マンツーマン-あらすじ-3話-4話-感想付きで詳しく紹介!

韓国ドラマ-マンツーマン-あらすじ-3話-4話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
多芸多才の国家情報院ソル。
今回は木彫りの像を追ってそのまま姿を消した要員を探すため、悪役俳優ウンガンのボディーガードに扮しています。クールなソルも、ウンガンとそのマネージャのドハのハチャメチャに関わると顔が歪んでしまうことがしばしば(笑)
しかし、ウンガンがスタントしている車が急に止まらなくなってしまいます。その先には崖が!!果たしてソルはウンガンを助ける事はできるのでしょうか?
それでは3話から行ってみましょう!

【マンツーマン】ネタバレあり

3話

ウンガンの乗った車にパトカーで体当たりするソル。
共に乗車しているドハを抱えながら、崖ギリギリの所で車が止まる。
気絶したウンガンそのまま病院に運ばれる。

病院で、同じような事故が以前にもあった事を知るソル。
そこに看護師に扮したドンヒョン(ソルを指示する先輩)が現れる。
なんで医者じゃなくて看護師なんだ。とつっこむソル。
(笑)
そしてドンヒョンに、撮影現場で見た怪しい整備士の話をする。
「怪しい奴。歩き方が軍出身」

ウンガンの事故の記事を見ながら薄笑いを浮かべるスンジェ。
そこに来たミウンに、今後の撮影はどうなるのか?と聞くと、俳優を替えるから大丈夫だと冷たく答える。
しかしスンジェが去ると、ジ代表(ウンガンの芸能事務所代表)へ電話し、最高の医療を提供するように指示する。

過去を思い出すウンガン。
以前にも同じように撮影に大きな事故に遭う。
そして、入院している時にミウンの婚約記者会見の報道を見るウンガン。
その後、ミウンに電話するウンガンに対して冷たく別れの言葉を言うミウン。

思い出しながら涙を流すウンガン。
そんな過去があったのね。

ウンガンの見舞いに以前ソルが会っていた女優が現れる。
しかし、今回はウンガンにつきまとって来たわけではなく、純粋に見舞いに来ただけだった。
ソルがこの女優を説得した為だと分かると、ソルを誤解してた事が急に申し訳なくなるドハ。
今回の事故の救助と合わせてお礼を言う。
ドハ、素直で可愛い。
そして、ソルにウンガンとの出会いの馴れ初め話す。

病院の屋上で会ったウンガンとドハ。
ドハは、祖父の葬式の後だった。
傷心しているウンガンに、
「心で記憶していたら、死んだ事にはならない。」
と勇気づけるドハ。
この出会いがきっかけで、二人は兄妹の様に過ごすことになる。

その話を聞き、
「死んだ人のことは、忘れる事です。」
と冷たく放つソル。
「あなた、心臓に血が通ってるの?あなた、恋愛を1度もした事がないでしょ。」
と言ってソルの胸に手を当てるドハ。

ビクトルの屋敷で使う予定の超小型透視カメラの試験をするソルとドンヒョン。
また、撮影現場で見た怪しい整備士の話をする。
「音もなく現れるのはゴースト(情報員)みたいだ。」
というドンヒョン。

退院したウンガン。
今回大活躍したソルお褒め称え、これからは24時間自分のボディーガードをしてくれと言う。
内心嫌だと思いながら、目をつぶって承諾するソル。
しかし、ウンガンは仕事は当分休むとわがままを言い出す。
韓国内の仕事をキャンセルする事は出来ないと聞くと、
ビクトルの誕生会はキャンセルすると言うウンガン。
目を丸くするソル。
その為にボディーガードやってるのに〜!

ドンヒョンに他の方法でビクトルに接近する方法を探して貰えるよう頼むが、今はないので、そのまま待機するように言われるソル。
ガーン。

ソルは、自分でウンガンを動かす行動に出る。
ある日、ウンガンとソルが2人で酒を交わす。
過去のミウンとの話をするウンガン。
ソルは、ウンガンに実は、今の事務所の本当社長はミウンであり、ミウンに雇われてウンガンのボディーガードをやっていると打ち明ける。
今のウンガンをVIPにしたのはミウンで、今後もVIPの位置に引き上げるだろうと言うソル。
驚くウンガンはソルに、ミウンに付くか、自分に付くか選択させる。
ウンガンのボディーガードになると答えるソル。
(人を助けるのは憎悪と憤怒。ウンガンの憎悪と憤怒の果てには、ミウンがいる。)
ソルは人の心を操るのが上手いのね〜

ソルの話を聞いて、事務所を辞めると言い出すウンガン。
そして、事務所関係以外の仕事をする事になる。

その仕事は、ビクトルの誕生会。
おー。そうなりますか!

ロシアに飛ぶウンガン一行。
ドンヒョンも、準備万端で付いていく。

ドレス姿で登場するドハに目を奪われるソル。
ウンガンに褒められて、嬉しがるドハ。
ソルは2人のデレデレした姿を見て舌打ちする。

パーティには、スンジェ夫婦も参席していた。
会場で挨拶を交わすが、ぶっきらぼうに対するウンガン。
ミウンはスンジェがいないうちにウンガンに話しかけるが、そのまま行かれてしまう。
ミウンは、まだウンガンが好きみたいね。

そしてパーティが始まり、時を見て木彫りの像を盗みにかかろうとするソル。
しかし、ウンガンがソルをどこまでも離してくれない。
ビクトルのコレクションを見に地下の専用ルームまでも一緒に連れて行こうとするウンガン。作戦の時間がもう間もなくになり…

4話

ウンガンと一緒にビクトルの秘密の部屋へ通されるソル。
そこに木彫りの像があるのを発見する。
ドンヒョンは、時間がない為ソルとの通信を中断し中での仕事をソルに任せる。
実は、何かあった時の為に「プランB」を用意していたソル。
以前、刑務所から助け出したペトロフに、ビクトルの情報を提供する代わりに、この誕生日パーティーの最中に電磁波ミサイルを打ってほしいと頼んでいたのだ。

ミサイルが発射され、屋敷全体が停電する。
ビクトルは、部下にこのまま誕生日パーティは続行するようにと伝え、キャンドルの明かりの中でパーティをする。
舞台にビクトルが現れ、招待客の意識がそちらに向いている事を確認すると、犯行にかかるソル。
警護の攻撃も華麗に交わし、セキュリティが解除されている金庫の扉を開け、あっという間に木彫りの像を持ち去る。
そして、像を布袋に入れ、ドロンを扱うドンヒョンに渡し任務を完了させる。
おーカッコイイ♡

その時、ソルの姿が見えない事に気づくドハ。
ソルを探しに宴会場の裏側に回ると、警護員に追われているソルに出くわす。
ソルは、とっさにドハを抱きしめ警護の目を誤魔化す。
何するの!と言うドハに
「悪いことは、知らないふりをして」
と言うソル。
カッコイイソルに、ドハはドキドキ。

ビクトルはEMP攻撃をうけ、金庫の物をが盗まれた情報を聞き、国家情報院に屋敷の情報が露出する事を心配し、書類を持って逃げようとする。
しかし、ペトロフ率いる軍隊が屋敷へ捜索に入り、ビクトルは取り押さえられる。
悪いことをしてる人だったのねーー

ホテルに戻るウンガン達。
ウンガンは、疲れたと言って先に休むが、ドハはソルを捕まえて、さっきの行動は何だったのかと問う。
「人は何故言葉で表現する事が全て真実であると信じるのか…あなたがそこにいて、私の目にはあなたしか見えなかったから…失礼な行動をしてすみません。」
と言うソル。
確かにうウソはついてないね。しかし、そのセリフはズルい〜カッコイイ〜
混乱するドハ。

ミウンは韓国に戻り、ジ代表にどうしてウンガンに自分がこの会社の大株主である事がバレたのかとを追求する。ジ代表はミウンとの連絡を辞め、ウンガンと仕事をしたいと言う。
ミウンは、あなただけでもあの人の側に居てあげてと言う。
ミウンは何か事情があってウンガンと別れたのかしら…

ソルはロシアの任務が終了した事を喜ぶ。
自分の仕事場に戻り、木彫りの像を調べるソルとドンヒョン。
その中に入は、鍵の片割れの様な物が入っていた。
3つ揃えると鍵が完成する様だ。
次の任務地はタイと知り、喜ぶソル。
そして、次のアクションロケ中に爆弾で死んでウンガン達の前から消えようと計画する。
しかしドンヒョンに韓国でそれをやったらニュースに顔が出るぞと言われ、
普通わかるだろー
素行の悪さを露呈させ、辞表を出す計画すに変更する。

その頃、ソルの事を考えるドハ。
友人から、男の心を確認する方法は「嫉妬と心配」だと教わる。

ソルはクビになる様に、仕事の態度を悪くする。
凄い子供じみたアイデアなんじゃないこれ?
しかし、ウンガンは温かく見守り、ドハはソルの気持ちを受け取らない自分に対して怒ってるんじゃないか?と勘違いする。
(笑)
ウンガンの家で飲み会を開くウンガン。
いつもは酒を飲まないソルもこの日はガンガン飲む。
そして、悪酔いするドハの酒も自分が変わって飲む。
その姿を見て、自分を心配してるのでは?と勘違いし、ソルが自分に告白するのも時間の問題だと思うドハ。

しかし、翌日ウンガンからソルが辞表を出して出ていった事を聞くドハ。
自分のせいだと言い、ソルを説得すると言って出て行く。

その頃、ドンヒョンとジャンチーム長が食事をしながら木彫りの像についての話をする。
タイの王妃がアジア投資フォーラムブラックオークションに出したと言う。
部下の情報員によると、ゴールドフィンガーにメンバーシップカードの情報を調べないといけないらしい。

ソルを説得する為、自宅を訪ねるドハ。
2人はカフェで話をするが、終始無愛想なソル。
そして、ソルの自分に対する気持ちはありがたいが、受ける事はできないと断るドハ。
ソルは勘違いするドハに、
「簡単、単純、過激で、更に疲れさせる…パーティの事で錯覚してるように見えるけど、あれは瞬間的な好奇心だったんだ。男におんぶされて喜ぶ様な簡単な女があなただったって事を忘れてたよ。」
と冷たく馬鹿にする。
更にひどい言葉を浴びせ、ドハを涙ぐませ、そのまま席を立つ。
その時、ソルにドンヒョンから電話が入る。
辞表を取りやめて、偽装身分を維持して欲しいと言う内容だった。
流石にキレるソル。
しかし、泣きながらカフェを出るドハを捕まえる。
(今回のターゲットはチャ·ドハ。沢山の任務の中の1つってだけだ。だけどこの任務、なぜかあまりいい気分がしない…)
そう思いながらドハにキスをするソルだった。

3-4話感想

ソルの完璧な計画と、女性を落とすテクニックは流石〜!!
でも、会社を辞める為に見せるわがままぶりは、子供!?て思えて笑えた。
そして、気になるミウンの行動。
ミウンは未だにウンガンが好きなのになんでスンジェと結婚したのかしら?
これから見えて来るんだろうけど、なんかとっても我慢しているように見えるミウン。
何かを守ろうとしてる?
ソルもドハに対してこれからどんな行動に出るのかしら??とっても続きがきになります!!では5話でお会いしましょう〜







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください