ボーンアゲイン-運命のトライアングル-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

テハの部下に襲われるスヒョク、サビンもすぐさま駆けつけるが突き飛ばされてしまい二人は逃げるがジョンボムがナイフで男を刺す。
チャリティーパーティーに参加したジョンボムは弟のジョンウを追い詰めて川に落とし、自分は助けずにサビンが池に飛び込む。

では、今回は16話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【ボーンアゲイン-運命のトライアングル】ネタバレあり

16話

サビンの父・ソンウンは誰かからスヒョクに関わればお前と娘であるサビンの命はないと脅迫されており、それがあのジチョルだと知って恐怖する。
ソンウンがいなくなりスヒョクは街中を走り回りサビンの父親を探すが、サビンの父はジチョルの幻惑を見ており横断歩道でうずくまってしまう。
サビンの父が見ている内容が本当なら脈とかしっかり確認しないことなんて無いと思うけど…まぁ昔のことですからね、そういうところも杜撰なんでしょう

ソンウンはジチョルが死刑執行の際に突如生き返った恐怖におびえており、スヒョクは横断歩道でうずくまっていた父親を見つけて助け出す。
スヒョクはソンウンが脅されたのはテハが絡んでいると考え、チャン・マチョルの病室にいたテハにこれ以上、サビンには近づくなと忠告する。
いきなり笛を吹いているテハ、病院で笛吹くなんてやめてよ…。ジチョルが実際何したかがあまりわからないのでここらへんは謎ばっかりですね

サビンの元にやってきたスヒョク、しかしスヒョクを狙うチャン・マチョルはナイフでスヒョクを刺そうとするがサビンがスヒョクを庇い刺されてしまう。

17話

スヒョクの代わりに刺されてしまったサビンだったが、一命は取り留め病院で入院することになるが自分のスマホに知らないアプリが入っていたのに気づく。
そのアプリはスマホの位置情報アプリであり、サビンはジョンボムを疑い、更には自分が無くしてしまった手帳もジョンボムが持っているのではと考える。
まぁ、二人の男にいったりきたりしてるから刺されるんですよ…違うか。前世のころの初心な感じが全然無くて好感度低いんですよねーサビン

スヒョクはチャン・マチョルと数時間前に会っていたジョンボムが自分を殺害させるように指示したとして殺人教唆の罪で逮捕しようとしていた。
その後、スヒョクは殺されたファヨンの遺体から海外で流行った特殊なインクでタトゥーが描かれているとわかり、スヒョクは手がかりを探っていく。
どっちにしろ怪しさしかないジョンボム、そもそも手帳を盗むって相当変態ですよね…何をどうしてもストーカーの域に入っちゃいますし

タトゥーショップから手がかりを得て、その特殊なインクを買った人物の連絡先を手に入れるがその人物はスヒョクの婚約者であるサンアだった。

18話

UVインクを手に入れた者たちに連絡をするチュ刑事、手に入れた情報のサンアに会うためにアートギャラリーにやってくるがそこにはジチョルの絵があった。
サンアはチュ刑事を殺害、ジョンボムはその様子をスマホで動画を撮るが、それに気付いたサンアは通報すればあなたも疑われると言って脅すがジョンボムは通報する。
急に人を殺すサンア、サンア自体がこういうストーリーの絡み方するほど重いキャラじゃなかったと思うんですけどね、ヘミの娘だからってことかな?

その頃、自分を庇ったサビンの事を想い緊急信号とGPS機能がついた時計を渡したスヒョクは自分がサビンのことが好きだと確信しサンアに婚約破棄を伝える。
病院にやってきたジョンボムはサビンに手帳を返すと、スヒョクはサビンを辛い目に合わせるから殺そうとしたとサビンに打ち明ける。
ジチョル=ジョンボム説や、ジチョル=スヒョク説など色々ありますけど現在のジョンボムがだいぶサイコパスだからねー結局誰でも変わってるんですよ

その後、ジョンボムにジチョルとしてメールを送っていたサンアは母であるチャン・ヘミはジョンボムが生まれる前からジョンボムを監視していたと話す。

16-18話感想

手帳盗んでスヒョク殺そうって言ってた子がいきなり抱きついてくるの怖いですよね、普通ならドン引きですよ?ジョンボムに同情もできないし。
それにしても内容は重いのにやたらとキスシーンが多いこのドラマ、サビンがねー思った以上に尻軽と言うかどっちつかずなので同性からは嫌われるだろうなぁ。

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください