マッドドッグ-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-マッドドッグ-あらすじ-4話-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

マッドドッグ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
元保険調査員の主人公が、独自に作った組織「マッド・ドッグ」
マッド・ドッグが、保険金にまつわる犯罪をどう摘発するのか。
主人公の妻子が乗った飛行機事故にもなにやら裏がありそうです。
演技派俳優のユ・ジテと、ブレイク中のウ・ドファンのケミも楽しみですね!

さて、さっそく1話から見てみましょう。

【マッドドッグ】ネタバレあり

1話

マッド・ドッグは病院に潜入する。
チャン・ハリ(チャン選手)は、足のケガを装い医師に近づき、病院内のジムへ。
チャン選手はそれを隠しカメラで撮影する。
そこへ、テヤン生命の捜査が入り、マッド・ドッグは撤収する。
ジムにはウソのケガや病気で入院している人が運動していた!こうやって保険金を不正に受け取ってるらしい~。

ガンウが以前働いていたテヤン生命の会長に会った帰り、外でデモをする親子を見つける。
ビルが倒壊して妻と子供がけがをしたのに、ビルのオーナーに保険金が下りたことへ講義をしている。
ガンウは話を聞いてあげる。

マッド・ドッグは、ビルのオーナーのアン・チフンの周辺を調べ始める。
すると、行く先々にキム・ミンジュンがいる。
彼はビルが不良物件ではないことを証明するために動いていた。

結局、ビルに欠陥はなく、保険金23億が支払われた。

ガンウは、親子に保証すると約束したものの何もできなかったことを悔やんでいると、ビルのオーナーのアンが逮捕されたとの報道が。
実は、ミンジュンは、ビルに欠陥がない事を証明する代わりに保険金の23億をもらう事を取引していた。
その保険金を被害者に振り込み、アンを別の賭博容疑で警察に告発していたのだった。
最初は間抜けな風貌で現れたミンジュンなのにっ。すごくできる男だったのね。何を企んでいるんだろう~。

ミンジュンは、マッド・ドッグを訪れて「マッド・ドッグ」をもらいに来たと言う。

2話

2年前。
テヤン生命の保険調査チームのチーム長だった、ガウンは、コン・ジチョルを追っていた。
コン・ジンチョルは、女性に保険金をかけては交通事故に見せかけて死亡させ、保険金を手に入れていた。
コ・ミランという、保険院が共犯かもしれないということも突き止めた。

調査中、新人の調査員、ジェスが被害者の1人が妊娠中だったことに憤り、単独でジンチョルを追う。
応援にガンウ達も駆け付けるけど、間に合わずわざとハンドルを切ったジンチョルの車とぶつかりケガをしてしまう。ジンチョルと一緒に乗って居た女性は死亡。

ジェスの手術中に、妊娠中の妻が駆け付ける・・・。
ジェスは、自分の妻が妊娠中だったから、妊婦でも容赦なく殺してしまうジンチョルを許せなかったのね。ガンウも同僚もジェスが結婚していることを知らなかったみたい。なんでだろ。

家族旅行に行く予定だったガンウは、先に手続きを終えていた家族と合流し、同じ飛行機の手続きをするけれど、間に合わずに次の便で行くことになった。

その後、妻子が乗った飛行機が墜落!
副操縦士のキム・ボムジュンが、わざと墜落させたようだった。
これは辛い・・自分も乗る予定だったのに・・。

ガンウは、葬儀後1か月仕事に来ない。

墜落事故の調査本部が設置され、ジンチョルは、保険金を請求してきた。
さらに、ジェスは何度目かの手術中に亡くなってしまう。

ジンチョルの携帯を追跡して、見つけたガンウは、ジンチョルを殴って拘束される。

そこへ、ニュースが流れる。
飛行機の副操縦士の保険金目当ての自殺だったと報じられる。
その保険金34億は副操縦士の弟が受け取ることに。
また、別のニュースでは保険相談員のイ・ミランが自殺したと報じられた。

退職願を出すガンウ。

現在。
マッド・ドッグをもらいに来たと言うミンジュンは、自分が2年前に保険金を受け取った、副操縦士の弟だと明かす。
元々施設で育ったミンジュンは、7歳の時養子に出され、ドイツに渡ったらしい。
その時の名前はヤン・ゲバウワー。

3話

ミンジュンは、マッド・ドッグが今までしてきた、違法な調査の証拠を持っていて、それでガンウ達を脅す。
自分が望むものを持ってきてほしいと。
すでにその証拠を、テヤン生命、警察、病院などに送っていて、マッド・ドッグはそれを回収しに行く。
原本が欲しければ従えと言うミンジュン。
保険金を受けとった弟が、今さら何で被害者のガンウに近づいたのかな~。敵なのか味方なのかもいまいちわからず。

チャン選手は、ミンジュンを追って教会へ。
ミンジュンはそこである女性と一緒にいた。

その間にミンジュンの家を探る、ガンウとパク・スンジョン(チーター)。
何もないと思ったら、隠し扉を見つける。そこには飛行機事故に関する記事が貼られていた。
復讐しようとしてる人って、みんな壁にいろいろ貼るよね(笑)

家に戻るミンジュン。
隠し部屋にはガンウがいて、教会で一緒にいた女は誰かと聞く。
自分で調べて、と言うミンジュン。

ミンジュンと一緒にいたのは、カン・ウンジュという妊婦。
最近夫を亡くし、夫は事故ではなく自殺だと噂されている。

カン・ウンジュの夫、イ・スオの保険の記録を手に入れると、加入してから2年経っている。
2年経っていると、自殺でも保険金は支給される。

イ・スオは、大学の先輩ハン・ソジンに会い、食事後スオは泥酔。
ソジンはスオを車に寝かせて、会社に戻った。
1時間後、車が燃えてスオは死亡した。

ガンウは、ウンジュに会いに行く。
夫は自殺じゃない、助けてくださいと言う。

車が燃えた時の監視カメラの映像を見つけ、社内のライターが起爆剤になったことを突き止める。
でも、意識があったならなぜ逃げなかったのかが気になり、元方法医学教授の意見を聞くと、光で発作が起きるラフォラ病かもしれないと言われる。

再びウンジュの家に行くガンウ。
病気のことを知っていて保険に入ったなら、詐欺だ、詐欺の手助けはしないと突き放す。
ウンジュは、一緒にいたソジンが、ラフォラ新薬の研究結果を狙っていた、ソジンが夫を殺したと言う。
保険金は夫の無念を晴らすまでは請求しないとも。

ウンジュが倒れたとガンウの元に連絡が入る。
赤ちゃんは無事で、ウンジュは意識不明。
ガンウに留守電を残していた。
「夫のノートパソコンに研究資料があるはずだから調べてほしい」と。

ウンジュの家に行くと、すでにミンジュンがいた。
ノートパソコンのことは知らないようだったが、パソコンは消えていた。

ミンジュンは、ウンジュがいたという金浦の養護施設へ。
そこで壁に貼ってある写真を見つける。
そこには、兄とウンジュ、ミランが一緒に写っていた・・・。

1~3話感想

ミンジュンは、養子に行った先でも辛い思いをしたみたいで・・
なにかと、ガンウの神経を逆なでするような事をしているけれど、目的は2人とも飛行機事故の真相みたいだし、これからの2人のケミもあるのかな?と楽しみです。

マッド・ドッグのメンバーも、運転が得意だったり、喧嘩が強かったり、ハッカーがいたり。
最近他のドラマでもこの組み合わせのチームの話を見ていたので(笑)定番なのかな。
ハッカーはいると何かと便利ですよね!

マッド・ドッグ プラス ミンジュンで、この先どんなチームプレイを見せてくれるのか楽しみですね!