座る。そこでミヨンが隠れているのを見つける。
ついにジュングが追い詰められましたねー。おとなしく捕まるとは思えませんが…。

ジュングはミヨンを人質に取って自分が逃げられるよう要求していた。2人が屋上に上がるとジェワンが説得に行く。ミヨンはジュングの傷口を押して何とか逃げモネと下へ逃げる。ジェワンは引き続き説得するがジュングは屋上から飛び降りる。ジェワンが腕をつかみ助けようとするとジュングは「ジェワン、ありがとう。」と言って手を離す・・・。
ジェワンはまた助けようとしてしまうのですね。でもそう簡単に飛び降りる人の腕掴める?とか思ったりして。

ジェワンとミヨンはホテルから去る。モネは会長に戻るがジェワンの席はあけておく。

―1年後―
会議室ではトップスターのチェ・ウォンの挙式を契約してホテルのイメージを変えるチャンスにしようとしていた。そんな中チェ・ウォンがホテルに突然来る。数日泊って検討するという。条件は以前ラスベガスで注目の結婚式を企画したチャ・ジェワン総支配人を呼ぶことだった。

モネがジェワンとミヨンに会いに行く・・・。

最終話(32話)

1年ぶりにジェワンに会ったモネは「戻れなかった理由を話す約束よ。」と言う。ジェワンは「あの日、あの男の手をつかんだ。そして助けたかった。」「結局はイ・ジュングと親子だと思い知ったんだ。」と答える。モネが「シーエルや私と縁を切るの?」と聞くとジェワンは頷く。モネは「1年も悩んだ結果がこれ?がっかりだわ。」と言い去る。
1年間会わなかったと言うのも信じられないけど、あれだけの試練を乗り越えたのに今更モネと縁を切るなんて私もがっかりです。

モネは「経営打開策としてスターの結婚式をホテルで行います。チェ・ウォンは式の責任者に総支配人を指名しました。」とジェワンに資料を渡す。戸惑うジェワンに「チェ・ウォンの結婚式を成功させたら別れてあげる。」と言い帰る。

その夜モネはお酒を飲みウヒョンを呼び出す。ウヒョンは泣き続けるモネを優しく見守る。
こんな紳士で優しい男性います?素晴らしいホテリエですねー。

翌日モネは野外ホールでチェ・ウォンと結婚式の打ち合わせをするが「総支配人を連れてきて。」と言われてしまう。
ウヒョンはジェワンに会いに行き「戻ってきてください。」とお願いする。「あと自分の女を一晩中泣かせるのは男として恥ずかしい。」と言い去る。
ウヒョン、よく言った‼

慈善パーティーに出席したモネはチェ・ウォンと同じドレスだという事に気づき、その場でドレスを破ってリボンを巻いて違うドレスに変える。モネはチェ・ウォンに気に入ってもらうが総支配人を探すチェ・ウォンを見て困る。するとそこにジェワンが颯爽と現れる。
パーティーの後、ジェワンは「結婚式だけ成功させてすべて整理する。」とモネに伝える。
モネのドレスを破ってアレンジする姿カッコよかったですね~。その後ジェワンが現れたのも良かったー。

翌日ホテルに総支配人が戻り、従業員は喜ぶ。ジェワンが会長室へ行くとモネは「あなたと結婚する。このまま振られるのは悔しい。」と言う。

ジェワンはチェ・ウォンの部屋に式の相談に行くと様子がおかしい事に気づく。話を聞くと新郎が結婚発表のあと素性を明かされて、連絡もなく消えてしまったらしい。ジェワンは新郎を探させる。

その夜、自分を受け入れてくれないジェワンにモネは諦めて指輪を返す。
ジェワンが家に帰るとジュハンが罪を償って会いに来ていた。ジュハンに弱音を吐くジェワン。するとスアンから電話があり新郎がホテルに宿泊中だと聞き急いでホテルへ戻る。

ジェワンとモネは地下駐車場で新郎を見つける。モネは「最低ね。結局は自分のために逃げるのよ。」と責める。新郎は「あなたたちに何がわかる。」と言うと、ジェワンは「分かります。とてもよく。別れることが本当の愛だと勘違いしてますよね?」「大切な女が苦しむから消えよう。」「本当は彼女を見て自分が傷つくのが怖かっただけだ。」「彼女に言え。戻りたいと。悪かったと。もう一度だけ許してくれと。」「許してくれるか分からないが。」と新郎に話す。するとモネは「きっと許すわ。」と答える。そこにチェ・ウォンが来て新郎に抱きつく。ジェワンとモネは微笑んで手を取る。
ジェワンは新郎に自分を重ね自分の愚かさに気づいたようですね。

ジェワンとモネは結婚式を挙げる。灯台の下でキスをする。

―数年後―
ミヨンが従業員の教育係として復帰している。モネが男の子2人連れて入ってくる。
ジェワンは遠くからホテルを眺め「これから作るホテルは天国だ。」と思う。
ドラマの最後にその後の幸せな姿を見せてくれるって良いですよね。ミヨンは記憶が戻ってまたホテルに教育係として戻ったのですねー。モネがあんなに大きい男の子2人の母親になっていてびっくりしました。ハッピーエンドで良かったです。

31話・最終話(32話) 感想

ジュングは最後追い詰められて自殺してしまいましたね。ジェワンが助けようとした事には驚きましたがそのせいでまたモネに対して罪悪感を持ってしまいました。1年間も連絡取らなかった上に別れたいというジェワンに若干イライラしてしまいましたが(笑)。無事に戻って結婚して幸せになったので良かったです。
ということで全話見終えることができました。
途中から真実が明らかになるたびに驚きました。最高級ホテルで親たちの争いの復讐劇に巻き込まれたジェワンとモネが一途な愛を貫いて幸せになろうとする。最後まで目が離せないドラマでした。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください